国内最大のクラウドファンディングReadyforは、誰もがやりたいことを実現できる世の中を創ります。

Readyforによる国際協力活動応援プログラム

第2期

「宇宙船地球号」

かつてこの概念を提唱したアメリカのバックミンスター・フラーは、
「私たちの人生の目的は、現在、そして未来の世代の人々のために
新たな貢献をすることである」と述べている。

本プログラムでは、この大きな船での共生を目指し、
世界の問題に対して「仲間(クルー)」同士で切磋琢磨し、
多くの仲間(支援者)を集めながら、この船の課題解決を目指す。

Voyageの語源はラテン語で「旅の費用」
プロジェクトスタートの費用を集め、クルーとともに課題解決の船出を飾ろう。

arrow

映像提供 J:COM

Charity Projects

寄附を受け付け中のプロジェクト(寄附型クラウドファンディング)
※寄附者が、寄附先より発行される領収書など必要な要件を揃えていただき、また確定申告を行っていただくことで、寄附控除を受けることができます。(寄附先によっては対象とならない可能性がありますので、ご注意ください)

「藻」が世界を救う?ザンビア産スピルリナで、栄養革命を!
寄附型

「藻」が世界を救う?ザンビア産スピルリナで、栄養革命を!

終了日
破綻寸前の病院再建!バングラデシュのスラムを医療モデル地域へ
寄附型

破綻寸前の病院再建!バングラデシュのスラムを医療モデル地域へ

支援総額
6,705,000円
終了日
111%
命がけで海を渡るシリア難民400万人を医療のリレーで救いたい!
寄附型

命がけで海を渡るシリア難民400万人を医療のリレーで救いたい!

支援総額
1,637,000円
終了日
109%
障害者の可能性を閉ざさない フィリピンたった1つの盲学校の挑戦
寄附型

障害者の可能性を閉ざさない フィリピンたった1つの盲学校の挑戦

支援総額
9,995,000円
終了日
124%

Projects

支援を受け付け中のプロジェクト(購入型クラウドファンディング)

10万人が待つラオスの貧しい村へドクターカーで医療を届けたい!
購入型

10万人が待つラオスの貧しい村へドクターカーで医療を届けたい!

支援総額
6,564,000円
終了日
131%
エイズによる貧困の連鎖からの脱却へ。ケニアのママを支えたい!
購入型

エイズによる貧困の連鎖からの脱却へ。ケニアのママを支えたい!

支援総額
4,790,000円
終了日
119%
タンザニアの無医村へ薬を アフリカ版「置き薬」プロジェクト
購入型

タンザニアの無医村へ薬を アフリカ版「置き薬」プロジェクト

支援総額
2,526,000円
終了日
126%
過酷な児童労働からの解放へバングラデシュの少女たちに教育を!
購入型

過酷な児童労働からの解放へバングラデシュの少女たちに教育を!

支援総額
3,596,000円
終了日
116%
映像で灯す未来、ミャンマーの秘境へ『最高の授業』を届けたい!
購入型

映像で灯す未来、ミャンマーの秘境へ『最高の授業』を届けたい!

支援総額
4,118,000円
終了日
137%

vp_logo

第2期出航。
Readyforは、国際協力のお金の流れをさらに加速させます。

本プログラム第1期では、集まった8団体の仲間(クルー)とともに、
1,600人以上の方々から、3,600万円以上の国際協力活動に対するサポートをいただくことができました。
共感の渦が生む、課題解決への推進力を感じた一方、世界にはまだまだ「課題」が残されています。
そんな私たちが暮らす地球の課題に挑む人々に、もっと社会から共感を。
そして支援者とのコミュニケーションをより強固なものに。
1期から2期へ。さらに進化したこの課題解決の旅へとともに出航する、第2期のクルーを募集します。

arrow

3 points

第1期から第2期へ プログラムの5つの特徴

  • mentor

    Mentor new

    第1期に参加した8団体の
    成功体験や失敗体験をもとに、
    資金調達に挑戦。
    1期ではなかった
    「縦のつながり」をつくります。

  • charity

    Charity new

    寄附型クラウドファンディングで
    資金調達ができ、プロジェクトへの支援者は
    寄附金控除の対象となります。
    (ただし、認定NPO法人など、
    寄附金控除可能な団体に限ります)

  • support

    Support

    クリエイターやファンドレイザーなど、
    他分野で活躍する方々とともに
    プロジェクトをブラッシュアップ。
    団体の活動と支援者をつなぐ
    新たな視点を提供します。

  • Meeting

    Meeting

    計3回のCrew Meetingを開催。
    団体同士の意見交換や
    ノウハウ共有を経て、資金調達をスタート。
    プログラム終了後も続く
    「横のつながり」をつくります。

  • event

    Event

    Readyfor主催で
    チャリティーイベントを開催。
    参加団体がその場でプロジェクトの
    プレゼンをし、活動を知ってもらう
    機会を提供します。

3 points

Readyfor VOYAGE 第1期の成果

総支援金額: 36,317,500円 総支援者数: 1,611

スーダンの無医村に診療所を建設し、7,000人の命を救いたい!
購入型

スーダンの無医村に診療所を建設し、7,000人の命を救いたい!

支援総額
14,316,000円
終了日
143%
まだ本を知らないアジアの子どもたちへ10万冊の絵本を届けたい!
購入型

まだ本を知らないアジアの子どもたちへ10万冊の絵本を届けたい!

支援総額
3,651,500円
終了日
104%
コンゴ紛争を生きのびた女性たち 幸せな洋服屋さんプロジェクト
購入型

コンゴ紛争を生きのびた女性たち 幸せな洋服屋さんプロジェクト

支援総額
4,353,000円
終了日
103%
自爆テロリストになる前に。ソマリア人ギャングの社会復帰支援
購入型

自爆テロリストになる前に。ソマリア人ギャングの社会復帰支援

支援総額
1,331,000円
終了日
102%
途上国発ブランド「SUSU」で、カンボジアで頑張る農村女性を応援
購入型

途上国発ブランド「SUSU」で、カンボジアで頑張る農村女性を応援

支援総額
4,745,000円
終了日
118%
ネパールの女性に笑顔の仕事を!家族を支えるリップバーム作り
購入型

ネパールの女性に笑顔の仕事を!家族を支えるリップバーム作り

支援総額
2,748,000円
終了日
109%
月経のたびに学校へ行けなくなるインドの女の子を救いたい!
購入型

月経のたびに学校へ行けなくなるインドの女の子を救いたい!

支援総額
1,663,000円
終了日
110%
年間800人の命を救う、清潔で安全な手術室をラオスに作りたい
購入型

年間800人の命を救う、清潔で安全な手術室をラオスに作りたい

支援総額
3,510,000円
終了日
140%

Voices from the Crew

第1期 参加団体の声

  • 川原尚行

    challenger

    川原 尚行

    認定NPO法人 ロシナンテス 理事長

    Readyfor VOYAGEへの参加を通して、資金調達に成功することができました。日本の皆様からのご支援は、アフリカ・スーダンの地で、もうすぐ診療所という形に結実します。
    しかし、得られたのは資金や診療所という結果だけではありません。私はここで、志を同じくする多くの「仲間」と出会いました。ご支援くださった方々はもちろん、親身になって助言をくださったReadyforやサポーターの皆さま、励まし合った他団体の皆さまとの出会いは、私の生涯の宝です。完成する診療所とこのご縁を胸に、今後ますます活動に励んで参ります。

    icon

  • plus

  • 小川真吾

    challenger

    小川 真吾

    認定NPO法人 テラ・ルネッサンス 理事長

    私たちは、アジアやアフリカの紛争被害にあった方々に対して、自立のための社会復帰支援に取り組んでいます。現場で直接的な課題解決に取り組む一方で、啓発や政策提言などを通じて、紛争が発生しないための社会づくりに取り組むことが、とても重要だと考えています。そんなとき、それを私たちだけで解決しようとすることは、同じくとても困難なことだと感じるのです。だからこそ、今回、国内の国際協力団体様と一緒に本プログラムに取り組めたことで、日本国内における国際協力への興味関心の空気感を醸成できたことは、とても大きな意義があったと感じています。

    icon

  • plus

  • 赤尾和美

    challenger

    赤尾 和美

    NPO法人 フレンズ・ウィズアウト・
    ア・ボーダーJAPAN 代表

    第1期の団体に選んでいただき、当団体として初めてのクラウドファンディングに挑戦しました。初めてのことだったので、選ばれたことの嬉しさと、その反面不安もありましたが、開始前から綿密なサポートを受け、ドキドキ感と共に段々と「いけるかも!」という希望がスタッフ全員に湧いてきました。
    開始後は、Readyforからの困った時の素早い対応、効果的な広報スキルの伝授、ネットワークの拡散力など、たくさんのサポートとリソースを利用させていただきました。またこの活動を機に、Readyforの常連サポーターさんが当団体を新たな支援先として選んでくれた方が多くいらしたことや、他の参加団体とのつながりを強化することができたことは、今後につながる大きなプラスでした。

    icon

we arrange

プログラムプレゼンターとアドバイザー

  • 田才 諒哉

    presenter

    田才 諒哉

    日本初にして最大のクラウドファンディングサービスReadyforにて、キュレーターとしてこれまで200件以上のプロジェクトを担当。国際協力活動をクラウドファンディングで応援するプログラム「Readyfor VOYAGE」を立ち上げ、8団体のNGO/NPOをサポート。3ヶ月間で合計1,600人以上の支援者から、3,600万円以上の支援を集める。准認定ファンドレイザー。ソーシャルエコマガジン『ソトコト』で「世界への扉」を連載中。国際教育支援NPOのメンバーとしてパラグアイ、青年海外協力隊としてザンビアで活動した自身の経験も踏まえ、プログラム全体をコーディネートし、資金調達成功までサポートさせていただきます。

  • plus

  • 鎌倉 幸子

    advisor

    鎌倉 幸子

    青森県弘前市生まれ。アメリカ・ヴァーモント州のSchool for International Trainingで異文化経営学修士。1999年、公益社団法人シャンティ国際ボランティア会カンボジア事務所入職。2007年東京事務所に異動。2011年1月に広報課を立ち上げる。その3ヶ月後に起こった東日本大震災の後、公共図書館が壊滅的な被害を受けた岩手県沿岸部で「いわてを走る!移動図書館プロジェクト」を立ち上げる。2012年3月からReadyforで「陸前高田市の空っぽの図書室を本でいっぱいにしようプロジェクト」をプロデュース。2015年12月末にシャンティを退職。2016年1月からフリーで活動中。

we support

サポーター

  • 並河 進

    supporter

    並河 進

    電通ソーシャル・デザイン・エンジン代表。クリエーティブディレクター、コピーライター。社会をよくする数多くのソーシャルプロジェクトを手掛けている。手洗いをダンスで広めるユニセフ「世界手洗いの日」プロジェクト、インドで衛生・栄養に関する教育を映画を通して行う「Theater for Good」など。TEDxTokyo Teachers 2015スピーカー。著書に、『Social Design 社会をちょっとよくするプロジェクトのつくりかた』(木楽舎)、『ハッピーバースデイ 3.11』(飛鳥新社)『Communication Shift「モノを売る」から「社会をよくする」コミュニケーションへ』(羽鳥書店)他多数。映画『バレンタイン一揆』企画。東京工芸大学非常勤講師。

    icon

  • plus

  • 青木 健太

    supporter

    青木 健太

    認定NPO法人かものはしプロジェクト共同代表。2002年、東京大学在学中に「子どもが売られない世界を作る」ため、 かものはしプロジェクトを仲間と共に創業。以後、共同代表としてIT事業部を統括。 なお、2004年に大学を中退。 2009年からはカンボジアに赴任し、最貧困層の女性に仕事とライフスキルを提供するコミュニティファクトリー事業や、法執行・司法支援の事業を統括する。プライベートでは1児の父、カンボジアで子育て奮闘中。

    icon

  • 植原 正太郎

    supporter

    植原 正太郎

    NPO法人グリーンズ / people事業マネージャー。1988年仙台生まれ。大学在学中、ライターインターンとしてgreenz.jpで記事を執筆。卒業後、デジタルマーケティングのコンサルティング会社に入社。2014年10月よりグリーンズにスタッフとして参画。ウェブマガジン「greenz.jp」の寄附読者制度「greenz people」を担当し、日本初の寄附型メディアづくりに挑戦中。ライフワークとして、東京の武蔵小山で「風邪で倒れた時にお粥を届けあう」助け合いの地域コミュニティづくりに励む。

    icon

  • plus

  • 鎌田 華乃子

    supporter

    鎌田 華乃子

    特定非営利活動法人 コミュニティ・オーガナイジング・ジャパン(COJ)代表理事。横浜生まれ。子どもの頃から社会・環境問題に関心があったが、11年間の会社員生活の中で人々の生活を良くするためには市民社会が重要であることを痛感し、ハーバード大学ケネディスクールに留学。Master in Public Administration(行政学修士)のプログラムを修了。卒業後ニューヨークにあるコミュニティ・オーガナイジングを実践する地域組織にて市民参加の様々な形を現場で学んだ後、2013年9月に帰国。COJを2014年1月に仲間達と立ち上げ、ワークショップやコーチングを通じて、COJの実践を広める活動を全国で行っている。

    icon

Schedule

スケジュール

  • 1

    第1回 Crew Meeting:
    2016年9月24日(土)

    icon

    テーマ:
    世の中から共感を生む
    ソーシャルプロジェクトの
    つくり方

  • arrow

  • 2

    第2回 Crew Meeting:
    2016年10月6日(木)

    icon

    テーマ:
    プロジェクトへの巻き込み方と
    共感を呼ぶストーリーテリング

  • arrow

  • 3

    第3回 Crew Meeting:
    2016年10月22日(土)

    icon

    テーマ:
    第1期クルーから学ぶ
    クラウドファンディングの戦い方
    と支援者コミュニケーション

  • arrow

  • Start

    2016年10月24日(月)〜2016年11月24日(木)
    Readyforにてプロジェクト掲載開始

    (開始時期に関しては相談可)

*Crew Meetingはすべて東京都内で開催します。

Entry

エントリー方法

プログラムの第2期クルーの応募は終了しました。
沢山のご応募ありがとうございました。

応募締切:2016年9月14日(水)

official supporters

後 援

janic sotokoto greenz charity

arrow