READYFOR
クラウドファンディングとははじめる
ログインログイン・登録

詩画人四國五郎の想いを歌にのせて届けたい

今田 陽次

今田 陽次

詩画人四國五郎の想いを歌にのせて届けたい
このクラウドファンディングは達成しませんでした。支援予約はすべてキャンセルとなります。銀行振込みにより支援を行った方には、当社より返金が行われます。

支援総額

346,000

目標金額 700,000円

支援者
37人
募集終了日
2021年9月2日
募集は終了しました
0人がお気に入りしています
このクラウドファンディングは達成しませんでした。支援予約はすべてキャンセルとなります。銀行振込みにより支援を行った方には、当社より返金が行われます。

0人がお気に入りしています

プロジェクト本文

▼自己紹介

このページをご覧頂きありがとうございます。広島県江田島市出身でうたの教室を今年の4月から始めました今田陽次と申します。

コロナウィルスの影響で現在思うように活動ができていないため、自身の音楽活動、そして依頼を頂いている仕事を成立させるため、どうぞ皆様の支援をお願い致します。

 私は、広島のエリザベト音楽大学でキリスト教に関する曲を主に学ぶ宗教声楽コースに在籍しました。卒業後は声楽活動、合唱活動、合唱指導をさせて頂く中で、ヒロシマ(カタカナ表記は被爆地であることを意味します。)を歌う事を人生の柱としていきたいと思い、この4月からフリーランスの演奏家として独立致しました。 今田陽次 うたの教室 と検索頂けますと今田のオフィシャルサイトがご覧いただけますので宜しければご覧ください。著書や被爆体験記、記録映像、映画などで学ばせて頂く中で、広島で反戦活動をされた詩画人四國五郎さんの詩に出会いました。

四國五郎(1924-2014)

満州へ徴兵され、戦後シベリア抑留、原爆による弟の被爆死、この三つの戦争体験を経て、戦後広島で、反戦、反核の運動を描くことで表現した。

<著書>

『わが青春の記録』(三人社)「第4回シベリア抑留記録・文化賞」受賞

詩画集『四國五郎詩画集 母子像』(広島詩人会議)

画文集『広島百橋』(春陽社)『ひろしまのスケッチ』(広学図書)『ヒロクンとエンコ―さん』(汐文社)

<表紙画、挿画、等>

『原爆詩集』(詩・峠三吉)『被爆二世』(時事通信社)絵本『おこりじぞう』(金の星社)

『原爆孤老』(労働教育センター)『おこりじぞう』(新日本出版)

『人形マリー』(新日本出版)『ひろしまの火』(新日本出版)『ㇺッちゃん』(山口書店)『ヒロシマの朝 そして今』(あゆみ出版)『御庄博実詩集』(思潮社)

『あるいてみよう広島のまち~平和学習のしおり』(広島県教育用品)

『1950年8月6日 朝鮮戦争下の広島』(原水爆禁止広島市協議会)

その他、本の表紙画、挿画、ポスター、カルタ、平和カレンダー等多数。絵葉書、母子手帳、広島市広報物、広島市図書館利用券のデザインなど公的機関刊行物にも膨大な作品を描き広く市民に親しまれた。

<所属>

詩人会議、広島詩人会議、県詩人協会、日本美術会、美術科平和会議、広島平和美術協会

▼プロジェクトを立ち上げたきっかけ

 四國さんは、戦後ご自身の夢であった画家になるため上京することを捨て、広島で詩人の峠三吉さんを始め多くの仲間と反戦活動をされました。絵本「おこりじぞう」は読まれた方は多いのではないかと思います。あの絵を描かれたのが四國五郎さんです。

 私と四國五郎さんとの最初の出会いは、小学校1,2年だったと思いますが、絵本「おこりじぞう」でした。いつもにこにこ笑っているように見えたお地蔵様へ傷ついた少女がたどり着き、水をもとめる少女へお地蔵様が涙を流して少女の喉の渇きを癒し微笑みながら亡くなっていく少女。その後お地蔵様がまるで仁王のような顔になったあの絵が忘れられませんでした。

 先述致しましたが、広島で音楽活動をするのであればヒロシマの事を歌う歌い手になりたいと勉強を始めました。父方の祖母が被爆した被爆三世でありながら広島の歴史をよく知らず、勉強し、被爆者の方が体験された辛い思いに触れ沢山泣き、表現する難しさを知りました。今でもこの気持ちといつも向き合って演奏をしております。

 様々な資料と向き合う中で2016年広島市内の図書館で四國五郎さんの平和美術館という本に出会い、

四國五郎平和美術館

 

弟への鎮魂歌(抄)

その本の中にあった弟への鎮魂歌(抄)という作品にであいました。

 四國五郎さんの作風でもある絵と詩が同時に作品となっているこの詩に引き込まれ、この詩に音楽をのせて歌いたいと思いました。この本は絶版となっていたため、何とかこの作品を手にしたいと思っていた所、本屋で見つけた永田浩三さんの本「ヒロシマを伝える詩画人四國五郎と原爆の表現者たち」(WAVE出版2016年7月出版)

と出会いこの本の初めに弟への鎮魂歌(抄)があったので即購入して四國五郎さんを学びました。これは運命を感じる偶然が重なったのですが、四國五郎さんを絶対歌いたいと思った事があります。

 まず、四國さんの亡くなられた弟さんが直登さんなのですが、我が子(4人います。)の長男が字が違うのですが直人と同じ読みである事。そして直登さんが亡くなられてたのが8月28日なのですが、我が次女が生まれた日が8月28日という2つの共通点があり、著書を読みながら鳥肌が立ったことを今でも覚えております。

 何かに呼ばれたような気持になった自分は、何とかこの作品の使用申請ができないものかと考えている中で2016年10月に四國五郎追悼・回顧展があることを知り、企画展初日に伺いました。

「ヒロシマを伝える詩画人四國五郎と原爆の表現者たち」(WAVE出版 2016年7月出版)

 

 (タイトル画 ガタロ)

すると、四國五郎さんの息子さんでお父様の伝承活動をしておられる四國光さんとお会いすることができました。初対面で無名の今田ですがとても丁寧に対応して頂き作品の使用申請もお話させて頂き許可を頂けました。今現在、四國五郎さんの作品に音楽をつける許可を頂いているのは今田陽次だけです。演奏は今田の独唱、ピアニストは山下雅靖(やましたまさのぶ)さん(後に四國さんの詩に作曲も手掛ける)でしか演奏しない事を条件としてお約束おります。また、作品を演奏する際に四國光様へ演奏許可を頂いてから演奏することも条件としております。

 

 四國五郎作品演奏記録

 弟への鎮魂歌(抄)詩 四國五郎 作曲 坪北紗綾香 は、2019年秋に広島で発表後、ありがたいことに多くの反響を頂きました。

 2020年にはさらに「奪われたもの」詩画集『四國五郎詩画集 母子像』(広島詩人会議)より詩 四國五郎 作曲 山下雅靖

 「灯ろう流し」(未発表の作品)詩 四國五郎 作曲 山下雅靖 この二曲も発表しました。

簡単ですが2019年からの四國五郎さんを歌う活動をまとめます。

〇2019年

・11月14日今田陽次バリトン独唱会 東区民文化センタースタジオ1で「弟への鎮魂歌(抄)」を初演。

四國光様撮影(2019年11月独唱会)

〇2020年

・1月ソーシャルブックカフェ「ハチドリ舎」で独唱会を行い、講演と「弟への鎮魂歌(抄)」を演奏。

・5月30日動画配信YouTubeにて「奪われたもの」「灯ろう流し」の初演作品演奏を含む独唱会を期間限定配信。

・6月20日広島市立大学講義「平和インターンシップ」で、「反戦詩画人四國五郎を想う」の講師を務める。

・8月1日から17日まで、5月30日に期間限定配信した独唱会動画を再配信。

・8月15日 旧陸軍被服支廠にて広島文学資料保全の会主催の会で「奪われたもの」「灯ろう流し」を演奏。

(旧陸軍被服支廠での演奏)

・8月22日 国立広島原爆死没者追悼平和祈念館で講演と演奏。

・9月24日 今田陽次バリトン独唱会を3回公演。東区民文化センタースタジオ1

・10月24日 NHK「街角ピアノ広島」に出演。「灯ろう流し」を歌う。これまでに地上波 BS放送にて複数回放送される。

(街角ピアノの様子)

・11月15日長崎原爆資料館ホールで、ナガサキ 映画と朗読のプロジェクトにて講演と四國五郎さん作品を演奏。

(ナガサキ 映画と朗読のプロジェクト2020)

・11月21日 広島のうたごえ協議会・2020日本のうたごえ祭典inひろしま現地実行委員会主催みんな元気かがんばろうフェスタ2020にゲスト出演。講話と四國五郎さん作品の演奏。

〇2021年

・3月30日YouTube配信ラジオ Hifukushoラジオ第19回に出演。

https://www.youtube.com/watch?v=fCRzfh7-Kn8

・4月10日2021日本のうたごえ全国協議会総会で特別講師として講話と四國五郎作品を演奏。

・4月23日広島文学資料保全の会・四國五郎追悼の会主催「反戦詩画人四國五郎を歌う、そして語る」に出演。 講話と四国五郎さん作品の演奏。

・6月19日広島県立図書館 友の会主催 第一回ブックサロン 四國五郎の思いを歌い続けるで講師として出演決定。(緊急事態宣言の為10月に延期)

・7月25日長崎原爆資料館ホールで「ナガサキ 映画と朗読のプロジェクト」に出演決定。

・8月6日広島県江田島市沖美町Uminos spa&Resortビーチで慰霊のイベントに出演予定。

・10月3日今田陽次バリトン独唱会で四國五郎さん作品を2曲初演披露予定。広島市東区民文化センタースタジオ1

・11月7日 子どもの本・九条の会主催 戦争と平和を考える子どもの本展での四國五郎さん作品の演奏決定。

・11月20日 広島県呉市 呉九条の会主催の会にゲスト出演決定。

・12月3日 日本のうたごえ祭典主催「ピースウェーブコンサート」に出演決定。

中国新聞(地方紙)

共同通信社から配信(北海道から沖縄まで多くの県で取り扱って下さいました。)

▼プロジェクトの内容

今年活動予定にかかる経費として大切に使わせていただきます。ただし、コロナウィルスの影響で企画公演が実施されない場合、実施できた会以外の余剰は支援者の皆様へお返しいたします。

今年の予定行事と必要経費

①7月24日、25日「ナガサキ 映画と朗読のプロジェクト」に講話と四國五郎さん作品演奏。長崎原爆資料館ホール

〇広島からの往復高速道路料金(おおよそのガソリン代も含む)¥32480円

〇宿泊代(今田、ピアニスト分)¥11600円

〇ピアニスト謝礼¥50000円

合計¥144,080円

②10月3日今田陽次バリトン独唱会 (四國五郎さん作品新曲を2曲発表予定)広島市東区民文化センタースタジオ1

〇会場費(会場使用料、ピアノ使用料、照明、音響機器使用料)¥54840円

〇人件費(3人分交通費込当日スタッフ2名、録画スタッフ1人)¥30000円

〇演奏会チラシ、チケット、プログラム費用(チラシ20000、チケット10000、プログラム20000概算)¥50,000円

〇出演者謝礼(交通費込ピアニスト謝礼50000、ゲスト謝礼30000)¥80000円

〇演奏会映像制作費(編集DVD、ブルーレイDisc作成費用)¥100000円

合計¥284,840円

③10月23日子どもの本・九条の会主催 戦争と平和を考える子どもの本展での講話と四國五郎さん作品演奏。旧日本銀行広島支店

〇ピアニスト謝礼(交通費込)52000

合計¥52,000円

④11月7日広島県呉市 呉九条の会主催の会に講話と四國五郎さんの作品演奏。びゅーぽーと呉

〇往復交通費(ガソリン代を含む)3540

〇ピアニスト謝礼50000

合計¥53540円

⑤11月20日朗読イベントみんなで伝え合おう(仮称)で講話と四國五郎さん作品演奏。広島平和記念資料館東館メモリアルホール

〇ピアニスト謝礼(交通費込)52000

合計¥52000円

⑥12月3日日本のうたごえ祭典主催「ピースウェーブコンサート」にゲスト出演。講話と四國五郎さん作品演奏。広島サンプラザホール

〇ピアニスト謝礼(交通費込)52000

合計¥52000円

各会に対する通信費、雑費11540

総合計700,000円

 

▼プロジェクトの展望・ビジョン

四國五郎さんの評価は年々高まり、昨年は国立広島原爆死没者追悼平和資料館で1年に渡り企画展が開催されました。

そしてお亡くなりになられた女優の木内みどりさんの遺作の作品がこちらの企画展での出演です。絵本「おこりじぞう」の朗読活動もライフワークとして活動を続けていかれる予定でした。

いつか、木内さんの朗読と今田の演奏が一つの企画でできないものかと思っていたので非常に残念です。

 

 私の活動を通じて、より多くの方に四國五郎さんを知って頂きたいと思います。そして、四國五郎さんが追い求めた平和な世界を未来に近づくために様々な機会や、未来を担う子供たちに思いを伝える活動も、コロナウィルスの終息後にはなるとは思いますが、学校教育現場に平和学習として全国の学校へ出向いていきたいと思います。是非多くの皆様のご支援を宜しくお願い致します。(掲載の画像はすべて四國五郎様のご家族より許可を頂いております。)

 


【プロジェクト終了要項】

●開催日時    
①2021年7月25日
②2021年10月3日
③2021年10月23日
④2021年11月7日
⑤2021年11月20日
⑥2021年12月3日

●開催場所    
①長崎原爆資料館ホール
②広島市東区民文化センタースタジオ1
③旧日本銀行広島支店
④ビューポート呉
⑤広島平和記念資料館東館メモリアルホール
⑥広島サンプラザホール

●主催者    
①ナガサキ 映画と朗読プロジェクト
②うたの教室 代表今田陽次
③子どもの本・九条の会
④呉 九条の会
⑤みんなで伝え合おう
⑥日本のうたごえ祭典

●イベント内容    
①ナガサキ 映画と朗読プロジェクト
②今田陽次バリトン独唱会
③戦争と平和を考える子どもの本展
④憲法9条を守る 音楽と講話のつどい(仮)
⑤みんなで伝え合おう
⑥「ピースウェーブコンサート」

 


【プロジェクト終了要項】

●開催日時    
①2021年7月25日
②2021年10月3日
③2021年10月23日
④2021年11月7日
⑤2021年11月20日
⑥2021年12月3日

●開催場所    
①長崎原爆資料館ホール
②広島市東区民文化センタースタジオ1
③旧日本銀行広島支店
④ビューポート呉
⑤広島平和記念資料館東館メモリアルホール
⑥広島サンプラザホール

●主催者    
①ナガサキ 映画と朗読プロジェクト
②うたの教室 代表今田陽次
③子どもの本・九条の会
④呉 九条の会
⑤みんなで伝え合おう
⑥日本のうたごえ祭典

●イベント内容    
①ナガサキ 映画と朗読プロジェクト
②今田陽次バリトン独唱会
③戦争と平和を考える子どもの本展
④憲法9条を守る 音楽と講話のつどい(仮)
⑤みんなで伝え合おう
⑥「ピースウェーブコンサート」

 

 

 

 

 

 

 

プロフィール

今田 陽次

今田 陽次

広島県江田島市出身で、広島市内在住の今田陽次です。エリザベト音楽大学を卒業後音楽活動を続ける中で、ヒロシマ(カタカナ表記は被爆地であることを意味します。)を歌う活動をしたいと思い、学ばせて頂いている時に広島で反戦と平和を訴え続けた詩画人四國五郎の作品に出会いました。ご本人はお亡くなりになられているのでご家族の了解を得て2019年から四國五郎さんを歌っております。多くの方に四國五郎さんの思いを伝える仕事を努めて参ります。 うたの教室 utano-kyoushitu.com

リターン

1,000


alt

感謝のメール

〇感謝のメールを送らせて頂きます。
〇年間の活動報告(書面化した上で、データを送らせて頂きます。)
〇2021年10月3日の今田陽次バリトン独唱会(東区民文化センタースタジオ1)のプログラム1部贈呈。

支援者
1人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2021年12月

3,000


alt

演奏会チケット贈呈

〇感謝のメールを送らせて頂きます。
〇年間の活動報告(書面化して、データで送らせて頂きます。)
〇2021年10月3日の演奏会プログラム東区民文化センタースタジオ1チケット1枚贈呈。

支援者
9人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2021年9月

5,000


alt

10月3日の演奏会DVD贈呈

〇感謝のメールを送らせて頂きます。
〇年間の活動報告(書面化して、データで送らせて頂きます。)
〇2021年10月3日の今田陽次バリトン独唱会東区民文化センタースタジオ1のプログラム、チケット1枚(2021年9月発送予定)贈呈。
〇10月3日の今田陽次バリトン独唱会DVD1枚贈呈。

支援者
9人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2021年11月

10,000


alt

10月3日演奏会チケット演奏ブルーレイ贈呈

〇感謝のメールを送らせて頂きます。
〇活動報告書(書面化して、データで送らせて頂きます。)
〇2021年10月3日今田陽次バリトン独唱会東区民文化センタースタジオ1のプログラム、チケット2枚贈呈。(2021年9月発送予定)
〇2021年10月3日今田陽次バリトン独唱会の演奏会DVDもしくはブルーレイ贈呈。(遠方の方で演奏会にご来場が難しい方は、DVDもしくはブルーレイの枚数を変更するなどご相談ください。)

支援者
17人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2021年12月

50,000


alt

次回自主公演の特権付き

〇感謝のメールを送らせて頂きます。
〇年間の活動報告書 
〇2021年10月3日の演奏会のプログラム贈呈 演奏会チケット2枚贈呈。(2021年9月発送予定)
〇2021年10月3日の演奏会DVDもしくはブルーレイ贈呈。(遠方の方で演奏会にご来場が難しい方はDVDもしくはブルーレイの枚数を変更するなどご相談ください。)
〇次回2022年の自主公演のチケット2枚贈呈。
〇次回自主公演分(2022年予定)の演奏会DVDもしくはブルーレイ贈呈。(遠方の方で演奏会にご来場が難しい方はDVDもしくはブルーレイの枚数を変更するなどご相談ください。)

支援者
0人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2021年11月

100,000


alt

リクエストコンサート開かせて頂きます。

〇感謝のメールを送らせて頂きます。
〇年間の活動報告書(書面化して、データで送らせて頂きます。)
〇2021年10月3日今田陽次バリトン独唱会東区民文化センタースタジオ1のの演奏会のプログラム贈呈 演奏会チケット2枚贈呈。(2021年9月発送予定)
〇2021年10月3日今田陽次バリトン独唱会の演奏会DVDもしくはブルーレイ贈呈。(遠方の方で演奏会にご来場が難しい方はDVDもしくはブルーレイの枚数を変更するなどご相談ください。)
〇次回自主公演(2022年)の演奏会チケットご招待券2枚贈呈。(遠方の方で演奏会にご来場が難しい方はDVDもしくはブルーレイの枚数を変更するなどご相談ください。)
〇リクエストコンサート開催。(2022年内に実施)ご希望の曲の演奏会を企画して演奏致します。(日本全国どこでも伺います。会場設定、交通費、宿泊費別)

支援者
1人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2021年11月

プロフィール

広島県江田島市出身で、広島市内在住の今田陽次です。エリザベト音楽大学を卒業後音楽活動を続ける中で、ヒロシマ(カタカナ表記は被爆地であることを意味します。)を歌う活動をしたいと思い、学ばせて頂いている時に広島で反戦と平和を訴え続けた詩画人四國五郎の作品に出会いました。ご本人はお亡くなりになられているのでご家族の了解を得て2019年から四國五郎さんを歌っております。多くの方に四國五郎さんの思いを伝える仕事を努めて参ります。 うたの教室 utano-kyoushitu.com

あなたにおすすめのプロジェクト

永青文庫の新たな挑戦。文化財修理プロジェクト第1弾|「黒き猫」他

永青文庫永青文庫

#伝統文化

93%
現在
9,378,000円
寄付者
650人
残り
11日

注目のプロジェクト

新着のプロジェクト

プロジェクトの応募・相談をする
プロジェクトの相談をする