サマースクールが始まりました!

UCL-Japan Youth Challenge 2017が7月22日より始まりました! 日本と英国の高校生、70人超の参加のもと、立教英国学院、ケンブリッジ大学でのプログラムを終え、昨日よりUCLにて、講義やワークショップのプログラムが順調に進行中です。

 

本サマースクールの様子が、在英国際ジャーナリストの木村正人さんにより記事になりました! 記事にある兵庫県から参加の武谷誠太郎君は、本クラウドファンディングにより参加した奨学生の一人です!

 

ケンブリッジ大学では 2012年ノーベル生理学・医学賞を受賞したケンブリッジ大学のジョン・ガードン教授や、バイオロボット学の飯田史也博士、Astex Pharmaceuticalsを起業し、同社CEOを務めるハレン・ジョティ博士らを講師に迎え、高校生たちは最先端の研究に触れるとても刺激的な講義を受けることができました。

 

UCLでは、工学、物理学、経済学等の講義が企画されています。また、社会起業ワークショップでは、日英の高校生たちがグループワークを行い、起業プランを発表します。

 

日に日に成長し、たくましくなっていく高校生たちの今後の更なる活躍に期待です!

 

Facebookページでおすすめプロジェクトを毎日配信しています