皆様おはようございます。

今週は夜までお仕事してるので朝からの更新になっちゃいました。

来週はチームきゃらべるのメンバーに製本レクチャー。

10月に入りいよいよ製本が始まります。

同時に各施設に告知用チラシを持って行こうと思っています。

メッセージをママ、パパに書いてもらうためです。

2年前釜石保育園のこどもたちに絵本をプレゼントさせていただいた折も

本当にたくさんのわくわくするメッセージをお預かり致しました。

 

ずっと言ってきたことなんですが

僕たち大人は次世代のこどもたちに何を残してあげればいいのか?

どんなバトンを託せばいいのか?

 

僕はこどもたちに「感性溢れる大人」になってほしいです。

こどもたちに新鮮な体験をいっぱいさせてあげたい。

奈良に里帰りしたとき東吉野の山奥でカフェを経営されている方と出会いました。

そのカフェの手前にはログハウスがふたつ建っていました。

なんとそのログハウスは小学生のこどもたちが作ったものなのだそうです。

間伐材を使ったログハウスなので原価はゼロ。

これって究極の手作りですよね。

こどもたちが自分たちで手作りで作ったもの。

そこにちゃんと実要請があって。

僕自身も絵本をプレゼントして終わり、だなんて考えていません。

クリスマス以降の活動で「親子製本教室」なんかも考えています。

たとえばこどもたちの描いた絵をママといっしょに製本して絵本にしたり。

こどもたちといっしょに「おはなしづくり」をするのもいいかもしれない。

おやこでお料理する絵本の中におやこで出演してもらったり。

僕自身もこどもたちといっしょにわくわくしながら夢をふくらませたい。

 

だからこのサンタプロジェクトは

わくわくへの第一歩。

絵本の中からサンタさんがママやパパからのクリスマスのお手紙を届けにやってくる。

このこたちが感性溢れる

創造力豊かなおとなになってくれますよう

心から願いを込めて・・・

 

サンタさんはプレゼントといっしょにそういう想いを贈っているのかも知れませんね。

新着情報一覧へ