About visual0  b39d1c6e78e60620acc8e7dc35b569a9f4386467d63be2de94e059b1fc0d8bdb

クラウドファンディングとは?

クラウドファンディングとは

クラウドファンディング(CrowdFunding)とは、群衆(Crowd)と 資金調達(Funding)という
言葉を組み合わせた造語で、「自分の作って歌った曲をCDにしたい」「災害被害にあった図書館を復旧したい」など、
様々な理由でお金を必要としている人に対し、 共感した人が一口1,000円程度からインターネットを通じて出資し支援をする、
こうしたインターネット上で多数の人から資金を募る仕組みを言います。

過去にクラウドファンディングが実行されたプロジェクトは幅広く、築地を舞台にした映画作成、
地域活性のために高校生による商品開発、最新のIoTを使ったウェアラブル製作等から、
自信の自伝本の作成など、数多くのプロジェクトが存在します。
また、途上国支援や被災地支援なども多く実行されています。
プロジェクトを立ち上げる実行者自身も個人、団体、企業、自治体など様々です。

クラウドファンディングの歴史

クラウドファンディングの歴史

クラウドファンディングという言葉自体は比較的新しいですが、不特定多数の人々から資金を募り、
何かを実現させるという手法自体は古くから存在していましたがインターネットの普及に伴い
2000年代に米国で先駆的なウェブサイトが続々と開設され、市場が拡大してきました。
代表的なサービスにIndiegogo、Kickstarter等があり、特にアメリカやイギリスではクラウドファンディングは
資金集めの方法として一般的なものになりつつあります。日本では、2011年3月Readyforのサービス開始から、
現在まで複数のサービスが開設され、急速に広まっています。現在国内No.1の規模のReadyforが集めた支援総額は、
2011年1千万円だったものが2016年では30億円以上となっています。

クラウドファンディングでできること

クラウドファンディングには、プロジェクトの実行者、そしてプロジェクトの支援者双方にとってメリットがあります。

実行者のできること

資金調達

資金調達

夢ややりたいこと、そのアイディア、実行能力があっても実現するための資金がない人が、利用することで、資金を集めるられるのが第一のメリットです。

PR

PR

クラウドファンディングの資金を集める中で多くの人々にあなたの活動をPRすることが出来ます。

情報収集

情報収集

支援者(ユーザー)との交流をすることもできるためユーザーのニーズを拾い上げ、商品やサービス開発に生かすこともできます。

ファンづくり

ファン作り

活動への想いや背景を伝えることでファンの獲得できることもメリットの一つです。

支援者のできること

About supporter01  8e6a43a619ffaa2dd0aaf7eff99bd7fab74b97738936d6eca6781ca7bda2e223

プロジェクトを探す

普段なかなか知ることが出来ない今後成長する可能性のある製品やサービス、あるいは社会的意義の高い活動を簡単に探すことが出来ます。

実行者を応援する

実行者を応援する

またそのプロジェクトをただ知るだけではなく、インターネットで気軽に少額から寄附や出資し関わることが出来ます。

リターンを受け取る

リターンを受け取る

購入型の場合は応援したプロジェクトが達成したらリターン(商品)が送られてきます。ここでしか手に入らないものも多数あります。

クラウドファンディングの比較

クラウドファンディングは、一般的に大きく3つの種類に分類することが出来ます。

支援者に対してリターンはなし

支援者に対してリターンはなし

支援者に対して金銭以外の物品や権利を購入

支援者に対して
金銭以外の物品や権利を購入

支援者に対して金銭的なリターンをする

支援者に対して
金銭的なリターンをする

日本では金融商品取引法のなどの関係もあり、購入型が一般的です。

クラウドファンディングの始め方/使い方

目的を実現させたいプロジェクト実行者は以下の流れで資金を募ります。

クラウドファンディングの始め方/使い方 流れ
  • 【1.申請】目的や希望金額等をまとめて、クラウドファンディング運営会社に申請を提出します。
  • 【2.審査】運営会社により、内容の健全性等の審査があります。
  • 【3.通過】問題なければ通過となります。
  • 【4.準備】プロジェクト実行にあたりページ作成やリターンの設計などをします。
  • 【5.公開】設計完了後、自身のタイミングで公開します。
  • 【6.告知】プロジェクトをたくさんの人に知ってもらえるように告知します。
  • 【7.達成】目標を達成
  • 【8.報告】支援者に対してのお礼や、リターンの送付等の対応をします。

よくある質問はこちらをご覧ください。

クラウドファンディングの事例

クラウドファンディングで資金を集めた事例を集めてみました。

  • 社会貢献規模200~500

    国際協力

    ネパールの女性に笑顔の仕事を!
    家族を支えるリップバーム作り

    支援総額:2,748,000円

    ネパールの山奥で過酷な環境に置かれている女性たちが営む石けん工房で、自然素材のリップバームを開発し、存続の危機にある工房を立て直すためのプロジェクト。リターンには村民の感謝状やリップバームが贈られた。

  • 社会貢献規模500~

    文化支援

    解体の危機にある27年間愛された
    寝台列車「北斗星」を守りたい!

    支援総額:15,885,000円

    北海道で27年間愛され、廃止になった寝台列車「北斗星」を保存設置するため、車両を移設設置するための資金を募集。多くのファンからの支援もあり、北斗星の思い出を守り抜き、地域活性化にも繋がるプロジェクトとなった。

  • 社会貢献規模100~200

    医療・福祉

    広島県忠海で地域に根ざした
    訪問看護ステーションを開設したい!

    支援総額:1,405,000円

    既に高齢化率が40%を超える場所もある広島県竹原市忠海地区。家族だけでは支えきれない在宅療養者を地域みんなで支えていける場を作るべく支援を募った。そして、2016年7月、無事に地区初となる訪問看護ステーション開設を迎えた。

  • ビジネス規模30~50

    飲食店開業

    白神山地の麓、藤里町の旧町営温泉保養所を
    <温泉カフェに改修>!

    支援総額:345,000円

    秋田県藤里町の湯の沢温泉郷に、旧町営温泉保養所がある。その場所を、秋田市内でカフェを経営していた夫婦が改修し、念願の温泉カフェを開業するための資金を集めた。

  • ビジネス規模30~50

    デザイン・ものづくり

    米ぬか温湿布(米糠+玄米+塩)
    チンしてカイロを広めたい!

    支援総額:301,000円

    電子レンジでチンしてカイロになる『米ぬか温湿布』は、玄米と糠と塩で作った自然治癒力を高める優れもの!この智慧を広めるべく、クラウドファンディングで商品開発資金を調達した。

  • ビジネス規模50~100

    食べ物

    鹿児島の美味しいお肉で、
    日本中に鹿児島のファンを増やしたい!

    支援総額:738,000円

    「鹿児島の美味しいお肉を、日本中の人に届けたい!鹿児島のファンをもっともっと増やしたい!」その思いを胸に、寺師兄妹がネットストアを開店すべくクラウドファンディングを行い、100名以上の方に鹿児島の美味しいお肉を届けた。

  • ビジネス規模200~500

    地域活性化・コミュニティ

    那須の地産食材が楽しめるゲストハウス!
    一口オーナー募集中!

    支援総額:3,472,000円

    東北と那須高原の玄関口である黒磯商店街にあるマルシェと飲食のお店「チャウス」に、新たにゲストハウスを作るプロジェクト。リターンに宿泊券やディナー券を付けることで、オープン前に地域内外からの顧客を集めることにも成功した。

  • 個人の夢規模100~200

    音楽・パフォーマンス

    音楽の力を世界に!
    米国大学院でピアニストとしての腕を磨きたい

    支援総額:1,324,000円

    8年間アメリカでピアノ留学を続けてきた齋藤さん。資金不足で休学を余儀なくされていたが、熱い思いが多くの人の心を動かし、予想を超える支援を集めた。多くのファンに支えられながら、彼女は今、アメリカで、夢への一歩を踏み出している。

  • 個人の夢規模50~100

    本・コミック

    世界初?スノボ絵本
    「すべろう!スノボおじさん」を出版したい!

    支援総額:705,000円

    大自然の雪山で楽しむスノーボードを子供たちへ紹介し、自分自身を成長させてくれたスノーボードの世界へ、少しでも恩返しをすべく、世界初となるスノーボードを題材とした絵本の制作費調達を実施。100%を超える資金を集めた

社会貢献度の高いものから個人的なものまで、
プロジェクトの内容、動機、目的は幅広く実施されています。

クラウドファンディングの成功例

プロジェクトを実行し、成功した方々にインタビューをさせてもらいました

  • 青森県階上町で、かつての町の特産品の食用羊を復活させたい!
  • サラダボウル専門店『WithGreen』が東京・神楽坂にオープン!
  • 携帯性、使いやすさ、美味しさを追求したコーヒードリッパー作り

青森県階上町で、かつての町の特産品の食用羊を復活させたい!

支援総額:1,236,000円

失われつつある町の特産品を復活させて若い方達を中心としたコミュニティーを作り、町を元気にするきっかけを作ろうと思ってプロジェクトを立案した。町の活性化に多くの方が期待を寄せてくれて、協力できる範囲で色々な形(技術面や役場との交渉等)で力を貸してくれた。
応援してくれる人がいる反面、保守的な方も多く、言われ無き誹謗中傷もあった。

しかし、支援者の方や担当キュレーターの支えもあり、やりきることができた。キュレーターには、プロジェクトページの作り方から告知の効果的な方法等、最初からわかりやすく教えて頂き、安心して取り組むことが出来た。

インターネットを通じて多くの方に自分がやりたいことを知ってもらい、賛同して頂いたことで夢が実現したが、これは大変画期的なことで、今後多くの方が挑戦してくれれば良いなと思った。

半信半疑で始めたが、プロジェクトがスタートしたら多くの方が拡散してくれたことに
感銘した。これをスタートとして今後、またプロジェクトに挑戦してみたい!

サラダボウル専門店『WithGreen』が東京・神楽坂にオープン!

支援総額:1,868,000円

クラウドファンディングをしようと思った一番のきっかけは、自分たちの理念を少しでも多くの方に知ってもらいたいという理由からでした。サイトを丁寧に作ってくださるので、その中で自分たちがしようとしている内容や想いを伝えることができます。また、飲食店は、オープンする前に集客したり、ファン作りしたりすることは、一般的には難しいと考えられています。しかしながら、クラウドファンディングをすることによって、オープン前にファンや応援者を募ることができることも、プロジェクトを始めた理由のひとつです。

キュレーターには、クラウドファンディングのページを作成するにあたり、どのようなページにするべきかアドバイス頂いたので、魅力的なページを作ることができました。
またクラウドファンディングをするにあたって、いつのタイミングが一番大切かなど、クラウドファンディングにおける大事なポイントを教えて頂いたので、無事目標額を達成することができたと感じています。

実際に、多くの方が応援してくれているのだということを実感することができました。

サラダボウル専門店『WithGreen』を応援して頂いた、多くの方の期待に応えたいと思っています。
多くの方の健康に貢献できるようなブランドになれるよう、チーム一丸となって頑張ります。

携帯性、使いやすさ、美味しさを追求したコーヒードリッパー作り

支援総額:1,736,000円

初期投資として必要な金型の費用を捻出するために、一緒にプロジェクトを進めていた知人からの勧めで始めました。

プレスリリースを作成して掲載をメディアに依頼したり、イベントでの展示を行ったり、Facebookの広告サービスを利用したりと、できるだけ多くの方にプロジェクトを知ってもらうことに苦労しました。その中で、提携するwebメディアへ掲載をして頂くようキュレーターにサポートをしてもらえたのは非常に助かりました。

プロジェクトがメディアに取り上げられるようになると、友人や知り合いの方が自分の事のように喜んでくれ、中には、「自分の夢を代わりにかなえてくれているよう」とまで言ってくれる友人もいました。全体としては「こんなに応援してくれる人がいるんだな~!」と感銘を受けました。プロジェクト終了直前にReadyforがカンブリア宮殿に取り上げられて支援額が急増した時には、神風が吹いたと思いました。

スタートアップのための資金を得られた事はもちろんですが、製品化する前に製品に対する市場からのポジティブな反応(手応え)を感じることができたのが最も大きかったです。取引先に自分の事業を信頼して頂く一つの材料として使わせても頂きました。

今後も皆さんに喜んで頂けるような、「その手があったか~」と思ってもらえるような製品を
作り続けて行きますので、これからも応援よろしくお願いします!

よくある質問はこちらをご覧ください。