READYFOR
クラウドファンディングとははじめるさがす
購入型
成立

Happy Flower Project (HappyDream in雲雀ヶ原)

高橋 雅子

高橋 雅子

Happy Flower Project (HappyDream in雲雀ヶ原)
支援総額
1,026,000

目標 1,000,000円

支援者
105人
残り
終了しました
プロジェクトは成立しました!
6お気に入り登録6人がお気に入りしています

6お気に入り登録6人がお気に入りしています
2013年03月25日 18:11

悲しい現状

これは、2年前の写真ではありません。今年の3月11日に撮られたものです。

 

お蔭様で、100人の友達もあと9人(連名の方もいたので、実質あと3名)、

目標金額まで後10万余りとなりました。本当に有難うございます。

その中には、二度、三度とご支援頂く方もいて、

皆様ずっと気にして頂いているんだな、力強い仲間だなと、

本当に嬉しく思っています。

事務所にも足の踏み場がなくなるほどのお花が届けられています。

今日はその個性豊かなお花をアップしようかとも思いましたが、こうして

多くの方の目に触れる場所を提供して頂いているので、

明るい話題ばかりではなく、南相馬の現状を知って頂く場にしたいと考えました。

上の写真は南相馬小高地区の写真です。

小高は、2012年4月16日に警戒指定地域を解除されました。

が、、このような状態です。

原発10Km圏内の浪江町も4月1日より立ち入りが許可になります。

これは嬉しいニュースなのでしょうが、

このような状況で戻ってよいと言われても

住民の方は戸惑うばかりだと思います。

今も放射能を出し続けている福島第一原発3号機がありながら、

昔と同じ生活ができるわけがありません。

南相馬の子どもたちは、そんな不安と常に隣り合わせの生活をしているのです。

子どもは叱られる時、自分が悪いことをしたと自覚している時は、

素直に聞き入れます。

でも、身に覚えがない時は、反発するでしょう?

これは大人でもそうですね。理不尽な扱いが一番悲しく、悔しいはず。

今回のことは、まさにその理不尽な出来事です。

子どもたちはどんな悪いことをしましたか?

なぜ、友達と別れ、学校を転々とし、住み慣れた家を離れ、

外に出ることも制限されなくてはならないのか。

色々な情報で、こちらが戸惑う程の知識を口にします。

でも、本当に理解し受け入れているのでしょうか?

やむを得ず、受け入れるしか選択肢のない現状。

そんな子どもたちを見守る大人もつらい。

でも、あきらめではなく、未来に向かって前に進んで欲しい。

だから、私たちは微力ながら南相馬に通い続けています。

みんなの笑顔のために。ほんの少しでも楽しい時間を共有できればと。。。。

明後日の水曜日、準備の為に東京を出発します。

プロジェクトの達成を信じて。

次は現地からのアップになります。                       橋爪恭子

 

一覧に戻る

リターン

3,000

お礼状

支援者
69人
在庫数
制限なし

10,000

お礼状
当日の様子のポストカード
HP,FBにお名前記載

支援者
33人
在庫数
制限なし

30,000

お礼状
当日の様子のポストカード
HP,FBにお名前記載
オリジナル缶バッチ

支援者
3人
在庫数
制限なし

50,000

お礼状
当日の様子のポストカード
HP,FBにお名前記載
オリジナル缶バッチ
当NPOのHppy doll Projectの記録本(単価1200円)

支援者
1人
在庫数
制限なし

100,000

お礼状
当日の様子のポストカード
HP,FBにお名前記載
オリジナル缶バッチ
当NPOのHppy doll Projectの記録本(単価1200円)
南相馬の美味しい焼き鳥セット(1万円相当)

支援者
3人
在庫数
制限なし

プロジェクトの相談をする