プロジェクト概要

支援者の皆様および当プロジェクトページを御覧になった方へのご報告とお詫び

 

当プロジェクトページを御覧いただきまして誠にありがとうございます。

ご支援いただいた皆様、ならびに本プロジェクトをご覧頂きました皆様へご報告がございます。本プロジェクトは、当初の予定を実施することが難しくなったため、掲載を中止させていただく運びとなりました。

 

ベビーキャットレスキューでは、「飼い主のいない子猫を保護し、里親さんにつなげる活動を続けたい」と表し、7月より支援金の募集を行ってまいりました。第一目標である50万円をわずか5日でクリアし、ネクストチャレンジとして100万円を第二目標に掲げ、9月16日まで支援金の募集を行う予定となっておりました。しかしながら、プロジェクトの第一次目標金額を達成し、第二の目標達成を目指す間に、クラウドファンディングに関して団体内の理解不足があり、プロジェクトの実行計画に大きな支障が出ることが発覚いたしました。解決に向けての話し合いを繰り返し行いましたが次第にメンバー間で考え方や認識の相違が大きくなり、本来の目的に沿ってチーム一丸となってプロジェクトを実行することが難しくなってしまいました。従いまして、9月13日をもちまして当プロジェクトを中止いたしますことをここにご報告させていただきます。

 

既にご支援をいただきました皆様におかれましては、READYFOR株式会社より、お預かりしておりましたご支援金額を返金させていただきます。せっかくの暖かいご支援や応援を活動に生かすことができず、誠に申し訳ございません。またご支援者の方だけでなく、当プロジェクトをSNS等で拡散してくださった方々にも、ベビーキャットレスキューメンバー一同、心よりお詫び申し上げます。

 

なお、本件につきましてのご質問、お問合わせ等に関しましては、ベビーキャットレスキュー代表 菊地 裕子までご連絡をいただけますようお願い致します(プロジェクトページ → 代表 菊地裕子 → 「メッセージを送る」よりご連絡いただけます)。また返金などのご不明点はREADYFOR株式会社までご連絡いただけますようお願い申し上げます。

 

重ねまして、皆様のご期待や信頼に沿うことができない結果となりましたことを深くお詫び申し上げます。誠に申し訳ございませんでした。

 

2016年9月13日

ベビーキャットレスキュー

代表 菊地 裕子

 

***********************************
皆様のご支援ご協力のおかげで、公開から5日で50万円の目標額を達成することができました。本当にありがとうございます。 心よりお礼申し上げます。(2016年8月3日追記)


クラウドファウンディングというものの勉強から入った私達が、成果を出せるのか不安な中でのスタートでした。まさか一週間で目標額に到達するとは全く思っていなかったので、ページを開いて目を疑うことさえありました。
みなさんのご支援 ご協力の賜物であります。
メンバー一同感謝申し上げます。

さて、ベビーキャットレスキューの保護子猫数は予想を上回り続け、8月3日現在で今年の子猫は80匹になりました。おそらく通年では100匹を軽く超える見込みです。さらなる物資が必要な状況が続きます。

また、当初記事ではお伝えしていなかったこととして、「医療費」があります。
獣医への通院、投薬にかかる費用です。子猫は小さくワクチンを接種できる状態にないため、風邪、カリシウイルス、さらに真菌(カビの一種)などにかかりやすいのです。

 

 

一部を里親さんにご負担頂いていますが、現実的にはそれ以上にかかるケースが多くあります。
例として、

 ・再診料:800円/回
 ・内服薬:1日250円/日  ※真菌の服薬は約2週間
 ・点眼薬:1500円/本
 ・血液検査:3300円/回
 ・レントゲン:5000円/回

肺炎など重症の場合は、入院もします。

 

 

どれだけ手を尽くしても、命を落とすこともあります。

ぜひ皆さまのお力を子猫たちにお貸しいただきたく、目標金額を引き上げるネクストゴールにチャレンジしたいと思います。目標金額は100万円です。

子猫たちを確実に育て、適切な治療を施すために使わせて頂くことをお約束します。

引き続き温かいご支援を、どうぞよろしくお願い申し上げます。
***********************************
 

子猫を保護し、里親さんに繋げる活動を行っていきたい。
しかし、保護される子猫が急増!

 

ページをご覧いただきありがとうございます。ベビーキャットレスキュー代表の菊地裕子と申します。私たちは、子猫のレスキュー(救助)を目的として活動を行っているボランティアチームです。私たちは動物愛護センターの要請に応じたり、TNR活動(※1)で保護される子猫を保護するなど、子猫を健康に育て、里親さんに手渡すまでの一連の活動を行っております。

 

昨年、保護される子猫の数が急激に増え、年間50匹にのぼりました。今年も多くの子猫が保護されるであろうとの予想から、チームの体制を整えておりました。現時点で約60匹という予想をはるかに超える子猫を引き受けざるを得ない事態になっています。保護する子猫の数が多くなるにつれ、子猫を世話するための物資が必要になり、経済的にも大きな負荷がかかってきました。都度物資の寄付を募るなどもしてきましたが、心もとない状況に陥っています。そこで、今回のプロジェクトを立ち上げました。

 

みなさまからのご支援は、子猫を育てるにあたって必要なミルクや医薬品などの物資の購入に使用させていただきます。子猫の保護活動を続けていくため、みなさまからの暖かいご支援をお願いいたします。 

 

動物愛護センターから引き出され、無事に離乳期を迎えた兄弟です。

 

※1 TNR活動とは、Trap(捕獲)、Neuter(不妊手術)、Return(猫を元の場所に戻す)ことで、飼い主のいない猫の繁殖を防ぐための活動です。子猫は環境に順応できるため、捕獲後保護され里親さんを見つけるケースがあります。

 

18年間にわたり子猫の保護活動を行い、今では5人のメンバーと共に活動。

多くの子猫が1日でも早く回復し、里親さんと暮らせるように。

 

18年前、転居がきっかけで子猫の保護活動を始めました。当時、私の家の近くでは道を歩けば猫が見つかる、飼い主のいない猫がとても多い環境でした。不幸な最期を迎えている猫を目の当たりにする機会も多く、見過ごせずに連れ帰ったのを覚えています。それまでは個人的に数匹ずつ保護したり、保護した子猫の里親さんを見つけるなどの活動を行ってきましたが、今では5名のメンバーと共にチームとして活動を行っております。

 

子猫たちの保護される経緯は様々ですが、 動物愛護センターを経由してくる猫は収容時に寄生虫駆除、ワクチンなどの医療処置を施されているので、比較的状態の良い子が多いです。しかし、TNR活動現場で保護される場合は不衛生で栄養状態が悪く、風邪などのウイルスに感染している場合がほとんどです。そして、人間に慣れていないケースが多いです。そんな子猫たちに1匹1匹ずつ愛情を持って接し、1日でも早く回復させ里親さんにつなげられるようケアを行っております。

 

生まれたばかりの子猫はミルクで育ちます。

 

1匹でも多くの子猫を保護し、ケアをしてあげたい。
しかし、気持ちだけでは救うことができません。

 

私たちは子猫を専門に保護活動を行っておりますが、保護される子猫の多くは母乳免疫が少ないため、感染症にかかりやすいのです。そして、体重が少ないため養育が難しく、処置を誤れば栄養障害や脱水症状を起こします。もちろん、子猫に強い獣医の力も必要です。こうしたことから、時間的にも経済的にもコストがかかります。気持ちだけでは救うことができないため、子猫に特化したボランティアは少ないのが現状です。

 

それでも私は18年余りにわたりこの活動を続け、子猫の救命、飼育、病気などについて知識や経験に基づくスキルを身につけてきました。もともと医療者でもあったので、それを生かしながらチームのメンバーとともに『ひきうけた子猫の命は確実に救う』を目標に日々頑張っています。しかし、60匹もの子猫のケアをするには多くの費用がかかり、都度物資の寄付を募るなどもしてきましたが、心もとない状況に陥っています。

 

すでに猫のいるお宅にお友達として迎えられる子猫も少なくありません。

 

里親さんの元で幸せに暮らせる元気な猫たちをのサポートを続けていきたい。

 

巷では猫ブームと言われ、猫を飼うことをお考えの方もいらっしゃるかもしれません。人間を信頼し、愛してくれる猫と一緒に暮らす楽しみは大きなものです。

 

この機会に私たちの活動を知っていただき、ペットショップで猫を選ぶ前に、保護猫を迎えることも選択肢のひとつにしていただければと思います。子猫を迎える場合、成長期をともに過ごせる楽しみも味わうことができますよ。

 

このプロジェクトを通して、里親さんの元で幸せに暮らせる元気な猫たちのサポートを続けられたなら、チーム一同本当に嬉しく思います。

 

みなさまからの暖かいご支援をお待ちしております。

どうぞよろしくお願いいたします。

 

今年野良猫として保護され、里親さんにお渡しできた子猫たちです。

 

昨年奇跡の回復を遂げた子猫、ひかりちゃんです。
 

◆リターン◆

 

■3,000円のリターン

・ベビーキャットレスキューより感謝のメール

 

■5,000円のリターン

・ベビーキャットレスキューより感謝のメール

・保護子猫ポストカードセット

 

■10,000円のリターン

・ベビーキャットレスキューより感謝のメール

・保護子猫オリジナルカレンダー

 

■30,000円のリターン

・ベビーキャットレスキューより感謝のメール

・保護子猫ポストカードセット

・保護子猫オリジナルカレンダー

 

 

 


最新の新着情報