Picture?type=large

Readyfor Sponsor

Kenji Sekimoto さん

プロジェクト支援仲間
6bc9cc84c7baefca51c6bd1fb37a771dfbfbd455 Picture?type=large Picture?type=large Picture?type=large Picture?type=large Noimage3 51ac4e79b218ade1f53471396ef4005caa4aebff4d94f4f817e2299cbe0fee7f Picture?type=large Picture?type=large Picture?type=large Picture?type=large
支援プロジェクトのギャラリー
Content 032f19e351330c213c3a542be1955bd418a234b8 Content 9861b5fb3aafdd2d2b6d407f4c3cb0a6205307ff
Content 94fc1dcb2d2967c32374182732673a0576c2e1d4 Content 812edae87a753078a5014c02463eb35075c34b8a
Content 809d884120aa4af4eefaba4f21ee87b3f5fe9b95 Content 818fb5947c605f06d5a64e971255b64d1b7ec95f
支援プロジェクト一覧
6件のプロジェクト
59214c94b5b021cee33dabb4a620577620921f4b
東日本大震災で被災した大槌町。 音楽のパワーで、町民に笑顔になってもらうため、そして何より、もらった支援や愛に「ありがとう」を伝えるため、第1回おおつちありがとうロックフェスティバルを、町民自らが開催します。 はじめまして、古舘王士(きみお)と申します。生まれも育ちも大槌です。昨年より、このありがとうロックフェスティバルの実行委員長をしてきました。 自分達が生まれ、育ち、暮らしていた愛する町大槌は、あの震災で津波をくらい、一瞬で悲しみの町に変わってしまいました。全てが流れ、皆が悲しみにくれ、愛する人々を失い、明日への希望を失いかけ、、、 そんな時、自分達を救ってくれたのは、熱く魂をゆさぶる音楽と仲間。そして日本中、世界中にいる「あなた」でした。世界中からの「がんばれ!」「遠くても思ってる」の熱い言葉と思いと愛。 そのおかげで、自分達は元気を取り戻し今笑って生きています。 だからこそ、「ありがとうを伝えなければ!」という思いが強くなり、それを伝...
C123ff588f7456f1ef18b6985bae99330aceb408
東日本大震災の被災地・大槌町で、地元の子どもたちと花壇を整備したい!活動を通して子どもたちの花育・環境教育を、また地域の環境美化も目指したい!   はじめまして、岩手県滝沢市に住んでいるグリーンアドバイザーの吉川三枝子と申します。私はこれまで県内の花と緑が大好きな仲間達とハンギングバスケットによる街作り(盛岡市)や、岩手のオープンガーデンをはじめとするガーデニング情報を掲載したガイドブックなどを作り活動をしてきました。  今回は被災地・大槌町にて来春に向けて秋に花壇の整備をして、住民の方々・子ども達と一緒に球根や花苗の植え込みと種まきをしたいと思います。 しかし、花の種や苗、土壌改良剤の購入といった基本的な費用が足りない状況にあります。皆様のお力をお貸しいただけませんか。 (子供達が花を植える活動に参加する様子) 震災から3年経過、支援金が減りましたが、 大槌町で花と緑の復興支援活動を継続したい!  2011年の東日本大震災以降は県内の花仲間が集...
8d5db4a910ad1604c1795ef6acc7540ee50807b3
震災から4年目の夏を一歩一歩すすむ子ども達に、 今年の夏も広島“お好み焼で元気をお届けしたい! 東北のこども達へ「お好み焼で元気を届ける」活動しております、“ようき屋本舗”店主の佐渡忠和です。震災から4年目になる今年夏も東北3県の子どもたちへお好み焼で元気を届けに7月に広島を出発します。この活動はNPOでもなく支援団体もない私が自費で行う個人支援活動でもあります。過去3年間の派遣活動は4回でのべ147日間に1万7千食の“お好み焼”を東北のこども達へお届けさせて頂きました。しかしながら今夏の支援活動は自己資金も枯渇し全日程の約半分の資金しかありません。 今年もお好み焼きを届けられるように、ご支援をお願いします! (大きなお口で!) 広島“お好み焼”は原爆で焼け野原の廃墟から食糧難で 空腹を満たし復興を支えてきた食べ物なのです。 現在では肉や卵が当たり前のように入ってますが、昔のお好み焼は野菜とそばだけ、あるいは野菜だけのお好み焼でした。家からは...
Cadebebef3d95cd4bcb147a4f8717912bab9a55c
皆さまからの心からのご支援、温かいご協力に支えられ、目標金額の100万円に到達することができました。本当にありがとうございます! 子ども夢ハウスおおつちの吉山周作と申します。一昨年の4月から大槌町安渡地区(あんどちく)で借家を開放し、近所に遊び場がない子どもたちや仮設暮らしの子どもたちが自由に伸び伸びと遊べる場所を提供したいと思い、活動をしております。 募集期間が34日というわずかな時間の中、「どれだけの方にご支援していただけるだろうか」と不安な中で始まったプロジェクトでした。しかし、今までお世話になっている方々やそのお知り合いの方、またその周りの方々など、多くの方の心が集まり、想いが繋がりました。大槌町の多くの方も応援して下さりました。大変多く方の意思が達成へと導いて下さいました。既に皆さまの想いを乗せた風船は飛ばされました。予定通りに、天国にいる大切な人へメッセージを届けることが出来ます。心より、感謝申し上げます。 目標額の超えた分は、より良い催...
919fdf9f09b80602399d2026d397ecfa4b763b66
東日本大震災で救えた命があったこと、動物も人も同じ命を持った大切な家族だということを伝えるため、全国で展示会を開催したい 2011年3月11日、地震の直後、雪が降りました。夜になって雪は止み、雲が去った後の空には、見たことがないくらいたくさんの星がひしめき輝いていたそうです。津波にのまれ、寒さに凍えた地上から上空へ、多くの命が吸い込まれて逝きました。あの夜、余震に怯え空を仰いだ瞳たちには、同じ星空が映っていました。 こんにちは。「震災で消えた小さな命展」代表のうさです。「震災で消えた小さな命展」では、東日本大震災で犠牲になった動物たちの絵を展示しています。同展の主旨に賛同した国内外の作家たちが、亡くなった動物たちを絵にします。絵は国内外での巡回展終了後、飼い主さんにプレゼントしています。 「動物も人間と同じ命、大切な家族」ということを伝えるため、1年間に渡り日本、海外で展示会を開催します。そのための運営費用として、どうかみなさまのご支援をいただけない...
60082ae008296db83ce5489a986034df536a35ba
開発途上国の暮らしを 日本の子どもたちへリアルに伝えたい! 話題のメディア VRを使った 映像制作に挑戦します。 はじめまして、セカイ・メディアラボ事務局の古田亜以子です。聞いたことのない団体だな・・・と思う方がほとんどかもしれません。そう、私たちは、まだ活動をスタートしたばかり。本、写真、映像などさまざまな“メディア”を通じて、「日本の子どもたちにセカイを伝えたい!」という思いを持つメンバーが集まって生まれたグループです。 発案者は、『物乞う仏陀』や『絶対貧困』などの著作で知られる作家の石井光太。そこに、貧困や災害をテーマに、アジアやアフリカ、中東、日本を飛び回るフォトジャーナリストの安田菜津紀をはじめ、映像制作会社、出版社、NPOなどで“伝える”仕事に携わるオトナたちが参加しています。 今回はイラクを主な活動拠点とするNPO法人JIM-NET(鎌田實代表、佐藤真紀事務局長)のご協力を得て、イラクと日本をつなぐ、新たなメディアの形に挑戦します! ...