とうとう残り4日となりました!



 



何かを成し遂げるには、迷い、立ち止まる時があります。 今回、そもそも何で、このような道に進んで来たのだろう?と考えました。 アートセラピー、いわば、マイナーな道です。



 



私の母は、特殊学級、今でいう特別支援学級の教師で、障がいを抱えた子ども達に、版画や陶芸などをよく教えていました。私もその子達と一緒に、小さい頃から制作をしていました。 子どもながらに、とても素晴らしい作品を制作するな、と感じていました。でも、中学を終え、就職となると、月何千円の工場だったり、人間の能力って何なんだろう?と悩みました。五体満足に生まれた自分を責める日々でした。



 



大人になって、いわゆる障がいを持っている方だけでなく、多くの人が幼少期の傷を抱えていることに気づきました。(自分を含めて) でも、心の傷って他人にはわかりにくいんですよね。 特に、大人になれば、どんな苛酷な成育歴を抱えていても、ただ気分のムラがある性格の悪い大人にみられてしまいます。



 



私自身、苛酷な虐待を受けた成育歴を持つ旦那さんと結婚して10年。今も精神障がいを抱えています。何度も心が折れ、人は幼少期の体験を克服することはできない、と思ったことも何度もありました。でも、人間の可能性、そして、人は苦しむ為ではなく、祝福される為に生まれてきた、という思いで気持ちを繋いできました。



 



そんな彼も、新しい人生を歩む息子と共に、人生を取り戻しています。



 



多くの子どもたちが、環境に制約されず、自由な人生を歩めますように。



心の自由を手に入れて、歩めますように。



 



 



皆さまの応援のおかげで、プロジェクト達成まで16万円となりました。 何としても達成できるよう頑張ります‼︎