READYFOR
クラウドファンディングとははじめるさがす
貝沼 航

1980年福島県福島市生まれ。学生時代はバンドとインドに明け暮れる。東京の大学を卒業後、会津若松市に移住。
 
サラリーマンをしていた24歳の時に、工芸の工房を訪れたことが転機となる。そこで見た日本の職人たちの姿に信念に忠実な「ロックな魂」を感じて心惹かれる。その光景が忘れられず、翌年会社を辞めて起業。
 2011年、震災を期にこれまでの便利な暮らしの脆さを痛感し、自然と共生する暮らしのあり方を取り戻していきたいと考えるようになる。その中で、縄文時代から日本人が森を育て作ってきた「漆器」という存在の価値に改めて気付かされるようになる。数年かけて「漆の器とは何か」を自分の中で哲学していく時間を作った後、現在の活動を開始する。漆の森の再生活動に取り組むNPOの副代表も務める。
漆と人を繋ぐコミュニケーターとして、全国をまわり漆器のある暮らしの豊かさについて講演やイベントも行っている。

  •  全て表示する≫
  • プロジェクトの相談をする