READYFOR
クラウドファンディングとははじめるさがす
購入型

子どもたちと轟かす鼓動。福島県双葉郡富岡町を和太鼓で元気に

子どもたちと轟かす鼓動。福島県双葉郡富岡町を和太鼓で元気に

支援総額

133,000

目標金額 1,500,000円

8%
支援者
18人
残り
8日
プロジェクトの支援にすすむ(※ログインが必要です)
2お気に入り登録2人がお気に入りしています
目標金額を達成した場合のみ、実行者は集まった支援金を受け取ることができます(All-or-Nothing方式)。支援募集は2月28日(金)午後11:00までです。

2お気に入り登録2人がお気に入りしています

プロジェクト本文

富岡町の子どもたちと和太鼓を通じて

元気や、勇気を与えたい。

 

はじめまして、「小浜風童太鼓」と申します。私たち小浜風童太鼓は福島県の富岡町で和太鼓の演奏活動を行っていました。しかし東日本大震災の津波により和太鼓をすべて流失してしまい、さらに原発事故の避難勧告によりメンバーは散り散りになってしまいました。


しかし、震災で心を痛めた人を勇気づけたいという想いで避難先の福島県いわき市で活動を再開しました。活動するにあたりまず和太鼓が必要でしたが、メンバーの会費、全日本和太鼓協会さん、宝くじ協会さんからの寄付でなんとか和太鼓を集めることができました。

 

 

そして、子どもたちと一緒に和太鼓で富岡町を元気づけていきたいという想いから、多くのメンバーの地元である福島県富岡町の中学生に和太鼓を教える活動を2018年6月から始めました。先生も子どもたちも一生懸命練習に励んでくれているのですが、中学校には和太鼓がなく、毎週、私たちの拠点であるいわき市から1時間かけて運んでいるのが現状です。

 

そこで、来年から本格的に和太鼓に取り組みたいという先生や子どもたちの思いを受け、子どもたちに和太鼓を贈るプロジェクトを立ち上げました。ご支援いただいた150万円で2020年6月末まで5個の和太鼓を贈ります。

 

原発事故により人が減ってしまった富岡町にとって和太鼓は、故郷の良さを伝える大切な文化の一つです。富岡を離れてしまった人たち、そして今、富岡町に住んでいる人たち、未来を担う子どもたちのためにもぜひ和太鼓文化を継承していきたいと思っています。ぜひみなさまの応援をよろしくお願いいたします。

 

 

 

東日本大震災後、人数が減ってしまった富岡町。

その子どもたちに日本の伝統芸能である和太鼓を継承したい。

 

今から約25年ほど前、富岡町小浜地区の相馬盆踊りで演奏する目的で地元の小学生の太鼓団体である「小浜鼓友会」が発足しました。最初は夏祭りなどで盆踊りの曲を演奏するのが目的でしたが、次第に創作太鼓を演奏するようになりました。

 

小浜鼓友会発足から約5年後、中学生以上でも和太鼓をもっとやりたいと集まったメンバーで発足したのが「小浜風童太鼓」です。東日本大震災前は主に、夏祭り、老人ホームなどでの演奏を行ってました。

 

震災前、福島県の双葉郡は和太鼓が盛んで各市町村に1団体以上ありました。震災で活動も辞めた団体もありますが、南から広野町では「広野昇龍太鼓」、楢葉町では「ならは天神太鼓うしお会」、双葉町では「標葉せんだん太鼓」、そして富岡町では「小浜風童太鼓」が今でも活動を行っています。福島県双葉郡の地域にとって和太鼓はお祭りの目玉でもあり、シンボルでもあったと思います。

 

富岡町の桜並木の下で演奏しました

 

私たち小浜風童太鼓のメンバーは、ほとんどが福島県の富岡町出身です。自分たちの会費などで運営していて、現在は和太鼓を13台ほど所有しております。そして、2018年6月から地元である福島県富岡町の中学生に和太鼓を教える活動をはじめました。小浜風童太鼓の演奏を見てくださった富岡町の教育委員会の方や、学校の先生方が感動してくださり、富岡町の子どもたちにも和太鼓を経験させられないかとお話しをいただいたことがきっかけです。


富岡町の中学校は東日本大震災前は全校生徒で300人ほどがいましたが、今現在は10人程度しかいません。それでも、小浜風童太鼓のメンバーは、自分たちが育ってきた富岡町の子どもたち、つまり自分たちの後輩となる子どもたちと和太鼓を一緒に盛り上げられることのできる喜びを感じています。

 

将来富岡町を支えていくのは私たち若い世代、そして子どもたちです。富岡町を離れてしまった人も、震災後に避難先で生活基盤を固めてしまい、戻って来れない人がほとんどです。中には戻りたくても戻れない人もいます。そのような人たちに和太鼓を通じて富岡町を感じてもらうこと、それが私たち小浜風童太鼓の使命であり、私たちにしかできないことだと思います。

 

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd
学校での練習風景

 

 

これからも鼓動を途切らせないために。

音楽の授業で太鼓を。

 

富岡第一・第二小中の道のりは、ここまで厳しいものでした。震災直後の津波は校舎内にまでは至らなかったものの、第一中敷地内のテニスコートまで飲み込みました。翌12日には、福島第一原発から半径10㎞圏内に避難指示命令が出て、富岡町はその全域が避難対象でした。それから2017年4月に避難指示の解除を受け、2018年に帰ってきた子どもたちのためにようやく「富岡第一・第二小中学校富岡校」として開校することができたのです。

 

私たちは、富岡町に帰ってくることができた中学生たちに太鼓を教えています。中学生たちは、週1回の練習しかできていませんが、とても楽しくやってくれています。先生たちもタイヤにガムテープを貼って和太鼓の代わりになるものを作ってくださり、私たちが来る日以外も練習してくれました。練習の甲斐あって、去年は中学校の文化祭と卒業式、今年は夏祭りで行う伝統の盆太鼓が9年ぶりに復活することができ、夏の夜の舞台で練習成果を披露しました。

 

少しずつではありますが、盆太鼓継承への希望が見えてきて、中学生たちが太鼓を通じて町を明るくしてくれました。これからも伝統の盆太鼓を続けていくために中学生たちに教えていきたいと思っています。

 

しかし、中学生が練習と本番で使う和太鼓は、小浜風童太鼓の所有の物を使用しています。そのため、小浜風童太鼓の拠点である福島県いわき市から、富岡町まで毎週、車で運搬しているのが現状です。しかし、いわき市と富岡町では1時間ほどの移動時間がかかり、メンバーも仕事を抱えているため、週一回の練習が限界です。


学校の先生たちからは、嬉しいことに、「来年度から本格的に和太鼓を子どもたちにやらせたい、音楽の授業の一環として和太鼓を取り入れたい」とお言葉をいただきました。そこで、クラウドファンディングでご支援いただいた150万円で和太鼓5つを2020年6月までに富岡町の子どもたちへ贈りたいと思い、このプロジェクトを発案させていただきました。

 

本番で太鼓を披露する子どもたち

 

 

太鼓の音とともに故郷は生き続ける。

富岡町の将来のために、伝統を守る。

 

東日本大震災前、富岡町には1万5千人ほどの住民がいました。今現在では約2割程の人数しか住んでいません。その2割も元々の住民ばかりではなく、原発の廃炉のために全国から集まった作業員の方々がほとんどです。

 

故郷を離れてしまった人たちに富岡町の子どもたちが和太鼓を通じて立派になった姿を見ていただき、富岡町ってやっぱり良い所なんだなと思ってもらいたい。少しでも富岡町で頑張っている子どもたちの姿を見て元気になってもらいたい。和太鼓を経験してくれた子どもたちが将来富岡町を出ていっても、自慢できる出身地にしたい。

 

震災で白紙になった富岡町を小浜風童太鼓と子どもたちの和太鼓によって少しでも色をつけていけたらと思います。

 

練習風景​​​​​​


富岡町は原発の影響により“住民が帰ってこれない”という風評被害と戦っています。その富岡町を活気づけるために、和太鼓を子どもたちに学んでもらい、みんなで曲を演奏する楽しさ、チームワークの大切さ、思いやりの心を持った大人に成長していってもらいたいと思ってます。そして、富岡町はこんな活動をやっているんだ、富岡町って一体になってていいな、富岡町の子どもたちって元気でいいな、ということをアピールしていければと思っております。

 

伝統を守っていくのは本当に難しいことだと思います。和太鼓は聞いてくださる方がいないと成立しません。まずは演者である自分たちが楽しむことで聞いてくださる方も楽しんでもらえるのではないかと思います。伝統を大事にしながら新しいことにも挑戦し、中学生たちと一緒に和太鼓を広めていけたらなと思います。


このプロジェクトを通して、富岡町の子どもたちの将来、富岡町の将来が明るくなるように皆さんのご協力、何卒よろしくお願いいたします。

 

教えている中学生

 

本プロジェクトのリターンに関する条件の詳細については、リンク先(https://readyfor.jp/terms_of_service#appendix)の「リターンに関するご留意事項」をご確認ください。

もっとみる

プロフィール

はじめまして。 福島県で和太鼓のチームで演奏を行っています。 よろしくお願いします。

リターン

3,000

alt

お気軽ご支援

・感謝のお手紙

支援者
10人
在庫数
制限なし
発送予定
2020年6月
このリターンを購入する

10,000

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd

【富岡町の子どもたちにエールを】和太鼓文化の継続を応援

・感謝のお手紙
・ご支援者様の名前が入った旗の作成(ご希望者のみ)
※演奏時に使わせていただきます。

支援者
7人
在庫数
制限なし
発送予定
2020年6月
このリターンを購入する

30,000

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd

【富岡町の子どもたちにエールを】和太鼓文化の継続を応援

・感謝のお手紙
・ご支援者様の名前が入った旗の作成(ご希望者のみ)
※演奏時に使わせていただきます。

支援者
1人
在庫数
制限なし
発送予定
2020年6月
このリターンを購入する

50,000

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd

【富岡町の子どもたちにエールを】和太鼓文化の継続を応援

・感謝のお手紙
・ご支援者様の名前が入った旗の作成(ご希望者のみ)
※演奏時に使わせていただきます。

支援者
0人
在庫数
制限なし
発送予定
2020年6月
このリターンを購入する

プロフィール

はじめまして。 福島県で和太鼓のチームで演奏を行っています。 よろしくお願いします。

あなたにおすすめのプロジェクト

【気仙沼と共に歩む】桑の和紅茶で健康に!毎日飲める優しい風味

時井 勇樹(ヒノマルベリー代表)時井 勇樹(ヒノマルベリー代表)

#フード

累計支援者数
23人
継続会員数
1人

注目のプロジェクト

新着のプロジェクト

プロジェクトの相談をする