プロジェクト概要

 

熊本地震を通して知った、熊本の豊かな食材の素晴らしさ。

フランス・ニースでおにぎりのテイクアウト店をオープンし、

その魅力を発信したいと思います!

 

 

こんにちは!フランス・ニース在住の乳原と申します。祖父母が暮らす熊本で地震が起こり、大変驚きました。ニースにいたため、とても心配で、日々何か有力な情報はないかと毎日ネット検索をしていました。そんななか、様々な情報を検索しているうちに、食の宝庫熊本の魅力を再認識しました。

 

熊本の海の幸や山の幸を、海外の人達に味ってもらい、食を通じて熊本や熊本地震の事を皆さんに知ってもらいたいと考えるようになりました。また、震災という苦難を乗り越え、日々生産に励んでおられる生産者さんの励みになる場を設けたいとも思うようになり、震災地熊本、食の宝庫熊本を応援する気持ちを、熊本の食材にこだわった食べ物を提供する店を構える事で表したいと考え、今回のプロジェクトを立ち上げました。

 

店舗を構える為の諸経費、調理用具の購入費、商品を提供するに必要な使い捨て容器の購入費などの資金の一部が足りておりません。ぜひみなさんのご支援をいただければおねがいできればと思います。

 

 

熊本の美味しいお米でオニギリを作ります!

 

 

 

なぜオニギリなのか?

 

 

まず第一はオニギリが私自身、とても好きだったからということがあります。ですが、もちろんそれだけではなく、アニメの浸透で、フランスでもオニギリはみんなが知るところとなっています。また、それに加えて食べてみたいと思っている事です。しかし、フランスでは手軽にオニギリを食べれるお店などがなく、みんな食べた事がないのです。

 

また、震災関連で情報を探していたところ、個人の農家産の販売サイトが良くヒットし、減農薬や無農薬に取り組まれている事や、販売経路の開拓に努力されている事、でもそれがなかなか難しそうな事がわかり、何か出来ないかなと思いました。

 

そして、また日本に来た事のある外国人が出会うオニギリは、おそらく家庭や、料亭、和食の店でも出されるような日本人が思うオニギリではなく、コンビニで売ってるフィルムに包装されたオニギリだと思います。

 

このようなことから、今回のプロジェクトを企画し、現在自分が済むフランス・ニースから、熊本の食材を使って美味しいオニギリを食べてもらい、熊本を元気づけらればと考えています。

 

 

 

 

手軽さがイチバン!

素材を活かしたオニギリを届けたいと思います。

 

 

お店は、一通りも多い通り沿いに、テイクアウトで提供できる形式で営む予定です。お店自体は簡素にし、美味しいものを届けたいと考えています。

 

旅行客やホテルの部屋で食事をとりたい人、公園やプロムナードのベンチで食事をとりたい人、新幹線など電車の中で食事をとりたい人などを中心に、ご利用いただけるのではないかと思います。日本のコンビニで販売しているように、手軽に多くの人に利用してもらえるようなお店にしていきたいです。

 

出来る限り注文を聞いてから作り、温かく、海苔がパリパリのオニギリを提供する予定で、食材については、熊本産の減農薬、無農薬の食材を使用する予定です。

 

■メニュー

オニギリ:5種類、日替わりのお味噌汁、お茶2種類

 

 

 

オニギリを通して伝えたい、熊本の食と自然の素晴らしさ

生産者の皆さんの元気になるきっかけにもなってほしい。

 

 

今回のプロジェクトを通して、熊本の素晴らしい自然を伝えていくとともに、その自然から生み出されたおいしい食材をアピールしたいと思います!また、フランスで熊本の食材を使ったお店をすることで、生産者の方々も元気づけらればと思います。

 

熊本地震についても知ってもらえるよう、店頭には募金箱も設置できればと考えております。ぜひフランス・ニースで、熊本について知っていただく機会として、今回のオニギリ店のオープンをぜひ、応援していただければと思います!宜しくお願い致します。

 

◆◆◆リターン◆◆◆

 

 

■御礼のメールとプロジェクトのご報告

 

■御礼の絵葉書
コートダジュールの絵葉書に心をこめお礼の言葉を添えてお送りします。
絵葉書は、額縁に入れて壁にかけて楽しんでいただくことも可能な美しいコート・ダジュールの風景です。

 

■ベルギーorスイスチョコレート

お隣のベルギー、またはスイスの美味しいチョコレートの詰め合わせをお送りします。

 

■石鹸の詰め合わせ
地元の人達に人気の日本では手に入らない石鹸の詰め合わせをお送りします。

 

 

■ボルドー産ワイン・大容量(ワインボトルにして4本分、グラスにして24杯分)
AOPとは、特定の産地で作られた上級ワインをさします。赤、白、ロゼ、お選び頂けます。

 

■スペインのアンダルシア地方の女の子6歳児用ドレス
アンダルシア地方には、日本の七五三にあたるような子供の成長を祝う習慣があり、
子供服屋さんでは、このようなドレスをたくさん目にする事が出来ます。
色使いは抑え目ですが、色んな素材をふんだんに使用しており、贅沢で豪華な作りとなっております。


■店舗のお名前プレート
オープンしたお店にお名前のプレートを設置します。