READYFOR
クラウドファンディングとははじめるさがす
購入型
成立

ブラジル・サンパウロFCのU12を日本に迎えて交流したい

工藤 修一(NPO法人FCコラソン理事長)

工藤 修一(NPO法人FCコラソン理事長)

ブラジル・サンパウロFCのU12を日本に迎えて交流したい

支援総額

1,263,000

目標金額 1,000,000円

支援者
89人
残り
終了しました
プロジェクトは成立しました!
7お気に入り登録7人がお気に入りしています

終了報告を読む


7お気に入り登録7人がお気に入りしています

プロジェクト本文

 

日本とブラジルのこどもたちへ「新しいステージ」を提供したい。
記念大会「コパ コラソン インターナショナルU12」を開催したい。

 

はじめまして、今年で創設25年になる総合型地域スポーツクラブ、FCコラソンの理事長の工藤修一と申します。1995年からブラジルと交流があり、特にサンパウロFCというチームとは20年間、毎年、サンパウロ市で交流試合をさせていただいております。

 

コラソンとサンパウロの選手の親交は子どもたちの姿を見ているとよく伝わってきます。特にサッカーというコミュニケーションを伴うスポーツの時間を共有すれば、例え、それが言葉の通じない相手であろうと絆が生まれます。大人になった今でも彼らのことを忘れずにいる教え子もたくさんいます。

 

国境を超えた絆を構築できる場でもあり、一生忘れることのない思い出を作ることができる場でもあります。私は20年間その貴重なシーンを何度も見てきました。

 

そして今年、そのサンパウロFCが日本に来てくれることになったのですが、突然のご提案だったため、滞在時の様々な活動費、そして、記念大会「コパ コラソン インターナショナルU12」の開催の経費等に余裕がありません。そこで今回みなさまにご支援していただきたいと思い、プロジェクトを立ち上げました。どうかみなさまの温かいご支援をお願いできないでしょうか。

 

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd

 

私たちの思い。
コラソンはポルトガル語で「心」、「愛」です。

 

創設以来、コラソンに関わる「すべての家族がクラブ員」という視点にたち、サッカーを生涯スポーツとして広い世代に渡って楽しめる環境を整備していくということを目標に活動して参りました。生涯スポーツとしてのクラブ作り=家作り。それが私たちのビジョンです。

 

これからも愛あるクラブとして活動していきたいと思っています。そしてそのビジョンを軸に25年間、活動を続けてこれたのは、選手、親御さん、スタッフ、地域住民の皆様のおかげです。この場を借りて御礼申し上げます。感謝しきれないほど感謝しております。本当にありがとうございます。

 

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd
2002年、サンパウロの選手との別れに思わず涙するコラソンの選手。

 

世界に飛びだすきっかけを提供したい。

 

元ブラジル代表の10番、カカー選手は11歳の時に山形県・宮城県で開催されたサッカー大会にきました。彼はサンパウロFCの選手ではなく一般会員でしたが、その後、頭角を表し世界的なサッカー選手になりました。

 

彼がプロを意識したのは日本へ来た時に彼の素晴らしいプレーを褒め称えた日本の指導者が5,000円札をご褒美にあげたことだというエピソードがあり、そのお金を彼は今も大事にしているようです。


コラソンはカカー選手が来日した第1回の後の第6回大会から参加し、サンパウロFCとずっと親交を持っており、ブラジルキャンプでは交流試合でお世話になっています。そしてこれまで300人以上のクラブの子どもたち(主に中3)が渡航し、その経験がきっかけになり、今までJリーガーを5人出しています。

 

今回、FCコラソン創設25周年記念事業として日本とブラジルの子どもたちに世界へ飛び出すきっかけになるような刺激的な時間を共有してほしいと思っています。

 

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd
毎年、FCコラソンはサンパウロFCを訪問して交流試合をさせていただいています。(今年8月)

 

ブラジルの子どもたちに日本の魅力を堪能してもらいたい。そして、記念大会「コパ コラソン インターナショナルU12」を開催したい。

 

今回のプロジェクトは皆様からのご支援でサンパウロFC滞在時の様々な活動費、そして、記念大会「コパ・コラソン インターナショナルU12」の開催の経費に充てさせていただきます。

 

【サンパウロFC】

・選手(11歳~12歳):18名

・スタッフ:3名

 

【FCコラソン】

・選手(11歳~12歳):31名

・スタッフ:8名

 

【スケジュール】

・10月8日(日)

相模原に到着したらコラソンの子どもたちの家族、スタッフと一緒にオリエンテーションを行います。そしてそれぞれのホストファミリーへ迎えられて各家庭へ向かいます。

 

・10月9日(月・祝)

アスレチック体験&ウェルカムパーティー

一緒にアスレチックなどで遊んで親交を深めます。その後、両チームの子どもたち、スタッフ、保護者なども一緒に参加してウェルカムパーティーやバーベキューを行ないます。

 

10日〜13日までの4日間と16日の昼間はコラソンの子どもたちは学校があるため、サンパウロFCの子どもたちとスタッフだけをお連れして観光などにでかけます。

 

・10月10日(火)

午前中はトレーニング、夜はキリンチャレンジカップ2017観戦(日本代表vsハイチ代表)日産スタジアムで開催されるのでコラソンの子どもたちと一緒に観戦します。 

 

・10月11日(水)

山梨県甲州市勝沼でぶどう狩り、日本の温泉の体験、夜は各家庭でゆっくり。

 

・10月12日(木)

日本の歴史の象徴の一つ、鎌倉の大仏様を見物。その後、新江ノ島水族館などを訪問します。夜はコラソンの平常練習に参加して一緒にサッカーのトレーニングを行います。

 

・10月13日(金)

午前中はトレーニング、午後は 午後は陶芸を体験。相模原市緑区藤野へ。手びねりなどの陶芸体験を行います。作品の出来上がりは2ヶ月後になりますので来年コラソンからその焼き物を持ってお届けに行きます。 

  

・10月14日(土)

横浜F・マリノス様のご好意により交流試合を企画していただきました。会場は日産小机フィールド。交流試合の後は隣の日産スタジアムでJ1リーグ横浜F・マリノスvs大宮アルディージャを観戦。 

  

・10月15日(日)

サンパウロFC来日・FCコラソン創設25周年記念大会

「コパ・コラソン インターナショナルU12  2017」開催(國學院大相模原グラウンド)

参加チーム:サンパウロFC、横浜F・マリノスプライマリー(横浜)、アロンドラFC(相模原市)、SCD(茅ヶ崎市)、塩釜FC(宮城県塩釜市)、東六SC(宮城県仙台市)、FCコラソンA,B

  

國學院大学様、NPO法人アクティブスポーツ様のご協力により國學院大学相模原グラウンドをお借りし、実施します。これまでコラソンがお世話になった中でも遠く宮城の塩釜FC、東六SCもこのために駆けつけてくれます。

 

・10月16日(月)

富士山、山中湖など日本の大自然を楽しむ1日。五合目までのバスツアー、水陸両用バスの体験など雄大な自然の中で1日を過ごしてもらいます。夜はサンパウロFC全員とコラソンスタッフ、ホストファミリー、コラソンの仲間たちが集合してお別れのパーティーを行ないます。コラソンは例年、中3にブラジルキャンプを行っていますので2020年には今度はブラジルで再会できることを誓ってしばしのお別れの時間を惜しむことになります。

 

・10月17日(火)

午前中に相模原で再度のお別れの会。その後、秋葉原、浅草、東京スカイツリーなど相模原などと違って大都会東京を満喫してもらい帰路につきます。

 

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd
2002年の来訪時の最後の集合写真。みな「心の兄弟」になりました。

 

何よりも子どもたち、そして関わった大人たちがよりブラジルやサッカーの素晴らしさに触れて欲しい。フットボールという言語を知って欲しい。

 

毎年行なっているブラジルキャンプでも同様に、日本語、ポルトガル語が理解できなくてもフットボールがあることでお互いが理解できることがたくさんあることに子どもたちは気付きます。

 

何よりフットボールのおかげでこうしてブラジルの人と繋がるご縁。我々が20年以上にわたって24回のブラジルキャンプを重ねて来たことを現地の友人たちは家族と呼べるまで深く理解してくれています。その思いを今度は我々が見せる、感じてもらえる時間にしていきたい。

 

しかし、双方の国を訪れる事は容易ではありません。この企画をさらに良いものにしていくにはみなさまのお力がどうしても必要不可欠なのです。
 

私の願い、コラソンの理念、そして私たちの眼は常に世界に向かっています。また、その名前の重みに恥じないよう心の通ったクラブ作りを目指します。どうぞよろしくお願いします。

 

費用詳細

 

・滞在費(スタッフ) 170,000円
・食費(スタッフ)昼食、夕食 100,000円
・食費(子ども)昼食 130,000円
・活動費 350,000円
・試合観戦費用 100,000円
・大会運営費 150,000円
・用具(ユニフォーム等) 350,000円

 

145万円のうちの100万円みなさまにご支援していただきたいと思っています。

 

スタッフ紹介について

 

理事長:工藤 修一

主務:工藤 美佐子

コーチ:大野 藍

コーチ:佐藤 学

コーチ:大槻 雄太

コーチ:足立原 和宏

コーチ:工藤 光俊

コーチ:原田 剛

 

リターンについて

 

今回の「サンパウロ・ウィーク2017」限定のオリジナルグッズをリターンとしてお送りします。今回だけの限定なのでサンパウロFCの来日、コラソンの25周年の両方を祝う記念の品となります。どれもコラソンらしいグッズだと思っていただけるような、手に取っていただいた時にきっと私たちの熱い思いを感じていただけるものをセレクトしました。

 

 

もっとみる

プロフィール
工藤 修一(NPO法人FCコラソン理事長)
工藤 修一(NPO法人FCコラソン理事長)
25年のサッカー指導、クラブ運営の経験から若年層の国際経験がサッカーだけでなく人材育成にも大切だと感じ積極的に国際交流を行なってきました。

リターン

3,000

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd

コラソンからのお礼状

・コラソンからのお礼状
・サンパウロ・ウィーク報告書(PDF)

支援者
28人
在庫数
制限なし
発送予定
2017年11月

10,000

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd

マグカップ&ボールペンセット

・コラソンからのお礼状
・サンパウロ・ウィーク報告書(PDF)
・サンパウロ・ウィークマグカップ
・サンパウロ・ウィークボールペン

支援者
33人
在庫数
67
発送予定
2017年11月

10,000

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd

サンパウロ・ウィーク応援コース

・コラソンからのお礼状
・サンパウロ・ウィーク報告書(PDF)
上記以外の支援金は今回の活動資金として大切に使用させていただきます。

支援者
15人
在庫数
制限なし
発送予定
2017年11月

30,000

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd

スウェットパーカーセット

・コラソンからのお礼状
・サンパウロ・ウィーク報告書(PDF)
・サンパウロ・ウィークマグカップ
・サンパウロ・ウィークボールペン
・サンパウロ・ウィークスウェットパーカー(グレー・サイズL)

支援者
14人
在庫数
35
発送予定
2017年11月

30,000

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd

サンパウロ・ウィーク応援コース

・コラソンからのお礼状
・サンパウロ・ウィーク報告書(PDF)
上記以外の支援金は今回の活動資金として大切に使用させていただきます。

支援者
1人
在庫数
制限なし
発送予定
2017年11月

100,000

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd

大会協賛「コパ コラソン インターナショナルU12 2017」

・ご協賛社のフラッグを製作し大会当日に掲示します。
(フルカラー:サイズ:120cmx180cm)
・プログラムにご協賛社名を掲載
※フラッグおよびプログラムの製作の都合上、9月30日までにご支援のお申し込みをお願いします。

支援者
0人
在庫数
20
発送予定
2017年10月

100,000

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd

サンパウロ・ウィーク応援コース

・コラソンからのお礼状
・サンパウロ・ウィーク報告書(PDF)
上記以外の支援金は今回の活動資金として大切に使用させていただきます。

支援者
2人
在庫数
制限なし
発送予定
2017年11月
プロフィール
工藤 修一(NPO法人FCコラソン理事長)
工藤 修一(NPO法人FCコラソン理事長)
25年のサッカー指導、クラブ運営の経験から若年層の国際経験がサッカーだけでなく人材育成にも大切だと感じ積極的に国際交流を行なってきました。

あなたにおすすめのプロジェクト

進路もやりたいこともじっくり相談。学生運営の塾を設立したい!

竹内壮志竹内壮志

#起業・スタートアップ

0%
現在
0円
支援者
0人
残り
17日

注目のプロジェクト

新着のプロジェクト

プロジェクトの相談をする