クラウドファンディングとははじめるさがす
購入型
成立

世界遺産二条城 修復応援プロジェクト〜煌めく唐門(からもん)の完成へ!〜

株式会社アクティブKEI(森、坂倉)

株式会社アクティブKEI(森、坂倉)

世界遺産二条城 修復応援プロジェクト〜煌めく唐門(からもん)の完成へ!〜
支援総額
217,000

目標 200,000円

支援者
31人
残り
終了しました
プロジェクトは成立しました!
6お気に入り登録6人がお気に入りしています

6お気に入り登録6人がお気に入りしています
2013年08月13日 23:35

唐門の修復に迫る!!〜弐〜

「唐門ってどんな風に修復されるんだろう?」

今回は、色とりどりの彫刻の修復に迫ります!

 

 

 

彩色(さいしき)

唐門には37個の彫刻がはめ込まれています。

取り外し可能なものは外して作業を行います。


1.彫刻の修復
 欠損している部分は、まず、紙粘土で復原案を作成し、

 繰返し検討しながら決定しています。

 想像が大きくなる部分は復原せず、そのままとします。

 

 

 

 

2.彩色の原図を作成
 色は日本画の絵の具を使用しています。

 ほとんどは目視で色を見るが、色を欠き落す時に

 絵の具の分析を行うこともあります。


〈手順〉

a.下地として白色の胡粉を全面に塗る(発色を良くするため)

 

b.金箔を押す(彫刻全体で約11,000万枚、「鶴」だけで約1,100枚使用)

 

c.薄い色から順番に塗っていく(下塗り→中塗り→上塗り)
※上塗り(うわぬり)で細かいところまで仕上げる

 

 

 

【職人さんにインタビュー】


Q.彫刻にストーリーなどはありますか?

 

A.それぞれで季節を表しています。
 例えば、梅→早春、蝶→初夏、バラ→冬 です。
 唐門なので、唐獅子が多く配置されています。これは魔除けの役目ですね。

 

 

 

 

Q.修復する時に気をつけていることなどはありますか?

 

A.建てられた当時の感覚(色彩)を大切にしたいと思っています。
 やはり、色に溢れた現代に生きている私たちと当時の人々の感覚は

 違うと思うので。
 出来上がった瞬間から紫外線の影響などで退色は始まり、

 日々表情を変えていくのでその時々の色を見て欲しいです。

 

 

 

実際の修復現場で、色鮮やかに修復されている彫刻は

今にも動き出しそうなほどの迫力がありました。

 

次回は、金色に眩しい「飾金具」の修復に迫ります!!

 

一覧に戻る

リターン

1,000円(税込)

①イベント「二条城で楽しむ古典芸能」公式HPに氏名掲載
②二条城オリジナルポストカード(2枚)

支援者
3人
在庫数
制限なし

3,000円(税込)

①イベント「二条城で楽しむ古典芸能」公式HPに氏名掲載
③二条城オリジナル一筆箋(1冊)

支援者
10人
在庫数
86

5,000円(税込)

①イベント「二条城で楽しむ古典芸能」公式HPに氏名掲載
④二条城オリジナルクリアファイル(2枚)

支援者
10人
在庫数
88

8,000円(税込)

①イベント「二条城で楽しむ古典芸能」公式HPに氏名掲載
②二条城オリジナルポストカード(2枚)
⑤2013年9月22日開催「二条城で楽しむ古典芸能」ご招待券(1枚)

支援者
11人
在庫数
36

プロジェクトの相談をする