おかげさまで、あと約430万円となりました。

 

まだ1日以上あります!

 

引き続き、ご支援・ご協力をお願いいたします。

 

 

 

「病院を建てる意味」

 

 

繰り返しになりますが、なぜ、医師不足の解決として「病院を建てる」ということになったのか、改めてご紹介させてください。

 

震災後3年以上たった現在も医師不足はいっこうに改善されませんでした。

 

要するに、医師が来ないのです。
この地域の困窮を訴え、高待遇での募集をかけるなど
地域として出来る施策を行って来たにも関わらず、です。

 

そのような状況を見てきた代表・河村は、
新たなアプローチをしなければ医師を集める事はできないのではないか、
と考えました。

 

夢の子ども病院のコンセプトはまさに

その新しいアプローチとして発案されました。

 

新しい医療のカタチを提示する事によって、
被災地だから、医師不足だから、この地域は困っているから、
という事だけでない価値観を新たに作る事で
医師が集まるきっかけになるのではないか。

 

その可能性にかけてみよう、と
この夢のプロジェクトは始まりました。

 

(夢の病院 コンセプトイメージ図)

 

建築計画の準備と併せて、医師の集め方・派遣の枠組み
といった面からのアプローチも今後は考えていきたいです。

 

まずはその第一歩、基本計画作成の為の資金を。


のこり52時間で430万円というのもまだまだ大きなチャレンジですが、
引き続きのご支援・ご協力をよろしくお願いいたします。

 

財団メンバー 武藤志穂

 

------------
(財)相双未来基金
http://nomaoikids.org/

https://www.facebook.com/SoSo.Fukushima.KidsClinic

 

口座:

東邦銀行本店営業部(普)3775013

常陽銀行 原町支店(普)1281318

名義:

一般財団法人 相双未来基金 代表理事  河村 真

ご寄付連絡フォームあり

 

 

新着情報一覧へ