READYFOR
クラウドファンディングとははじめる
ログインログイン・登録
タカマノブオ (高間信夫) ※立体間取り作家&茶蔵庵房オーナー

タカマノブオ:立体間取りアーティスト。神の手ニッポン展Ⅱ認定作家。
小学校の授業で製作した「箱庭」の世界に魅了され、身の回りにあった材料でペーパークラフトハウスを作り始める。1988年頃から余暇を利用して本格的に住宅模型の創作活動を開始。以後、独学で製作技法を考案し、屋根脱着式の間取り併用住宅模型を製作しながら、限りなく本物に近い表現技法を追求。2003年、サザエさんの「磯野家」の製作をキッカケに、アニメや映画、TVドラマなどに登場する主人公たちの住まいの研究を開始。数々のワンシーンをつなぎ合わせ、その間取りを「推理・想像・観察」しながら作品を製作している。
2015年、すべての作品を常設展示する私設ミュージアム&カフェ・茶蔵庵房(さくらんぼう)を、福井県坂井市にオープン。県内外から多くのファンが訪れている。

  •  全て表示する≫