まり
まり さん
海部先生やプロジェクトに情熱を持って参加されている方々の飽くなき探究心が満たされることを
お祈り申し上げ、Aコースを支援させて頂きました。

ロト7、高額当選ダメだったので、今回、海部先生の出張講演支援は夢で終わってしまいました。
今も海部先生に直接お会いして、先生の考えを拝聴し、私に肯定や否定やアドバイスをいただける日を夢見ています。関西で講演会するときは必ずTwitter発信してくださいね。

このプロジェクトの成功と海部先生の関西講演、期待してます。




N.T
N.T さん
頑張ってください!
海部陽介(国立科学博物館 人類史研究グループ長)
大鼓響(おおつづみひびき)
他に22個のプロジェクトを支援中!
プロジェクト成功をお祈り致しております。
海部陽介(国立科学博物館 人類史研究グループ長)
丸山あや子
ご先祖さんがどのように沖縄まで航海したのか、どんな人たちだったのか、謎が解かれることを楽しみにしております!応援してますので、頑張ってください!!
海部陽介(国立科学博物館 人類史研究グループ長)
いわみち
「人類がたどってきた道」を読んで以来、そのたどってきた道のりにとても興味を持っております。プロジェクトの成果をとても楽しみにしております。
海部陽介(国立科学博物館 人類史研究グループ長)
ta@ta.f
ta@ta.f さん
他に1個のプロジェクトを支援中!
頑張ってください!
海部陽介(国立科学博物館 人類史研究グループ長)
masa
masa さん
他に5個のプロジェクトを支援中!
頑張ってください!
海部陽介(国立科学博物館 人類史研究グループ長)
masa
masa さん
他に1個のプロジェクトを支援中!
ギリギリでの支援となりました。台湾からの航海を楽しみにしています。
前回は次男とナイトミュージアムを楽しみ、今回はコンパスを楽しみます。
海部陽介(国立科学博物館 人類史研究グループ長)
海光
海光 さん
他に1個のプロジェクトを支援中!
目標額達成おめでとうございます。あと30分で終了とのことですが微力ながらもう一口。応援しております。
海部陽介(国立科学博物館 人類史研究グループ長)
荒川真由美
ワクワクします!残念なことに自分では行けない分、皆さんにがんばってほしいです!応援して見守っています。
海部陽介(国立科学博物館 人類史研究グループ長)
オノ
オノ さん
頑張ってください!
海部陽介(国立科学博物館 人類史研究グループ長)
ねざりん
他に1個のプロジェクトを支援中!
学問の真髄とはまさに「これ」です!!!
私は声を大にして言いたい!!!

「かねじゃねぇんだよ!」
(「学問」とは「実学」という物差しで測るものではない)

アインシュタインの言葉、
「私は神のパズルを解いてみたいのだ」
これに通ずるものを感じ、このプロジェクトを応援せずにはいられないのです。
海部陽介(国立科学博物館 人類史研究グループ長)
Kazuyuki Koishikawa
3万年前の長距離航海の技術と見通せる先より遠い島をどう発見するのか興味があるので、技術の復元予想でもぜひ知りたい。
海部陽介(国立科学博物館 人類史研究グループ長)
三田 俊治
他に1個のプロジェクトを支援中!
今回、妻が病気で入院中と重なり、お手伝いが出来ず、大変申し訳ございませんでした。とにかく、目標達成おめでとうございま〜す  海部先生、航海の成功を心より祈っております
海部陽介(国立科学博物館 人類史研究グループ長)
小澤雅子
他に2個のプロジェクトを支援中!
頑張ってください!
海部陽介(国立科学博物館 人類史研究グループ長)
waka
waka さん
他に1個のプロジェクトを支援中!
3万年前の人たちは、1回や2回の冒険で成功したわけではないと思います。
前回の航海でも、あそこまで行けば”成功”の領域と思いました。
草船でよくあそこまでこぎ出せたものだと。

これなら、あとどのくらい挑戦すれば成功するかという見通しをつけるのも大切です。

現代人的な制約のある中、1回の航海で成功しようとするのは無謀かと思いますが、
そこに、皆さんはロマンを感じるのだと思います。

実験は失敗の連続。
その中で少しでもつかめるモノがあれば、明日の成功につながっていきます。
海部陽介(国立科学博物館 人類史研究グループ長)
Shota  Tsuru
他に25個のプロジェクトを支援中!
頑張ってください!
海部陽介(国立科学博物館 人類史研究グループ長)
みそ
みそ さん
他に1個のプロジェクトを支援中!
頑張ってください!
海部陽介(国立科学博物館 人類史研究グループ長)
er
er さん
他に3個のプロジェクトを支援中!
頑張ってください!
海部陽介(国立科学博物館 人類史研究グループ長)
小口健一
頑張ってください!
海部陽介(国立科学博物館 人類史研究グループ長)
kgkenjiro
kgkenjiro さん
われわれの生存の原点をぜひ実証して解き明かして下さい!!応援しています。
海部陽介(国立科学博物館 人類史研究グループ長)
TAKA
TAKA さん
頑張ってください!
海部陽介(国立科学博物館 人類史研究グループ長)
mikamo
mikamo さん
他に1個のプロジェクトを支援中!
今度こそ成功を祈ります。
海部陽介(国立科学博物館 人類史研究グループ長)
KEY-S
KEY-S さん
NHKの放映で、初回のプロジェクトを知ってから、その後、科博に行った時にチラシなどを見つけて興味を持っていましたが、今年8月の科博玄関での丸太舟加工のデモンストレーションに遭遇し、募金しようと決めました。
ただ、8月終り頃まで、目標金額に届かなそうな状況だったので、見合わせておりました。
その後、9月に入り、無事に満額達成したのを見て、『良かったな~』と思い、遅くなりましたが予定通り支援させていただきます!
皆さまの今回のチャレンジを楽しみにしています!
海部陽介(国立科学博物館 人類史研究グループ長)
MAX
MAX さん
人は、無性に何かに賭けたくなる時がある

人は、無意味に自分自身を試したくなる時がある

人は、無目的に走りたくなる時がある

もし、このプロジェクトが絶対安全で、確実に成功が約束されているのであれば
それはもはや賭けではなく、唯の退屈なお遊びであるだろう
そうでないからこそ、僕はこの賭けに乗ってみたい

それは、生きるか死ぬかのギリギリの賭け
成功するか失敗するか、分からないという事実
失敗すれば命はない、極限の世界
だが、そこでこそ、命は輝くのだ
どうして、彼らは山に登ったのだろうか
そうして、そこから見えた海の彼方に島が見えた時
何故、行きたいと思ったのだろうか
そこには明確な目的などなかったのかもしれない
未知の世界、命懸けの賭け、荒ぶる海、そして自分自身への挑戦
きっと彼らも、その衝動を抑えられなかったのだろう
確かにそんな挑戦などせずに、ずっとそこで生きていれば
平穏無事な日々が、約束されていたのかもしれない
きっと彼らも、誰かに言われたのだろう
それだけの労力があるのならば、蓄えを増やすほうが有用だと
きっと彼らも、笑われたのだろう
そん無駄なことをするなんて、救いようのない愚かな人間だと
それでも、彼らは自分に賭けたのだ
そこには名も知れぬ、失敗者と成功者がいたのだろう
その途中で命尽き海の藻屑と消えたた者もいるのだろう
たどり着きはしたものの、そこで力尽きた者もいたのだろう
けれども、その全ての者たちが、輝かしい挑戦者であり
本当の意味での成功者だったのだ
そして、彼らこそが、本当の意味で人間として生きていたのだ
なぜならば、人は挑む事をやめた時に、本当の意味で死ぬのだから
だからこそ、

挑め!

命ある限り、挑み続けろ!
海部陽介(国立科学博物館 人類史研究グループ長)
横山 真
横山 真 さん
他に1個のプロジェクトを支援中!
成功を祈ってます!
海部陽介(国立科学博物館 人類史研究グループ長)
返信投稿を削除しますか?