プロジェクト概要

世界二周目プロジェクト!

世界を変えるための仲間集めの旅をしたい!

 

はじめまして、こんにちは!獨協大学4年の後藤元気と申します。僕は、この度世界二周目プロジェクト〜”世界を変えるための仲間集め”という旅プロジェクトを立ち上げることになりました!今年の10月から2月までの5ヶ月間でヨーロッパ、アフリカ、アジア、北米、南米を周ります。

 

しかし、現地での生活費、陸路の交通費、航空券購入のための費用が不足しています。世界中に仲間をつくりたい!僕のこの夢に、皆様のお力を貸して頂けませんか?

 

(サハラ砂漠日没の写真)

 

 

「君はまだ若いんだからこの状況をどうにかしてほしい。」

 

僕は、大学1年の春に初めて海外に一人旅をした時、ミャンマーの農村部を訪れたのですが、そこは電気があまり通ってなく、そしてHIVなどの感染症が広がっている地域でした。そして、この村に訪れた事が僕のこれからの世界観を大きく変える事になります。

 

転機となったのはある日食堂で昼食をとっている時の事でした。そこで切盛りをしている88歳のおばあちゃんとお互いの国の事について話をしていると急におばあちゃんは涙を流し僕の手を取り言われた事があります。”この村は停電でろくに電気がつかなくなったり、様々な病気に人々は苦しんでいる。君はまだ若いんだからこの状況をどうにかしてほしい。”

 

(実際のその時の写真)

 

その時僕は"うん"としかうなずけませんでした。なぜならそれまでずっと日本で生活をしていた僕は、なによりもその状況が受け入れ難く、それに苦しんでいる人に実際に会って話をして願いを託され、頭がパンク寸前でした。

 

しかしこの旅が終わる頃には、ショックを受けながらもそれらの事実を自分の目で見たからこそ、このような現実があるということを他の人にも知って欲しい。そして自分や他の人が知り得ない世界中の事を知り続けて発信する事が自分の義務ではないかと感じた事がその後の僕の世界観をガラリと変える事になります。

 

 

その一年後大学を休学して世界一周の旅に出ました。

 

目に飛び込んできたものは、自分の想い描いているスケールよりももっと大きなものでした。例えば、ヨーロッパであっても東欧では都市と農村での教育格差や、物乞いが町中を行き交っていたり、北アフリカでは地理的に孤立した村での電力不足、他にも水質汚染や食糧難など生活をする中で全ての人が平等に享受すべきものがそれらの問題によって不足している状況。

 

そこであまりにもスケールの大きな問題の前にただ一人立ち尽くすだけの自分がいました。一体この問題を解決するための解はなんなんだろうか。だたそこでわかったこととしては、その状況を自分の目で見て発信するだけでは限度がある。この規模の問題に立ち向かうには決して一人ではできないし、日本人だけでは解決し得ない。なぜなら世界中に点在しているのだから。

 

(バングラデシュの農村でお見送りをしてもらっている時の写真)

 

そこで僕は考えました。だったら世界中に仲間を作り世界中からアプローチをかけていけばいいじゃないか。仲間を作り、自由に議論する場を創り出し、自分一人だけで考えるのではなくて一緒に考える人を世界中に増やしていけばきっとその問題の解につながるはずだ。ここに旅プロジェクトの意義があります。このような経緯で2回目となる世界一周のプロジェクトを行うことを決心しました。

 

 

具体的に実施したいこと

 

僕が具体的に各国で行いたいことは以下の2点です。

(1)”今の地球をより良い場所にするためにあなたの考える最善のアイデアは?”を各国学生から起業家にインタビューします。

(2)その国で解決したい問題を提起してもらい次の国でその問いに答えてもらいます。

違った視点、価値観を持つ人にそれを答えてもらうことによりその問題への効果的なアプローチをはかります。

 

(グラミン銀行のマイクロファイナンスの融資を受けている女性達。

マイクロファイナンスも貧困層をボトムアップする優良なアイデア)

 

(ミャンマーでHIVが急激に広まっている地域にて)

 

 

発信方法について

 

僕が、実際に世界で見聞きしたことは、以下の3点で発信を行います。

(1)オンライン上に”議論場”というプラットフォームを設けインタビューをした人たち、またこの旅に興味を示してくれる世界中の人たちがオンラインで議論できるコミュニティサイトを作ります。”仲間作り”から様々なアイデアをここから生み出します。

(2)ブログやSNS(Facebook,Twitter,YouTube)で日本語、英語で行います。

(3)また旅中にビジネス誌のメールマガジンへの寄稿、帰国後は書籍の執筆(電子版)、講演会を日本各地で予定しています。

 

(モロッコのサハラ砂漠にて。実はもうこういう場所にも、

インターネットが普及しており、砂漠からの参加も打診済み!)

 

 

最後に

 

今回の旅プロジェクトでは問題提起、発信・対話、連携を世界中の人々と共に行いこのプロジェクトを見てくれている世界中の人々をインスパイアしていき、少しでも世界中に点在する社会的課題の解決の前進に繋げます!そのために、自分ではまだカバーできていない移動費、現地での生活費、計60万円の資金を集めています!皆様のお力を貸して頂けないでしょうか?

 

(バングラデシュの首都ダッカでの写真、路地では子ども達が元気に遊び回っていました!)

 

 

引換券について

 

サンクスレター

 

あなたの考える社会的課題へのビジネスプランをインタビュー上で解決策として提案しそれを議論場で発信します!

今回の旅プロジェクトではいかに多くの人を巻き込んである問題に対してアプローチをする事ができるかが重要となってきます。そのため支援して下さった方にも実際に発案者になっていただきます!

 

世界で見つけた面白いお土産買ってきます!

旅中に見つけた面白いお土産をご自宅までお届けします。(海外もしくは日本国内からの郵送はまだ未定)

 

帰国後講演会&仲間集めのためのソーシャルイベントへのご招待

【時期】2015年2月中旬(予定)

【場所】東京都内(予定)

帰国後アウトプットの一環として都内にて講演会をやらせていただきます。また講演会後はソーシャルイベントを開催します!

 

オンライン写真館へご招待

オンライン上に写真館を作ります。旅中に撮った写真をアップしていきます。

 

書籍(電子版)プレゼント

今回の世界二周目プロジェクトの経験について執筆させていただきます。

 

どこかでお茶をしましょう!(学生限定)

僕がこのような活動をするようになったのも右も左もわからず飛び込んだ最初の一人旅がきっかけでした。自分の学生時代に何かアクションをおこしたくてもまだ一歩踏み出せない人。そのような人たちにこのプロジェクトを見て欲しいし、勇気づけるきっかけになれればなと思います。そのような意味も込めて帰国後はこれからのある様々な学生に会ってお話がしたいです!

 

 


最新の新着情報