READYFOR
クラウドファンディングとははじめるさがす
寄附型
成立

3.11を忘れない。気仙沼市の新しいシンボル「祈りの帆」の建立へ

3.11を忘れない。気仙沼市の新しいシンボル「祈りの帆」の建立へ

寄附総額

29,820,000

目標金額 20,000,000円

寄附者
985人
募集終了日
2019年4月28日
プロジェクトは成立しました!
58お気に入り登録58人がお気に入りしています

58お気に入り登録58人がお気に入りしています
2019年02月02日 08:56

みなと気仙沼大使からの応援メッセージを紹介します!②

 昨日に続き、「みなと気仙沼大使」から寄せられた応援メッセージをご紹介します。

※掲載順は到着順

 


 

マギー審司 様

 

東日本大地震で大切な命や思い出をたくさん失いました。


過去を忘れず、新たな気仙沼の未来に向けてこれからも皆さんと一緒に頑張り続けたいと思います。


大好きな気仙沼の復興を心から願っています。
(マジシャン)

 


 

花柳 寿々菊 様
 

 

多くの友人、親戚、お弟子さんに亡くなられ、家やその他全て流されてしまい、こんな事が二度と起こりませんよう、復興祈念公園が心のよりどころとして、祈ることの大切さ、感謝できる場所になる事に深く感謝いたします。


微力ながら私も、貧者の一灯を捧げ皆様にお声掛けさせて頂きたく思います。よろしくお願いいたします。ありがとうございます。


(日本舞踊家)

 


 

鍵盤奏者HAYATO 様
 

 

数年前にあれだけの甚大な被害があった東北のことを、関東のテレビで目にすることはだいぶ少なくなってしまいました。ボランティア活動を行う私たちにとって、復興支援という追い風から、風化という逆風に変化していることを痛感せざるを得ない日々です。

 

「伝える」ということ、そして「伝え続ける」ということ。

 

その大切さと、難しさを感じています。いつ訪れるかわからない次の災害に備え、子供達の未来を守っていくためにも、復興祈念公園が永遠に伝え続けることの後押しとなり、一人でも多くの命が救われることを祈っています。

 

(ミュージシャン)

 


 

谷口 博昭 様
 

 

復興祈念公園整備により、先達が守り築いて来られた気仙沼市の自然・風土、歴史・文化、産業・営み等アイデンティティを活かし、明るい未来を切り開けることを祈念し応援します。Go together!
 


 

日髙 良実 様

 

震災直後、TV画面に映し出された火に包まれる気仙沼の映像を目にした時は唖然としました。

 

その後何度か気仙沼を訪れ、少しずつ復興に向けて頑張っていらっしゃる方々からは逆に力を与えてもらいました。

 

今回、犠牲となられた方々への追悼と鎮魂の場、そして未来永劫の安寧を祈る場所「復興祈念公園」にシンボルとしてのモニュメントを創られるとの事。

 

また、多くの方々の思いが形になる事に心より応援しております。

 

(株式会社AP TOMATO 代表取締役/リストランテ アクアパッツァ オーナーシェフ)

 


 

大西 隆 様

 

私の大学のある豊橋も、南海トラフ地震による被害の心配があります。気仙沼をはじめとする東日本大震災被災地の復興への取組を参考にしながら、事前の対策を進めること大事です。「祈りのセイル」は災害からの復興や備えのシンボルになるでしょう。

 

(豊橋技術科学大学 学長)
 


 

大城 バネサ 様
 

 

東北の復興支援歌として、2013年6月に「三陸海岸(女漁師)」を発売いたしました。以来、全国での公演をはじめ地元で毎年8月開催されますサンマ漁の「出船送り」や仮設住宅の慰問など、歌を通して東北の復興を願い、応援させて頂いております。


この度、復興祈念公園の整備計画が進められますことに、心より感謝申し上げます。完成いたしましたら、市民の皆さんと一緒に追悼コンサートが開催出来ましたらと夢見ています。皆さん応援よろしくお願い致します。

 

(歌手)

 


 

森 勝義 様
 

 

気仙沼の人々は、古来より海からの諸々の恵みを享受しながら生活してきたが、その間、幾度となく悲惨な津波被害を経験してきた。災害は忘れた頃にやって来る。したがって、日常的な防災対策こそ大切。そのためには海の優しさばかりでなく、厳しさについても学び続けなければならない。その学びの大切さを日常的に再認識し合う場としてこの公園の整備はきわめて意義深い。

 

(東北大学 名誉教授)
 


 

村上 亜希子 ※写真なし
 

復興祈念公園が、気仙沼市民の…そして、ここを訪れる皆さんにとって、安らぎの場となりますように。

 

未来への希望を抱ける場となりますように。

 

(フリーアナウンサー)

 


 

髙橋 敏之 ※写真なし

生まれ育ったわがまちは、震災を機に大変貌を遂げています。これまでの復興ぶりは、帰省した折に街の変化を見てきました。その変化は著しく一歩ずつ一歩ずつ前進しています。失ったものは大きく元には戻りませんが、街も人も少しずつ活気を取り戻してきているように感じます。これから先の心の支えとなる「新しいシンボル」が完成し、復興のひかりは随所まで行き渡り、魅力ある街づくりが進められるかと存じます。

 

この心の支柱を中心に「気仙沼」が益々飛躍できますよう心よりお祈り申し上げます。

 

(学校法人服部学園服部栄養専門学校 日本料理教授)
 

一覧に戻る

ギフト

3,000

3.11を忘れない。祈りの帆建立へ | お礼のお手紙コース

■お礼のお手紙

寄附者
86人
在庫数
制限なし
発送予定
2019年8月

10,000

3.11を忘れない。祈りの帆建立へ | お名前の刻銘コース

■お礼のお手紙
■寄附者銘板への刻銘

寄附者
680人
在庫数
制限なし
発送予定
2019年8月

30,000

3.11を忘れない。祈りの帆建立へ | お名前の刻銘コース

■お礼のお手紙
■寄附者銘板への刻銘

寄附者
105人
在庫数
制限なし
発送予定
2019年8月

50,000

3.11を忘れない。祈りの帆建立へ | お名前の刻銘コース

■お礼のお手紙
■寄附者銘板への刻銘

寄附者
59人
在庫数
制限なし
発送予定
2019年8月

100,000

3.11を忘れない。祈りの帆建立へ | お名前の刻銘コース

■お礼のお手紙
■寄附者銘板への刻銘

寄附者
38人
在庫数
制限なし
発送予定
2019年8月

300,000

3.11を忘れない。祈りの帆建立へ | お名前の刻銘コース

■お礼のお手紙
■寄附者銘板への刻銘

寄附者
12人
在庫数
制限なし
発送予定
2019年8月

500,000

3.11を忘れない。祈りの帆建立へ | お名前の刻銘コース

■お礼のお手紙
■寄附者銘板への刻銘

寄附者
7人
在庫数
制限なし
発送予定
2019年8月

1,000,000

3.11を忘れない。祈りの帆建立へ | お名前の刻銘コース

■お礼のお手紙
■寄附者銘板への刻銘

寄附者
5人
在庫数
制限なし
発送予定
2019年8月

プロジェクトの相談をする