プロジェクト終了報告

2017年03月30日

ご報告—『日本の童話』が完成、関係機関等に寄贈しました!


 この度は、私たちNPO法人地球ことば村・世界言語博物館のプロジェクト「童話で学ぼう!日本語と英語―バイリンガル絵本を出版したい」にご協力を賜り、誠にありがとうございました。

 クラウドファンディングにご支援をいただいた皆さま、お知り合いの方などへの呼びかけにご協力をいただいた皆さま、また絵本とDVDの制作にお力をいただいた皆さまなど、沢山の皆さまからのあたたかい支えによって、本プロジェクトを実現させることができました。あらためて心からの感謝を申し上げます。

 

完成した絵本とDVD


【プロジェクトのご報告】

 

 『日本の童話』シリーズは、地球ことば村が制作している日本語と外国語のバイリンガルの絵本とその朗読を収録したDVDです。日本で暮らす外国につながる子どもたちが作品を楽しみながら、日本語や日本文化を学べるように、また母国の言語も保持・学習できるように、子どもたちが通う学校などを通して絵本とDVDを贈っています。皆さまからのご協力によって完成した英語版は、ポルトガル語版に続く第2弾として制作されました。

 

 昨年8月末にクラウドファンディングが終了し、さっそく具体的な制作作業に取りかかりました。英語への翻訳にはじまり、絵本の編集、朗読の録音、紙芝居形式で挿し絵と朗読音声を合わせる作業など、ステップを一つ一つ積み重ね、今年2月に完成させることができました。とくに、英語への翻訳ではAsh SPREADBURYさん、Matthew TERKELさん、英語の朗読ではPeter RILEYさん、Eda STERNER KANEKOさんにご協力をいただきました。

 

 絵本とDVDが完成したら、今度はいよいよ子どもたちに贈るステップです。これまでに、163の機関・団体に絵本とDVDを寄贈しました。具体的には、全国のインターナショナルスクール等42校、首都圏の国際交流団体・日本語教室、国際交流協会、日本語学校等75団体のほか、都内の帰国子女受入校や公立図書館、英語を公用語とする国の大使館等にも贈りました。さらに、公益財団法人海外子女教育振興財団のご厚意で、世界各地の日本人学校・補習授業校等250〜60校にも届ける予定です。

 

寄贈を待つ絵本とDVD

 

 受け取られた団体の方からはさっそく「とてもきれいなご本で、子どもたちが喜ぶことと思います。日本語ボランティアの仲間と相談し、有効に使わせていただきます」といった声が届けられています。

 

 たくさんの皆さまの想いや願いをのせた『日本の童話』が異なる言語や文化のあいだで生きる子どもたちに届き、ことばや文化を楽しみながら学び、笑顔や自信につながっていくことを願っています。

【収支報告】

 

皆さまからご支援いただいた724,000円は、以下の支出に充てさせていただきました。

 

1)絵本制作費用

 翻訳者謝礼:124,000円

 デザイン料:108,000円

 印刷費:155,300円

2)DVD制作費用

 朗読者謝礼:60,000円

 DVD制作費:79,920円

3)絵本・DVD送付費用

 送料:60,230円

 消耗品費:3,624円

4)その他

 Readyfor手数料:132,926円

計:724,000円

 


【プロジェクトのこれから】

 

 絵本とDVDの寄贈先からの反響を見て、さらに多くの機関・団体に寄贈します。

 教育や国際交流に携わる機関・団体・個人の皆様には無償で寄贈いたしますので、ご希望の方は地球ことば村へお申込みください。ご関心がありそうなお知り合いの方などにもぜひお知らせください。
 → 地球ことば村事務局:info@chikyukotobamura.org

 

 また、ポルトガル語版、英語版に続いて、スペイン語版『日本の童話』の出版も決定しました。ペルーなど、スペイン語を公用語とする国々からの子どもたちの日本語・日本文化の学習とスペイン語の保持の助けとなるよう、制作に取り組んでまいります。

 引き続き、お力添えいただけますよう、どうぞよろしくお願いいたします。

 

★ 地球ことば村では、世界や日本のことばや文化に関するイベントや情報発信なども行っています。ぜひ地球ことば村の最新情報をウェブサイトでチェックしてみてください。

http://www.chikyukotobamura.org/