READYFOR
クラウドファンディングとははじめる
さがす
ログインログイン・登録
Akira Magazine

パーキンソ病患者の夫で、パーキンソン病の病状が悪化、進行期に入った2011年1月頃より仕事に加え、家事、薬の管理、介助を行っていたが、2012年介護離職、介護に専念。
2013年3月に ”Akira Magazine” 難病 パーキンソン病患者と共に生きる と言うHPを開設しました。

  •  全て表示する≫