プロジェクト終了報告

2018年08月01日

一旦終了のご報告

暑い毎日が続いておりますが、いかがお過ごしでしょうか。
さてこ「里山再生プロジェクト」も作業が進み、一区切りがつくところまで進捗しましたので、ご報告させて頂きます。
前回の報告の通り耕作放棄地の整備を進め、5月には上段の圃場A5 田植えも無事に終わりました。
何ぶん数十年使用していなかった圃場なので、1年目は何とかお米が出来れば上出来だと考えていたのですが、現在は予想していた以上に順調に稲が育ち、夏の太陽に葉が輝いています。
 
 
また下段の圃場A6については、思った以上にたくさんの石が出てきて、A5同様に重機で作業を行ったのですが、先日ようやく大方の整備が終わりました。9月頃にはラベンダーなどのハーブを植え付けしていく予定です。
 
さてここで、これまでの作業にかかった費用についてご報告いたしまます。
皆さまからご支援頂いた資金は、これまでのご報告の通り、耕作放棄地再生(主に石を取り除く作業)のために使用させて頂きました。内訳は下記の通りです。
 
<費用報告>
・重機(ユンボ0.4)レンタル  18000円/日 × 15日   270,000
・スケルトンレンタル 3500円/日 ×8      28,000
・重機回送費 10000×4回                     40,000
・オペレーター  15,000/人 × 15日          225,000
・作業員 12,000/人 × 10日  120,000
・タイヤショベル  10,000×10日   100,000
・燃料(軽油)  300L  115円   34,500
・購入土砂 3000/立米 × 20   60,000
・害獣よけネットなど                56,000
--------------------------------------
合計 933,500円

 

もちろん、この費用にはネオナチュラルスタッフの作業代金は含んでいません。

また再生作業には多くの方にボランティアで参加して頂きました。
この場をお借りして御礼申し上げます。
 
そして実は、先日の西日本豪雨の際にこの農場も、農場内のいたるところが水路のようになり、土砂が流れ出し、その土砂がハーブ畑や田んぼにはも流入する被害を受けてしまいました。
その際にも多くの皆様に復旧作業のお手伝い頂きました。重ねて御礼申し上げます。
 
私たちのこの農場は、ネオナチュラルのオーガニックコスメの原料を栽培することはもちろんですが、私達が一番大切にしているのはこの写真の子ども達の笑顔です。
 
農場での様々な体験を通して、皆さんに自然の大切さを感じ、生活習慣を見直し、より健康になって頂く。それが美しいお肌にもつながります。
親たちに連れられて農場に来た子ども達は、この美しい里山の自然が大切なものだということを身体で感じているはずです。それが里山を守り、私たちの健康、いきいきとした生活、子ども達の明るい未来にもつながって行く、そう思うのです。
 
このプロジェクトはこの報告を持って一区切りをつけさえて頂きますが、私たちの活動はずっと続いていきます。
今回の再生圃場で実った稲刈り体験会も10月に行う予定です。その時は是非見に来てくださいね。
 

スタッフ一同お待ちしております!