こんにちは。今回のプロジェクト代表の内田代二郎です。

 

皆様にお伝えしたい事が2点あります!!

 

今日は「日本を客観的に見てますか?」です。

 

日本という素晴らしい国がちゃんと世界にポイントを絞ってアピール出来ているのか、知ってもらえているのか。

あまり出来ていないかも知れないです。元々日本人はアピールする事が得意ではないですしね。

しかし、今後世界で生き残っていく為には”日本にしかない物・日本人にしか作れない物”がとても重要になってきます。

世界で認められている「日本食」を例にお話しすると、

何で日本食が世界で人気なのか?簡単です。ヘルシーで味にバリエーションがあって、見た目が綺麗で、万人受けする味付けだからです。

そんな日本食の背景には日本人の細やかな性格確かな技術があります。これは日本人にしか出来ない事です。例えば海外で日本食屋さんに入って、あまり美味しくないと思ったら、大抵そのお店のオーナーは外国人です。外国人向けに味付けされている場合もありますが、本物ではありません。本物は日本人も外国人も受け入れる味なはずです。

 

このように日本食は日本の技術が評価され世界に広まりました。

 

日本伝統文化も少しづつ浸透してきています。

歌舞伎などの伝統芸能、着物や扇子などの伝統文化商材が海外でも人気です。

次の段階はmade in Japanの商材です。とことん日本にこだわり、日本で生産し、日本人が作り出すもの。

今回のプロジェクトはまさに国内生産にこだわり、職人さんが作り上げた質の良い物の提供です。

 

ready for?をご覧になっている皆様!世界とか大きな口を叩いているかもしれません。しかし、本気で日本を見つめなおし、修正しないと経済力はもちろん、国力が弱体化していきます。

少し客観的に見てください。そして、未来に大切なものを考えてください。是非とも、そこに力を注いでみませんか??

 

宜しくお願い致します。

代表 内田代二郎

 

 

新着情報一覧へ