プロジェクト概要

トイレ掃除の悩みを解消する。

 

①現状の問題点

男性小用時の水はね汚れは、一回の使用で、1000滴以上が壁、床、体に飛び散る。

不衛生。嫌な臭いの元。

 

 

②解決策

1. 用を足す前に、トイレ水面の大きさに応じて、1~3個そのまま投入。

 

 

 

2. 約15秒で水に溶け、水面を覆う泡の層が自動的にできる。

人体、環境に無害。

 

 

 

3. そこに小用を足すと、泡がブクブクと大きくなる。

この泡の層によって水はね汚れを防ぐ。ウィルス感染を防ぐ。

爽快感。音は、静か。そのまま流せる。

 

 

 

③投入個数の目安

 

 

 

④男の座りション、健康上の危険性について

 

・日本人の55%もの男性が汚れるのを嫌って、座って小用を足す。
・排尿は、前立腺と尿道括約筋によってコントロールする。
・座ることによってこれらの臓器が圧迫される。それで尿が出にくくなる。
・残尿感。また尿道炎、前立腺炎という炎症を引き起こすおそれ。
・人間の体で使わない筋肉は衰える。男が座って小用を足そうとすることで、これらの筋肉が十分使えなくなる。
・40~50歳くらいになると、おしっこのキレが悪くなってくる。
・将来的に排尿のコントロールが効かなくなり、オムツをはくことになる。

 

つまり、「男は体の構造上、立ってしないといけない。」ということです。

 

 

 

⑤今の課題

1. 泡の層をもっと厚くしたい。

2. 水に溶ける時間をもっと短縮したい。(理想は5秒)

3. 製品自体もっと小さくコンパクトにしたい。

 

 

 

⑥実験

 

 ◆実験手順

 便器の横に水滴検知シート(縦横20cm×30cm)を置く。

 

 小用を見立てた水(500ml)をじょうろで注ぐ。

 

 水滴検知シートにどれくらい水はね汚れがあるかを数える。


 

 

 

 

 

 

◎試作品を使用しない場合 

 

   

 

腰の高さから水を注ぐ。

その結果、目に見える水はね汚れの数はおよそ300滴。

 

◎試作品を投入した場合

 

        

 

トイレ水面の大きさに応じて1~3個、投入する。(今回は2個)

約15秒で水に溶け、水面を覆う泡の層が自動的にできる。

 

         

 

先ほどと同じ条件で水を注ぐ。

その結果、水はね汚れの数はゼロ。

(※泡の層が薄いと十分に汚れを防げない場合があります。)

水面の大きさに応じて同時に複数、投入してみて下さい。

特許申請中

  

 

⑦Q&A

Q1 水はね汚れは、必ず防げるのですか?

A1 はい。水面上に1cm以上のしっかりとした泡の層ができれば、必ずと言っていいほど水はね汚れはゼロになります。用を足す前に、水面の大きさに応じて1~3個くらいを投入して下さい。

 

Q2 しくみはどうなっているのですか?

A2 「重曹 、クエン酸 、界面活性剤(ラウリルベタイン)の三種類の約10gの粉末を水に溶ける紙(水溶紙)で包装する。アルカリ性の重曹と、酸性のクエン酸の混合物が水に触れると二酸化炭素(泡)を発生させるという性質を利用し、その泡を界面活性剤で持続させる。」というしくみです。

 

Q3 人体や環境に問題はないのですか?

A3 重曹やクエン酸は天然素材であり、食品にも用いられるものです。界面活性剤のラウリルベタインは一般的にシャンプーや入浴剤にも使われているもので、人体や環境には全く問題ありません。

 

水溶紙は、木材パルプという天然素材でできており、トイレットペーパーよりも水によく溶けます。そのまま流せます。環境に対しては何の害もありません。

 

Q4 なぜ男の座りションが体に悪いのですか?

A4 男性には前立腺という男にしかない臓器があります。座ることで前立腺と尿道を圧迫し、おしっこが尿道に残ることがあります。

 

排泄は、主に前立腺と尿道括約筋という筋肉を使ってコントロールしています。座ることでこれらの筋肉が十分使えなくなり、キレが悪くなっていきます。

 

将来的に、排泄を十分コントロール出来なくなると…、

→トイレが気になり、外出をひかえ家にいることが多くなる。

→健康の基本である食事を制限するようになる。

→どんどん不健康になる。

→病気になる。

→社会保障費が増大する。

→国家財政を圧迫。

ということも想定されるかもしれません。

 

もしくは、このまま座りションが続くと…、

→尿道炎・前立腺炎の発症リスク増。

→男性の性機能に障害が生じるおそれがある。

→少子化が進むおそれがある。

→少子高齢化が進行する。(あくまで仮説のひとつです。)

 

そこで本製品を使うと…、

用を足す時の力のさじ加減次第で、泡がブクブクとより大きくなる様がメチャクチャ面白い。

→水はね汚れを気にせず思いっきり用が足せる。(男は的があると本能的に狙いたがる習性がある)

→排泄する筋肉(尿道括約筋や前立腺など)が鍛えられる。

→トイレを気にせず、好きな時に好きなものを食べられるようになる。

→暮らしイキイキ元気になる。

→元気な高齢者が増える

→社会保障費が減少する。

→活発な高齢者が外でお金を使うようになる。

→日本経済が活性化する。

 

また、同時に少子高齢化の問題にも少しは寄与するのではないでしょうか。

 

Q5 とべる工房株式会社ってどういう会社ですか?

A5 ものづくりの会社です。

ただし、既に世の中にあるようなものはつくらないことにしています。他人と同じようなことしていても面白くない。人マネはしない。

 

「世の中に存在しない新しいものをつくる」ことを理念としています。ハイテクじゃなくても構わない。今まで世の中にありそうでなかったようなものをつくる。生み出した製品に名付けるのも難しいくらいの新しいものをつくる。新しい市場をつくる、それが目標です。

 

Q6 汚れが「飛ばない」ようにする製品なのに、会社名が「とべる」って変じゃないですか?

A6 え?・・・あっ、ほんまや。

 

Q7 トイレバブル(仮)を今後どういった製品にしていくつもりですか?

A7 シャンプーや歯ブラシのように、生活必需品と言われるくらいのものにしたいと考えています。日本で水洗トイレが普及してからおよそ100年が経ちます。諸説ありますが、水洗トイレが普及したのは17世紀の中世ヨーロッパの王室であると言われています。

 

そのもっと前の時代、水洗トイレができる前は、主に穴を掘ってそこに用を足していました。人間が用を足すスタイルは時代とともに、「穴」から「水」へと変わりました。

 

そしてこれからの未来は「泡」になると考えています。

「穴」→「水」→「泡」と変遷していくと考えています。

 

100年後の未来の歴史家が、いつの時代何をきっかけに「水」から「泡」に変わったのかを調べるであろう。

 

その時に、「2016年、日本で誕生した『トイレバブル(仮)』がきっかけだったんだ」と言われるようにしたい、そう考えています。

 

Q8 「トイレバブル(仮)」という製品名に、なぜ「(仮)」と付いているのですか?
A8 今はまだ試作段階なのです。
製品名をどうするか、もっと泡の層を厚くパワーアップできないか、デザインをどうするか等、もっと改善する余地があると考えています。

 

目標支援者さま数100名様。できるだけ多くの方に、最大300名の方に様々なご意見を頂きたいという思いがあります。どんなことでも構いませんので、何かご意見を頂ければ嬉しいです。どうぞよろしくお願いします。

 

 

クラウドファンディングで支援者様に、私たちの開発した「トイレバブル(仮)」を多くの方に知っていただければと考えています。支援者様にリターンで製品を送付する費用、最低限の人件費等々を含む300,000円をまずはスタートラインとして挑戦したいと考えております。