READYFOR
クラウドファンディングとははじめる
ログインログイン・登録
戸田 英清

珈琲店を運営するに至った経緯は、2015年にシェアカフェに参画した時でした。そこで週に2回ほど、カフェのまね事をしました。当時はもちろん真剣でしたが、上手くはいきませんでしたた。その時に常連さんが、コーヒーにとても精通されてて、最初は私の微妙な珈琲を飲んでくださっていました。その方に美味しい珈琲を提供したいとの想いは強くなり、一生懸命淹れることで上達したのです。ただ、経営的には失敗でしたので、1年半後に辞めました。
それと同じ頃、私の地元下灘駅に観光客が増えてきているのを知り、
あの場所で、自身の淹れた珈琲を飲んでもらえたら、観光客にも喜んでもらえるかもと感じました。2017年に「下灘珈琲」をオープンさせる運びとなりました。また2019年には、大三島(しまなみ海道)にも「しまなみコーヒー」をオープンさせました。高台のとても気持ちよい場所です。空間を創造する事が、私の使命だと感じております。

  •  全て表示する≫