READYFOR
クラウドファンディングとははじめる
ログインログイン・登録
うずめ劇場主宰・演出家 ペーター・ゲスナー

1962年、旧東ドイツライプチヒ生まれ。現在東京在住。
国立ベルリン俳優学校エルンスト・ブッシュで学び、ハレのターリア劇場で4年間演出、俳優を勤める。ライプチヒ大学で演劇学修士取得。’93年に来日し、北九州市を拠点に劇団「うずめ劇場」を旗揚。

2000年、第1回利賀演出家コンクールにおいて「紙風船」(岸田國士作)で最優秀演出家賞を受賞。2008年~2011年、調布市せんがわ劇場芸術監督。2010年新国立劇場でのロバート・シューマンの「ゲノフェーファ」の日本初演。

2004年より桐朋学園芸術短期大学演劇専攻科にて教鞭をとり、現在教授を務めている。演出した「ゴドーを待ちながら」が2019年ATEC国際演劇学校フェスティバルにて最優秀賞受賞、2021年「袴垂れは誰だ」がセルビア開催のFIST国際演劇学生フェスティバルのオンライン上演作品に選ばれる等、着実に成果を残している

  •  全て表示する≫