プロジェクト概要

 

 

ページをご覧いただきありがとうございます。三十八花堂(さんじゅうはちかどう)の保田麻月子と申します。わたしは地元広島で2013年に「ストレスケアの新しい選択肢」としてメンタルの相談室「三十八花堂」をオープンし、現在も運営しています。 

 

今回は、はたらく人のパフォーマンス維持・向上ができるようストレスケアを”はたらく人の文化”にするため、心理学を学ぶ大学2年生を「未来のストレスケア担当者」としてプレデビューさせる教育資金をみなさまからご支援いただければと思っております!

学生4人、講師5人、サポーター3人でのチャレンジです。応援よろしくお願いいたします。

 

わたしたち学生4人がチャレンジします。応援よろしくお願いします!

 

ストレスケア文化を浸透させるための活動で生まれた学生とのコラボレーション。「未来のストレスケアを担う学生」を育てることは課題解決の大きな一歩になる。

 

三十八花堂は2016年から心理学を学ぶ大学2年生と共に、旧来のメンタルヘルス+新しいストレスケアについて学んだり、企業や教育現場の調査や研究をサポートしてもらっています。学生達は学問として心理学を学ぶ一方で、新しいストレスケアにもとても興味を持っています。

 

きっかけは2016年にわたくし保田が学生向けに「植物のチカラを通じたチームの変化と成長」について話す機会をいただいたことです。興味を持った学生10人が「植物のチカラ」サークル立ち上げに向けて準備を始め、学校内で紹介するなど活動を始めました。しかし学びが十分でないのと、活動実績の機会がなく、サークル登録は頓挫しています。こちらも学びの機会を提供したいと思いながら、なかなか機会が持てず今回に至りました

 

これまで「植物療法のサークルを目指す」というレベルだった彼女達が、支援をいただいてデビューするという明確な目標と責任感から「学生だからこそできる貢献のしかた」を検討し、データの収集・分析・発表というかたちで企業や社会に還元したいと考えています。「これからの日本を支える労働者の健康」を、「未来のストレスケアを担う学生」がサポートしてくれたら、これほどこころ強いことはありません。

 

今回の挑戦は、「ストレスケアの時間なんてない」「まだ自分はがんばれる」という現在多く見られる考え方から、「パフォーマンス維持にストレスケアはあたりまえ」という文化に定着させていく、第一歩にして行きたいと考えています。

 

一時的なものじゃなくて、継続的に喜んでもらえるもの。学生だからできること。

 

日々の仕事の中で感じるストレスケアの大切さ。一番のテーマはストレスフルな状況の中でいかに「自己管理」を維持できるかどうか。

 

わたくし保田は「大人も通える保健室。」をコンセプトに、気軽にお越しいただける相談室をイメージして当相談室の運営を開始しました。一番のテーマはストレスフルな状況の中でいかに「自己管理」を維持できるかです。 仕事量のコントロール、睡眠時間のコントロール、感情のコントロール。仕事の納期が迫る中、はたらく人はこれらの主導権を失いがちです。しかしパフォーマンスを継続するには、これらのコントロールが基礎にあってこそと考えています。

 

疲弊し切ってから復活するには時間もお金もかかります。貴重な人材を「疲弊させない」。さらに「よりイキイキき働いてもらう」ためには、ストレスケアの整備+ストレスケアを文化にすることが重要と考えています。そのために、ちょっとした心配ごとなど”心のすり傷”くらいでも訪問できる「大人も通える保健室。」を作ることがゴールです。

 

 

「大人も通える保健室。」を運営する中で、ストレスとうまく付き合う方法を積極的に探せるのではないかと思い始めました。

 

現在、当相談室ご利用のかたは働く人を中心に、学生、主婦、スポーツ選手などさまざまですが、いずれもハードワークなかたや“常に結果を求められる“かたです。その中でも、ここ1~2年でご利用が増えてきたのが「ITエンジニア」です。多くのITエンジニアはわたくしどもの相談室を「気軽に」使うことはなく、疲弊し切った段階でお越しになられます。

 

ある40代のエンジニアは「学生時代はスポーツに明け暮れて体力にも精神力にも自信があった。仕事は増える一方だけど、まだ大丈夫..と思っているうちにいつのまにかうつ状態になり、会社から休職するよう命じられた。ストレスが連鎖したことでキャパを越えたのかも。それにしてもなぜ自分が..」と不本意な気分で相談を利用されました。

 

このようにすっかり疲弊するまでがんばってしまうのがいまだ日本人の「美徳」かもしれません。とはいえわたしたちは「ストレスは“悪者”だから早くケアしましょう!」と啓蒙したいのではありません。ストレスはわたしたちを「より成長させてくれるもの」という新しい価値観に変われば、ストレスとうまく付き合う方法を積極的に探せるのではないかと思っています。

 

大規模なシステム障害が「切り替え時の人為的ミス」をきっかけに発生しがちなのはよく知られています。チェルノブイリ、スリーマイル原発事故も「人」でした。逆に福島のように最悪の事態を回避したのもまた「人」の判断です。今後急速にAIが進み「この先10年で消える仕事」が発表される一方、そのシステムを作るのはやはり人です。今後「人」のコンディションがシステムに及ぼす影響はさらに大きくなるのではないか、ストレスケアの整備+ストレスケア文化の浸透が急務ではないかと考えています。「ストレスケアが必要な人」の抽出はすでにAIが担いつつあります。しかしそれを「文化」にするのは人です。

 

情報はいろいろあるけど..現場の人が本当に求めているものって何?

 

 

「未来のストレスケアを担う学生」を育てたい!  新しいチャレンジへ「ご支援のお願い」

 

三十八花堂としては学生に新しいストレスケア「植物のチカラ」を体系的に学んでもらい、まずは広島で10月に開催される「ひろしまIT総合展」でのデビューを目指しています。

 

イベント出展に向けて、学生の教育資金および出展料をみなさまにご支援いただきたいと考えています。もちろんそれが活動のゴールではありません。

新しいストレスケアのできる若者をまず地元で育て、その後も学生とともにIT企業への継続的なストレスケアサポートの実施・分析を続け、その変化のデータを再び企業さまへ還元するつもりです。

 

将来的にはこの広島発のモデルを全国にお届けしたいと考えています。今回の教育費 約1/2を三十八花堂が負担、出展料の1/2は助成金を申請する予定ですが、教育費・出展料をすべてまかなうだけの資金がありません。学生達も平素は学業が忙しくアルバイト等もできないため学びの資金がありません。 どうぞみなさまのお力で、日本の未来を支えるストレスケアの担い手を育てていただけないでしょうか。

 

 

教育内容|4人の学生が 全24時間 学びます

 

教育はすべて専門家(5人)が行い、学生フォローは現役の産業カウンセラーが行います。

●アロマテラピー|リラクゼーションからリフレッシュまで、香りのチカラでストレスケアを促すしくみを知り、体感します(担当:アロマ空間デザイナー、アロマセラピスト)

●バッチフラワーレメディ|ヨーロッパを中心に使われる伝統的なストレスケアアイテムの概要を学び、「感情の見える化」について学びます(担当:英国式バッチフラワーレメディ専門家)

●睡眠教育|現代のニーズに合わせた個々の睡眠をどうカスタムするか、夜眠れない分をどうやって補填するか、昼寝や呼吸法を用いて脳のワーキングメモリーをどう上げるかを学びます(担当:上級睡眠健康指導士)

●マインドフルネス|Google、Facebookなど世界の名だたるIT企業が次々導入し、従業員のストレスケアのみならず、新しいアイデアを生み出すメソッドを概論と実践で学びます(担当:クリパルヨガ教師)

●ホメオパシー|西洋医薬に次いで世界中で使われる伝統的な自然療法について概論を知り、病と健康について考えます(担当:ホメオパス)

 

 

みなさまのあたたかいご支援、応援をお待ちしております!

 

 

 資金の使い道|目標金額85万

・教育費(全24h×4人) 390,000円(全720,000円のうち三十八花堂が330,000円負担)

・イベント出展料(3日間) 121,500円(全243,000円のうち121,500円は助成金申請)

・ 教材費(講座および「ひろしまIT総合展」で使用)167,400円 

・手数料(レディフォーへの手数料20%)172,800円

 

計851,700円

 

 

IT展会場でご参加のかたに体験いただく内容(予定)

 

(1)アロマテラピー体験|「集中&リフレッシュする香り」、「リラックス&ホッとする香り」などON/OFFの香りを体感いただきます

 

(2)バッチフラワーレメディ体験|「感情の見える化」+「植物のチカラを用いたストレスケア」を体感いただきます

 

(3)ハンドトリートメント体験|疲れた腕をほぐすことでリラクゼーション、リフレッシュ、安心感を体感いただきます   

 

(4)マインドフルネス体験会|専門家のリードに合わせて、マインドルフルネス体験をワークショップ形式で行います(ステージ上でプレゼンテーション予定)

 

(5)睡眠カスタマイズ相談|教科書どおりの「睡眠指導」ではなく、さまざまなライフスタイルがある現代において、その人の生活や価値観に合わせて睡眠をカスタムします

 

 ひろしまIT総合展|概要

・開催日時:2017年10月25日(水)~10月27日(金)

・場所:広島市南区民文化センター(広島産業文化センター)

・URL:http://www.hia.or.jp/expo/

・入場無料

 


最新の新着情報