08fda0244b5397e030ee401fd2bea5b24f78a72b
大野聡子

現代において社会的養護の必要性を感じ自立援助ホームを立ち上げたいという想いでOLを退職。子どもたちに寄り添い、ともに成長していく所存です。

  •  全て表示する≫
  • プロジェクトの相談をする