READYFOR
クラウドファンディングとははじめる
ログインログイン・登録
サケガワライフ 鮭川村地域おこし協力隊 角田歩

私は、地域問題に直面する地方の現状に関心をもち、20年近く勤務した陸上自衛隊を一念発起で退職し、地域おこし協力隊に志願しました。
そして、鮭川村に移住して2年。廃業した観光施設の再生、消滅した地域の夏祭りの復活等に携わり、
それらの活動の中で、「村が好きで、村で何かをしたい(挑戦したい)」という若い人が多いことに気づきました。しかし、すでに「集まる場」「話せる場」などの仲間を作る「場」というものは失われ、彼らのコミュニティが縮小していく現状を実感しています。また、祭りなどの多世代が共通の何かに取り組む場も次々と無くなり、「平成は分断の時代」と言いますが地方では相当深刻であると思います。
大企業を誘致したり、地域の収入が上がれば、若者は勝手に残るだろうという考え方がまだまだ主流ですが、本当に必要なものは何かを考えながら、公益性と収益性を両立できる事業を今年は形にしていきたいと思います。

  •  全て表示する≫