goodluck
goodluck さん
頑張ってください!
Toshi
Toshi さん
他に3個のプロジェクトを支援中!
頑張ってください!
Miho
Miho さん
皆様にとって素晴らしいサマースクールになることを願っています!
Toshiya.T
Toshiya.T さん
頑張ってください!
mhkkjt
mhkkjt さん
素晴らしい試みですね!まささん、やまちゃん、頑張ってください!!!
hanaoka.m
hanaoka.m さん
日・英両国の大ファンとして皆様のご活躍を祈念しております。
久米隼人
この奨学金で世界を知る若き高校生の方に対してはもちろん、日本と英国の友好関係を発展させ、また世界に飛び立つ日本の若者を応援するため、このイベントを主催し、尽力されているロンドンの仲間のみなさんにも、心からのエールをお送りします!今年も成功をお祈りしています!(遅くなってすいません!)
Daisuke Fuchita
大変素晴らしい取り組みだと思いますので末永く続くよう応援します。
yo_uchishiba
大沼先生、少額ですが、陰ながら活動を応援させて頂きます。 
内柴洋一郎
runrun
runrun さん
頑張ってください!
Ran
Ran さん
頑張ってください!
NMatsuyama
NMatsuyama さん
頑張ってください!
波田 真優
今年も高校生にとって素晴らしい10日間になりますように。成功をお祈りしております!
今井 開斗
2年間お世話になって、このプログラムが今の自分に導いてくれました。
少しでも恩返し、力になるよう、この機会に寄付させていただきます。
応援しています。充実するプログラムになるようお祈りしています。
浅野 晃彦
University College Londonは、約150年前、英国でもっとも早く日本人留学生を受け入れた大学として知られています。今も世界中から留学生、研究生を受け入れ、多くの研究成果に繋がっています。日本がものづくりを得意とし、様々な科学研究分野でもノーベル賞受賞者を輩出してきました。しかしながら、現在、そうした功績の裏には研究者たちの長年の地道な基礎研究の積み重ねもさることながら、若手研究者が海外に積極的に留学し、幅広い研究ネトワークを築いてきた成果であると言われています。翻ってみれば、そうした海外へ目を向けるマインドが今の若者たちの間でかなり失われてきているのが現状です。このことは将来、日本の科学立国としての立場を危うくするのは火を見るより明らかです。こうした現状を見るにつけ、日本の未来を担う若者たちが世界に目を向けるきっかけを作ることは、日本の教育に一番必要ではないかと感じます。そうした意味でもこのUCL Japan Youth Challengeは短期間のスクーリングにもかかわらず、著名な研究者たちの講義を提供できるという点でかなり密度の濃いプログラムではないでしょうか。これは、とりもなおさずこれまで海外で研究者として第一線で活躍されてきたUCLの大沼教授に負うところが大きい。彼はこれまでのキャリアで築いてきた自らのネットワークを、惜しげも無く日本の若者に提供しているのですから。これだけのプログラムは、日本の高校などが単独でアレンジできるものではありません。また、こうしたプログラムに積極的に参加する若者たちは、必ず日本の研究機関や企業にとって有望な人材になることは間違いありません。そうした意味でも、もっと日本の企業などにもこの事業を広く知っていただき、将来的には全国的なスポンサーシップ・カンファレンスのようなものが立ち上がってくれることを願ってやみません。
Sntosni
Sntosni さん
頑張って!
noriko ikeda
たくさんの若者が夢を持ち、そしてその夢が実現できるように心からのエールを送ります。
福岡修猷館高校を支援します。
TOSHIAKI
TOSHIAKI さん
この企画に賛同します。UCLでの貴重な経験を通じて世界を感じてください。そして今後の勉学に生かしてください。
katsu_suzu
katsu_suzu さん
頑張ってください!
Yoshi
Yoshi さん
失敗を恐れず新たな挑戦を積み重ねて頑張って下さい!
Yukari Ito
Yukari Ito さん
他に2個のプロジェクトを支援中!
テーマがソーシャルアントレプレナーシップであり、これを次世代である高校生がどうやって考えていくのかについて、とても関心があります。現地に見に行けるかどうかは調整中ですが、この活動を応援しています。
Hiroaki
Hiroaki さん
頑張ってください!
高田 健太郎
他に1個のプロジェクトを支援中!
頑張ってください!
返信投稿を削除しますか?