イベント「二条城で楽しむ古典芸能〜京一夜、国宝に浮かぶ能世界〜」で、
なぜ、二条城修復応援プロジェクトを実施するのか、改めてお話しします。

 

 

このイベントは古典を沢山の人々に親しんで頂くために開催されます。
そこで、私たちは思いました。

 

「世界文化遺産の二条城で、無形文化遺産の能楽を鑑賞するという古典の中の古典が味わえるのは、二条城が私たちの目の前に建っているからだ!」

 

 

【写真:二条城 二の丸御殿】 

 

 

 素晴らしい技術が発展して、デジタル化された画像などで現実には見ることのできない建物を見ることができます。しかし、実際に建築された『場所』『その大きさ』『歴史』“見て感じること”に勝るものはありません。
 その大切さを二条城でイベントを行うに当たって深く感じました。

 

 こういった経緯から、9月22日のイベント当日に先駆けて、このプロジェクトを企画しました。イベントの主催である京都市・二条城の皆さんにご協力を頂くことで短い期間ではありますが、プロジェクトを実施し、京都・古典・二条城の魅力を支え、未来へと伝えて行くきっかけを作りたいと願っています。

 

【修復についてインタビュー中】

 

 これから約20年に渡って修復が行われます。そのためには、皆さんからのご支援が必要です。二条城が築城された当時もきっとそうだったように、多くの方々の思いの詰まったお城への修復を実現するためにも多くの方々にこのプロジェクトにご支援お願いします!

 

 皆さんから頂いた支援は、私たちアクティブKEIが責任を持って、二条城へ「二条城修復費用」として寄付します。

 

                      株式会社アクティブKEI 森・坂倉

                               2013年8月13日
 

新着情報一覧へ