プロジェクト概要

日本を象徴する文化「きもの」着物には多くの職人の魂が宿ります。しかし技の後継者はなく、衰退の一途をたどります。職人の想いと技に触れる場所を作ることが、伝統を守り続けることに繋がる。空き家となった京町家を改修し、伝統文化再生を目指す拠点とすべく、【粋】プロジェクトを開始します。

 

>>>>ENGLISH PAGE<<<<

 

1200年のときを経て残る伝統。

たくさんの職人技により完成する一枚の着物

 

ページをご覧いただきまして、ありがとうございます。一般社団法人京都和粋美会の三宅てる乃でございます。京都に生まれ育ち、殆ど毎日きものに身を包んできました。職人さんたちが丹念につくる正絹の着物の心地よさというのは触れて、着てみて初めて分かるものです。

 

職人にも、織り、染め、絞り、刺繍、金彩職人など様々で、何十人の力が合わさり一つの作品が生まれます。約40年にわたり、着物と共に世界50ヶ国に及ぶ文化交流を続けてきましたが、日本の職人さんの作る技術や製品は素晴らしいと高く評価されていることを感じるばかりでした。

 

2005年ベルギーのきものショーにて

 

 

技術を継承できなくなることが心苦しい。先祖代々受け継いだ技が途切れてしまう

 

世界に誇る技術ですが、優秀な職人の高齢化が進み、継承の問題は深刻です。日本の伝統工芸品を70年間つくり守り続けてきたある友禅職人さんは、本家が廃業し、息子さんが後を継がず、彼だけが残りました。続けるか迷っていた矢先には、大病が襲いかかりました。

 

「生かされている生命、自分の作るきものを愛し、待っていてくださるお客様がある」と彼は一途な想いだけで立ち上がりましたが、たった一人であることに変わりはありませんでした。その職人さんだけが持っている技術を失ってしまったら、もう取り戻せません。

 

「体もきついし、いつまで続けられるか分からへん。食べるのが精一杯で弟子をとる余裕もない。受け継いだ技術はここで止まってしまうかもしれへん」

 

バブル期は1兆円産業だった和装業界も2000年前後には100億を超える大型倒産が続き、最盛期の約15%まで縮小。しわ寄せの影響を受けた、わずかな賃料で作業する職人の悲痛な叫びはあちらこちらで聞かれます。

 

 

 

伝統を後世へ。職人の想いと技をつなぐ場所として町家を蘇らせる

 

世界からも最も注目される美しくしなやかで強い職人魂を感じられる作品をつくり継承し続けるためにはどうすればいいのかー。

 

作り手の苦労や楽しみ、それに関わった職人の汗と涙を伝えること、肌で感じてもらうことこそが本物との出会いになる。彼らの情熱や美意識、頑な技へのこだわりが生む「ほんまもん」の価値を世界に広く知ってもらう拠点を作れないだろうかと構想が始まりました。

 

数年を経て、両替商の三井家、後に松坂屋を創業する伊藤家という大富豪が軒を連ねた格式を保つ場所に、町家を見つけました。京都御所から南西に位置する中京区、祇園祭の鉾町、前祭りも後祭りも巡行が通る新町通りです。

 

リノベーションする前の町家

 

 

“ほんまもん”の灯を消さないために。町家「粋」に込めた想い

 

衣・食・住の伝統を、私たちはこれから何百年も続く未来に残していかなければなりません。「本物をさりげなく身に纏い、色気やこだわりを感じられる粋な人が集う町家」「世界中の人が本物の文化に会いに来れる、格調高い上品な着物や作品を求めて人々が集う町家」として、古きを大切にしながらも伝統と革新が交わる場所にしていきたいと考えています。

 

1階:伝統工芸品の陳列

 

通りに面した場所は職人さんが作る工芸品の陳列を行います。丹精を込めて作った伝統的な作品、技術の継承のために、その技を活かし創造する革新的な作品。お客さんからの声を職人さんに届け、職人さんの想いを直に受け取る、匠の技と“繋がる”空間です。

※上:友禅職人 下:技の継承のため新しい作品に挑戦

 

 

1階:文化体験の場

 

着物での美しい所作やマナー、立ち居振る舞い、美しい写真の撮られ方を学ぶことができます。お茶席のマナーや、ユネスコ文化遺産に登録されている京都ならではの和食や禅の世界からの食文化を学び食する機会も体験できます。

 

※懐石料理や禅のお話しは中尾英力様、

写真撮影はプロカメラマン曽根明壽美様にご協力をいただきます。

 

 

 

2階:着付け

 

絹の感触、色彩や図柄の意味を感じていただきながら、海外のきものショーでお披露目されたこともある上質な正絹の着物の着付け体験が行えます。自宅の箪笥に眠る祖母や母からの大切な着物などがありましたら、コーディネイト提案やサイズ変更など、きものに関してのあらゆるご相談もお受けします。

 

坪庭

一軒家の京町家には、建物の内部に光や風を取り入れるために作られた小さな坪庭があります。坪庭は、京都御所の迎賓館の庭などを手掛ける16代目桜守り・佐野藤右衛門氏が監修します。四季を愛でながら、ごゆるりとおくつろぎいただけます。

※写真はイメージです

 

◇プロジェクト詳細◇

 

施設名:粋

住所:京都市中京区新町通六角下る六角町368番地1

(京都市営地下鉄 四条駅、阪急京都線 烏丸駅21番出口から徒歩7分、京都市営地下鉄 烏丸御池駅6番出口から徒歩7分)

運営主体:一般社団法人京都和粋美会

オープン予定日:2017年5月1日

改修費用:2,400万円

改修に必要な金額の一部をクラウドファンディングで募集します

※現時点でのイメージ

 

 

 

町家の協力者として各界からの応援をいただいております

 

 

 

 

 

リターン詳細

町家を一緒に作りあげてくださる皆さまだけの特典をご用意させていただきました。

 

町家へのご招待券&粋パスポート(10,000円)こちらから

・お礼状とご招待券をお送りします

・町家“粋”の年間パスポート(有効期限1年)

パスポート特典として、着物レンタル料および着付け料の10%割引、来店時のコーヒーまたはお薄1杯をサービスさせていただきます 

 

以下のプランを全て10,000円の内容を含みます

 

町家の世界観を味わいたい方にお勧めの特典です

正絹のきものを着て文化を味わう(50,000円)こちらから

①着物体験…海外のファッションショーなどでお披露目された数々の貴重な正絹(シルク)きものからお好きなものを着用

②マナーを学ぶ…着物を着て、お作法や綺麗な写真の撮られ方などをレクチャー

③文化体験…お香作り、茶道、苔花造り、友禅染色などから1つを体験(日にち要確認)

午前中に着付けをして、散策や昼食をとって、午後からは文化体験など1日満喫できます

 

日本の伝統に最も近く触れられる特典です

三宅と職人さんを訪ねて。仕事見学やお食事会等(70,000円)こちらから
職人さんをサポートするプランだからこその内容です。職人の仕事場や普段見せない素顔等が分かるかもしれません。

 

 

今年は特別な祇園祭を。1番熱い夏を1番近くでご覧いただけます

3コースご用意させていただきました。

①鉾立・鉾曳き初め体験(72,000円)こちらから

②祇園祭の宵宵山・宵山体験(88,000円)こちらから

③祇園祭の特別席にて山鉾巡行観覧・体験(118,000円)こちらから

 

日本三大祭りの一つ祇園祭。職人さんの技術が集結する、京都職人の技術と文化を未来に繋ぐために大切なお祭りです。

①は、京弁当を召し上がったり、町家でおくつろぎいただきながら、暑い昼間の祇園祭にゆっくりご参加いただけます。

②は、夜のライトアップされたお時間に浴衣でお出かけになることができます。(浴衣着付けサービス含む)夕食として少し豪華な京弁当をご用意します。

③は全ての鉾の巡行を町家からご覧いただける特別なお席のご用意です。町家にて京料理をご用意させていただきますので、快適な涼しいお席で巡行をお楽しみください。

①〜③、全てのコースに厄除け「ちまき」のお土産がつきます。三宅が滞在しますので、色々なお話をさせていただけるかもしれません。祇園祭に参加されたことがない方もこの機会にぜひご訪問ください。

※宿泊はつきません。この時期は宿泊場所が取りにくくなりますので、遠方の方はお気をつけください。

 

 

京都にあなたがいつでも来れる町家ができます

オーナー権(120,000円、500,000円)12万円コース 50万円コース

・町家にご芳名

・オーナー名刺100枚

・町家を貸切(年3回、年5回)

持ち込み企画でイベントをしたり、友人たちを招いてゆっくり寛いだり、ご自由に町家を利用してお楽しみにいただけます。オーナー名刺を渡しながら、ご友人を京町家に誘ってみてはいかがでしょうか。

 

伝統美・特別な品をご用意させていただきました

額入りの西陣織をプレゼント(300,000円)こちらから

一点物の源氏物語・友禅染(1,000,000円)こちらから

世界でただ一つの逸品。職人がつくる西陣織、文化遺産(国宝全図)の「源氏物語絵巻五十四帖和歌集」を京友禅にて忠実に復元された作品を進呈します。

 

職人技に触れたら、いつもと少し違う舞妓さんが楽しめます

祇園町で舞妓さんと楽しむ(4名)(480,000円) こちらから

京都祇園町にて、舞妓さん遊びとマナーについて女将さんレクチャー。

お食事は小料理屋で京料理を予定しています。

京都・島原で芸妓の最高位に当たる太夫とお座敷(1,000,000円)こちらから

太夫はじめ地方さんもお呼びして食事をしながらのお座敷をご体験頂きます

 


最新の新着情報

このプロジェクトを支援する
(※ログインが必要です)