READYFOR
クラウドファンディングとははじめるさがす
弘南鉄道大鰐線アソビプロジェクト

弘南鉄道大鰐線は1952年に開通し、弘前市中心商店街と大鰐町を結び、通学通院など「地域の足」として重要な公共交通の一つとして運行されてきましたが、近年は利用者の大幅な減少により大変厳しい状況に置かれ、交通事業者や地域住民、行政などが一体となって利用促進に取り組むものの、なかなか改善には結びついていません。そんな中、2019 年4 月14 日に脱線事故が発生しました。原因はカーブ途中にあるレール下の枕木が老朽化し、枕木を留めるための犬釘が複数箇所で数ミリ浮き上がっていたことでした。
この事故で、私たちは改めて大鰐線の地域における価値の重要性を感じました。「このまま、なくなってしまったらどうしよう!」そのような危機感から「大鰐線のある未来」を考え、自分たち自身が「大鰐線で遊び」ながら地域の活性化に結びつけることができないかと立ち上がったのが弘南鉄道大鰐線アソビプロジェクトです。

  •  全て表示する≫
  • プロジェクトの相談をする