Noimage3 51ac4e79b218ade1f53471396ef4005caa4aebff4d94f4f817e2299cbe0fee7f

Readyfor Sponsor

ako さん

プロジェクト支援仲間
Picture?type=large Picture?type=large Picture?type=large Picture?type=large Picture?type=large Picture?type=large Picture?type=large Noimage3 51ac4e79b218ade1f53471396ef4005caa4aebff4d94f4f817e2299cbe0fee7f Picture?type=large Picture?type=large
支援プロジェクトのギャラリー
Content e28c18f6ffcfe0b04ad4ad660cb4cc2c0bdfb8b4 Content 47304e80f1c53ca2294e665f43b52b4e9c53b7f3
Content cdc987abd0fb9a11030aadb599022c835832ffb7 Content dcdfd41cb6e96e78736deb5f5add6f6311da8e80
Content b3a8fd22b24a14b484a0f9a91fa0a4df646b8d62 Content c0a5727b546cca1a106d8554f8cf6300fb881564
支援プロジェクト一覧
3件のプロジェクト
782bf6982a6ca9e700960b0b3ff4ab737d721b5f
年間延べ3,000人の学生を課題のある地域に送ります!! はじめまして、河合信哉と申します。現在、埼玉大学の理学部で学生をしながら、NPO法人Youth for 3.11(http://youthfor311.com/)にて代表理事を務めています。東日本大震災の発生当日に設立したYouth for 3.11は、震災から3年が経過した現在でも、被災地の人手不足を解消するために、学生ボランティアの派遣を行っています。 2011年7月。Youth for 3.11のボランティアを通じて、僕は初めて被災地を訪れました。活動場所は、もともと漁港町であったと言う気仙沼。しかしその光景は、同じく漁師町で、僕の故郷でもある静岡県焼津市と重なって見えました。「あす東海地震が来るかもしれない」。幼い頃からそう言われて育った僕にとって、気仙沼の光景は初めて見るようにはとうてい思えず、東北という地の課題が他人事に感じられなくなったのです。それ以来、「一よそ者の僕に何ができるのか...
Af074ac47dc1ce44e6de348de469078fa7fc248a
2011年3月11日から今まで、延べ17,000人以上の学生を派遣!!このボランティアの根を絶やしたくない! はじめまして、永田和奈と申します。現在お茶の水女子大学文教育学部の3年生で、4月よりNPO法人Youth for 3.11の代表を務めます。 私たちの団体では、東日本大震災で被害を受けた地域に学生ボランティアの派遣を行い、2011年3月11日から今日まで、延べ17,000人以上の学生を派遣してきました。 前回2014年9月にもREADY FOR?にて学生を派遣する交通費を集めるプロジェクトを実施し、無事達成することができました。この場を借りて御礼申し上げます。 そして今後も継続してボランティア派遣を行うため、今回は金銭面で余裕のない高校生に焦点をあて、100人分の現地までの交通費を集めるプロジェクトを始めさせていただきました。 「力になりたい」と思っている学生は、多くいた。それならば、それを支援する仕組みを作ろう。 ーYouth×遠野まご...
919fdf9f09b80602399d2026d397ecfa4b763b66
東日本大震災で救えた命があったこと、動物も人も同じ命を持った大切な家族だということを伝えるため、全国で展示会を開催したい 2011年3月11日、地震の直後、雪が降りました。夜になって雪は止み、雲が去った後の空には、見たことがないくらいたくさんの星がひしめき輝いていたそうです。津波にのまれ、寒さに凍えた地上から上空へ、多くの命が吸い込まれて逝きました。あの夜、余震に怯え空を仰いだ瞳たちには、同じ星空が映っていました。 こんにちは。「震災で消えた小さな命展」代表のうさです。「震災で消えた小さな命展」では、東日本大震災で犠牲になった動物たちの絵を展示しています。同展の主旨に賛同した国内外の作家たちが、亡くなった動物たちを絵にします。絵は国内外での巡回展終了後、飼い主さんにプレゼントしています。 「動物も人間と同じ命、大切な家族」ということを伝えるため、1年間に渡り日本、海外で展示会を開催します。そのための運営費用として、どうかみなさまのご支援をいただけない...