READYFOR
クラウドファンディングとははじめる
ログインログイン・登録
横山 勝則

1956年(昭和31年)北海道の池田町で農家の長男として生まれました。
(ドリカムの吉田さんのおうちの場所だけ知ってます。あちらは私のこと知りません・・・・)
北海道の農業は機械農業で中学生の時から大きなトラクターを運転して手伝いをしていました。高校卒業後は家の跡取りをするつもりでいましたが卒業半年前に大きな衝撃を受けることになります。お米の減反は理解していましたが(当時はおいしいお米はとれなかったんです)あづきも減反で生産できないというのです。十勝地方で生産できない事に強く憤慨して父に家を継がない事を伝え、合わせて大学で環境の勉強をさせてほしいとお願いし北海道を離れることになりました。大学卒業後、母の強い反対で北海道での農業をあきらめました。その後奥さんのお花畑のお手伝いで乳酸菌液を作ったり農薬を使わない栽培をしていました。しかし心の中では大きな青空のもと今も北の大地にいるんです。

  •  全て表示する≫