自社製品を国内外へ流通させて皆様の健康に寄与したい!!

自社製品を国内外へ流通させて皆様の健康に寄与したい!!
目標金額を達成した場合のみ、実行者は集まった支援金を受け取ることができます(All-or-Nothing方式)。支援募集は4月20日(土)午後11:00までです。

支援総額

0

目標金額 150,000円

0%
支援者
0人
残り
7日

最初の支援者になりませんか?

目標金額を達成した場合のみ、実行者は集まった支援金を受け取ることができます(All-or-Nothing方式)。支援募集は4月20日(土)午後11:00までです。

    https://readyfor.jp/projects/138292?sns_share_token=
    専用URLを使うと、あなたのシェアによってこのプロジェクトに何人訪れているかを確認できます
  • Facebook
  • X
  • LINE
  • note

プロジェクト本文

▼自己紹介

 

1973年の設立以来、日健協サービスは、体内フローラのバランスに役立つ「生きてる酵母」を主軸として、健康食品を販売してまいりました。2008年には、強酸にも負けず酵母を生きたまま摂取することを可能にした、門外不出の独自製法「バイタルコーティング製法®」を確立し、多くの方にご愛顧いただいております。そして、2015年―製品の開発を始めてから100年を迎えることができました。日健協サービスはこれからも健康な体の基礎づくりに「生きてる酵母」をはじめとする当社製品を一人でも多くのお客様へお届けできるよう、よりいっそう邁進してまいります。

 

 

 

▼プロジェクトを立ち上げたきっかけ

 

日健協サービスでは、企業理念として「腸内環境整備を基本コンセプトとし、天然、自然の原料を時代に対応した安心、安全な健康食品の開発製造を通し、皆様の健康をサポート」を掲げております。現在、睡眠に悩む多くの方が眠れない、起床時にしっかり寝た気がしないと感じる、眠れないことから疲れが取れない等、様々な悩みを抱えています。そんなお悩みを薬ではなくサプリメントでサポートできればという思いから”ぐっすりタイム”を開発することに致しました。

 

 

 

▼プロジェクトの内容

 

 

多くの人が「眠りたくても眠れない」「夜中に目が覚めてしまう」などの経験をしたことがあると思います。厚生労働省のeーヘルスネットでも紹介されていますが、一般成人の30~40%は何らかの不眠症状があり女性に多いことも知られています。原因は多岐にわたりますが、加齢とともに症状は増加し60歳以上の半数は不眠症状を感じています。私たちの自然な眠りを促し睡眠の調整にとても重要なホルモン「メラトニン」は、加齢と共に大きく減少していきます。実はこの「メラトニン」と深いかかわりを持ち、睡眠の質を向上させるのに役立つと言われ、近年注目されているのが「ラフマ」です。「ラフマ」は健康に役立つ自然由来の植物として古くから生活に取り入れられています。「ラフマ」に含まれるヒペロシドとイソクエルシトリンという成分は、睡眠・覚醒リズムを調整する作用をもつ「セロトニン」と、睡眠調整を行うために必要な「メラトニン」に深く関わっているのです。(機能性表示食品の届出書記載の考察を基にしています)

 

 

日健協サービスは企業設立から半世紀もの間、腸内環境整備をコンセプトとして酵母の研究を進めてきました。「生きてる酵母」を腸まで届けることは、腸内環境をサポートすることにつながります。「腸」の状態が「脳」に、反対に「脳」の状態が「腸」に影響するという考え方は「腸脳相関(ちょうのうそうかん)」と呼ばれています。日健協サービスはこの考え方に着目し、「生きてる酵母」と「ラフマ」を研究しながら、2年の歳月をかけて【ぐっすりタイム】の製品化が実現しました。

 

【届出表示】本品にはラフマ由来ヒペロシド、ラフマ由来イソクエルシトリンが含まれます。ラフマ由来ヒペロシド、ラフマ由来イソクエルシトリンには睡眠の質(眠りの深さ・起床時の睡眠に対する満足感)の向上に役立つことが報告されています。(届出番号1584)※食生活は、主食、主菜、副菜を基本に食事のバランスを。※本品は、特定保健用食品と異なり消費者庁長官による個別審査を受けたものではありません。※本品は、疾病の診断、治療、予防を目的としたものではありません。

 

 

 

▼プロジェクトの展望・ビジョン

自社製品を国内外へ流通させて皆様の健康に寄与したい!!

頂いた寄付金は、ぐっすりタイムを広めていく為のプロモーション費用に充てさせていただきます。

プロジェクト実行責任者:
兼杉 範夫(株式会社日健協サービス)
プロジェクト実施完了日:
2024年5月1日

プロジェクト概要と集めた資金の使途

集まった資金は、営業施策などのプロモーション費として使用致します。必要金額と目標金額の差額は自己資金にて負担いたします

リスク&チャレンジ

プロジェクトを実施する上でのリスクについて
多くの方々に知っていただけるよう様々な企画を進行しております。
プロジェクトに必要な金額と目標金額の差額について
必要金額と目標金額差額は自己負担で対応します

あなたのシェアでプロジェクトをさらに応援しよう!

    https://readyfor.jp/projects/138292?sns_share_token=
    専用URLを使うと、あなたのシェアによってこのプロジェクトに何人訪れているかを確認できます
  • Facebook
  • X
  • LINE
  • note

プロフィール

あなたのシェアでプロジェクトをさらに応援しよう!

    https://readyfor.jp/projects/138292?sns_share_token=
    専用URLを使うと、あなたのシェアによってこのプロジェクトに何人訪れているかを確認できます
  • Facebook
  • X
  • LINE
  • note

プロフィール

あなたにおすすめのプロジェクト

注目のプロジェクト

もっと見る

新着のプロジェクト

もっと見る