こんにちは。
クラウドファンディングプロジェクト残り2日となりました。
皆様のご支援のおかげで、目標金額まであと少しとなりました。本当にありがとうございます!
引き続き、目標達成に向け、活動していく所存でございます。

 


さて、本日は改めて、本プロジェクトの資金使途についてご説明させていただきます。

 

2018年7月6日夜、三原市本郷町では沼田川から氾濫した水で一帯が冠水し、『ひまわり保育所』は天井まで浸かりました。川の氾濫による水害は様々な菌・危険物による被害が想定されます。

 

特に浸水させた水のカテゴリーは最も危険なカテゴリー3に分類されます。例えば糞尿に含まれる細菌・雑菌、田畑などからも菌や使用されている農薬、工場などからは劇物・毒物など様々な危険物が流出している可能性があります。

 

これらが壁などに付着したまま放置してしまうと室内空気環境に悪影響を与えます。特に健康弱者の幼児などに与える健康被害の影響は健常者に与えるものの比ではありません。

 

 

本プロジェクトの目的は、『ひまわり保育所』の外壁・内壁洗浄・乾燥作業と殺菌・抗菌作業をし、子供たちが安心して遊べる空間を再生することです

 

作業期間は1週間で、その期間で考えられるほとんどの菌・ウイルスを殺菌することができ、感染症・アレルギー・肺炎などを抑えることができます。

 

皆様からのご支援は、機材のレンタルや運搬、交通費や滞在費などに使用させていただきます。

 


水害後のカビ被害は仕方がない。そう思われて我慢されたり諦められる方も多いかもしれません。しかし、カビの脅威から我々の健康を守る方法があるのです。

 

この支援プロジェクトを通して、カビの健康被害と科学的な対策法を認識していただきたいと思います。

 

新しいことを起こそうとしている私たちにぜひ協賛して頂き、復旧活動を応援してください。皆様のお力添え、お待ちしております。

 

最後に、この活動に共感してくる方はFacebook、Twitterでのシェアをお願いします!

新着情報一覧へ