東京都のクラウドファンディングを活用した資金調達支援制度について(申請方法のご案内)

日頃より、Readyforをご利用いただき誠にありがとうございます。


Readyforは東京都のクラウドファンディング(CF)を活用した資金調達支援の取扱業者に選定されました。
手数料の2分の1が補助されるため、Readyforのキュレーターによるコンサルティングサービスをお得に活用して挑戦することが出来ます。クラウドファンディングをお考えの方、ぜひご活用ください。
 

【制度概要】

支援対象者・支援対象事業の確認は以下、東京都のクラウドファンディングを活用した資金調達支援に関する公式HPをご参照下さい。
http://crowdfunding-tokyo.com
 

【申請から受給までの流れ】

①資料のダウンロードと必要提出資料のご準備
以下URLから申請用書類をダウンロードし内容を確認の上、事前に必要提出資料をご用意下さい。
・申請資料ダウンロードURL
 

②「プロジェクトの書類審査通過」と「電話打ち合わせの実施」
サイト上からプロジェクトを申請頂き、書類審査とキュレーターとの電話打ち合わせを実施致します。通過しますと、「プロジェクトID」と「補助金申請フォーム」が記載された通過通知メールが送られます。

 

③補助金申請フォーム入力と確認面談日程の調整

「補助金申請フォーム」に、ご連絡先やプロジェクトID、事前にご記入頂いた申請書や提出資料のデータ(word・PDF形式)をアップロードして提出して頂きます。

注意1)申請書等は最終的に押印済みの原本を弊社にお送り頂く必要がありますが、資料の準備状況の事前確認としてフォームより一度提出頂きます。
注意2)本人確認書類や納税証明書などご提出いただく申請書に応じて必要資料は異なります。

また、東京都への申請に先立ち、弊社オフィスにお越し頂き、「暴力団等反社会的勢でないことに関する表明・確約書」および「重要事項確認書」の読み合わせを実施して頂く必要があります。「補助金申請フォーム」内の面談日程調整システムを利用し、希望する面談日程を選択してください。
(地理的な問題などによりテレビ電話での面談をご希望の方はご相談下さい。テレビ電話での面談の場合、日程確定後、一両日中に「テレビ電話用のURL」をメールにて発行しますので、必ずご確認下さい。)

 

④Readyfor事務局への申請書等原本の送付(面談時の持参)

オフィスにお越し頂いた際に、記入・押印済みの申請書の原本、その他提出書類をご提出ください。(テレビ電話面談の場合には、以下の住所・宛先にお送り下さい)
―――――――――――――――――――――――――
住所:東京都文京区本郷5-33-10 IKB本郷ビル3階
宛先:東京都クラウドファンディング補助金事務局担当
―――――――――――――――――――――――――
 

⑤Readyforが東京都へ申請を実施

各確認書及び申請書をReadyforが東京都に提出し補助金の申請を行います。最短2〜3営業日で結果をお知らせします。
注意)申請の量によってはそれ以上の日数がかかる場合があります。
 

⑥結果通知

結果はReadyfor補助金担当事務局から担当キュレーターを含めてメールにてお伝えします。
注意)本事業の支援対象者となるという結果通知であり、目標調達額が達成できない場合や補助金予算の上限を超えている場合等、補助金が受給できないことがあります。
 

⑦公開⇒目標金額達成

結果が出たら、支援募集を開始し、達成に向けてキュレーターと共に頑張りましょう!
注意1)目標金額を達成した場合のみ、補助金が受給できます。
注意2)原則として結果が出る前にプロジェクトの公開を行うことはできませんので、早めの資料提出をお願いします。

 

⑧受給

受給タイミングは四半期ごとです。指定された実行者の銀行口座宛てにReadyforから振り込まれます。
注意1)振込日程が確定した段階で振込明細書をメールにてお送り致します。
注意2)振込手数料はReadyforが負担致します。
 

【Readyforのサービスについて】

Readyforは世界的にも類を見ない「完全マンツーマンコンサルティング提供型」のクラウドファンディングサービスです。
ページ作成やリターン設計のアドバイスはもちろん、徹底的なヒアリングに基づく広報戦略立案と目標金額設定、募集中のデータ分析など、クラウドファンディングのプロフェッショナルである「キュレーター」が達成に向けて実行者の皆さんと共に最後まで伴走します。
なお、手数料には決済・システム手数料に加え、当該様々なコンサルティング提供料の全てを含みます。