私たちは毎週木曜日に都内でミーティングをしています。





そのミーティングには、静岡県に住む現地メンバーもSkypeを利用して参加しています。


静岡メンバーは色んな立場の地元の人たちとの思いを聞いたり、
気球をあげるための様々な調整を担ってくれています。

この役割は東京のメンバーにはできない
旅作りや町作りにおいて最も重要な役割の1つです。

自分達のやろうとしていることが、現地の人に受け入れられているか、望まれているか…
こうした活動をしている人ならふと立ち止まる瞬間があると思います。


出来る限りみんなが望まれる「三保の松原」にしよう。
その「みんな」には、地元の人たちが不可欠です。

ついに、開催まであと5日。


みんながわくわくする「三保の松原」に一緒に会いに行きませんか。

新着情報一覧へ