READYFOR
クラウドファンディングとははじめる
さがす
ログインログイン・登録
大堀相馬焼 陶吉郎窯 近藤学 近藤賢

近藤家陶業の始祖である一代目近藤平吉(1736~1818)は、江戸旗本近藤登之助の六男として生を受け、京焼楽焼を修行し江戸で楽焼師として創業。安永六年(1777)会津藩より磁器焼師範として召し抱えられる。その後、三春藩に移り、十数人の弟子を養成し、多大な功績を残した。二代目近藤陶吉郎(1789~1857)は、三春で父平吉と楽焼の優品を焼いていたが、平吉の死後、文政二年(1819)相馬藩に大堀瀬戸方として召し抱えられ大堀の地に根を下ろす。
大堀相馬焼は、元禄三年(1690)の創業以来日用粗陶器をつくっていたが、京焼楽焼の名工、近藤陶吉郎を召し抱えてから、制品の改良と多様化がはかられ、多くの優秀な陶工も養成された。近藤陶吉郎は大堀相馬焼中興の功労者である。
近藤学
1954年生まれ、大学卒業後家業の陶吉郎窯に従事
近藤賢
1980年生まれ、美大大学院終了後益子焼で修行を経て陶吉郎窯に従事

  •  全て表示する≫