安倍未玖子
理科教育、天文教育の普及に役立ててください。
2020年からタブレット教育がスタートしますがタブレットに対応した天体望遠鏡はこれだけです。
今までにない新しい発想だと思います。ぜひ頑張って下さい!
山下リール(TOCOL事務局 スマホ・タブレット天体望遠鏡開発チーム)
まつもとコーポレーション
倉敷市真備町の子ども達に贈ってください。
子ども達が元気に過ごせますよう心からお祈り申し上げております。
山下リール(TOCOL事務局 スマホ・タブレット天体望遠鏡開発チーム)
ノン
ノン さん
子供達にお年玉!
ユニバーサルデザインの天体望遠鏡を今まで知りませんでした。以前に同じような大きさの組立式天体望遠鏡を購入しましたが、子供達が覗くのに目に刺さるような形態になっていて、親としてとても心配になります。子供もハッキリ見えているのかわかりません。→たぶんピントが合わせられていないでしょう。
親がピントが合っている状態を確認でき、一緒に観察できたら会話が弾むと思います。
ユニバーサルデザイン天体望遠鏡を普及させてください。(リケジョ母)
山下リール(TOCOL事務局 スマホ・タブレット天体望遠鏡開発チーム)
テン
テン さん
口径が大きければ良いという業界の常識を越えた天体望遠鏡だと思います。天体望遠鏡を買ってガッカリする子供達があまりにも多いのが現状です。子供達の天文離れを引き起こしている原因に、作る側の問題もあるのですが、私たちオジサン天文ファンが、単に口径が大きければ良く見えるなどと言ってしまう事にも問題があると思っています。口径だけを大きくした粗悪品が増えている原因にもなっています。高倍率だけを問題にした時と同じように、望遠鏡の性能は大口径が良いとうたうのは大人の責任としてやめて欲しいと思います。(天文関連出版物にも記載が多い。口径よりもレンズ精度と設計が重要。)
実写動画を見ると、今までの小口径とは思えない程の性能です。常識にとらわれず子供達の事を考えた使いやすい天体望遠鏡を届けて下さい。→中川昇先生の投稿がとても参考になります(https://www.astroarts.co.jp/hoshinavi/magazine/shokunin/014/index-j.shtml)
山下リール(TOCOL事務局 スマホ・タブレット天体望遠鏡開発チーム)
トウホクサンショウウオ
新たな目標で過疎地域への対応をされたことを聞き、応援させていただきます。
息子が月面観光地図が欲しいとのことで応援メッセージWebサイトに書き込みました。
親としても故郷に何かできることがあればと思い、出身の学校をリクエストしました。
故郷の子供達が自然や宇宙の美しさに感動できますように!
山下リール(TOCOL事務局 スマホ・タブレット天体望遠鏡開発チーム)
y.kozakai
y.kozakai さん
他に1個のプロジェクトを支援中!
わくわくします。多くの子にこれに触れてほしいです。
山下リール(TOCOL事務局 スマホ・タブレット天体望遠鏡開発チーム)
返信投稿を削除しますか?