ご支援ありがとうございます。

 

私たちの子ども向け日本語教室の様子をお届けします。

いつも子どもたちと一緒に勉強していると、文字やことばの練習だけでは飽きがでてしまいます。

そういったとき、絵本を読み聞かせたり、子どもたちに呼んでもらうことで、物語を楽しみながら日本語に触れることができます・

 

上手に読めるかな?

 

こうした物語に触れると、これまで学んできた単語や文字が「生きたことば」として動き出します。

このように「ことばの豊かさ」に触れることで、内面をも豊かに育んでほしいものです。

それだけではなく、自己表現をしていくことも重要です。

ことばを使わなくても、子どもたちに内面をアートを通して表現し、自分らしさを自分自身で認められるようになってほしいなあと思っています。

 

 

新着情報一覧へ