このプロジェクトのタイトルは、土とレンガの診療所プロジェクトです。

 

なぜ、このようなプロジェクト名にしたのでしょうか?

 

それは、スーダンの建物のほとんどが、土とレンガを基礎にして出来ているからです。地震が少ないこともあるのでしょう、ここでは、レンガを一つ一つ、土を接着剤にして、積み重ねていき、建物を作り上げます。

 

では、レンガはどのようにしてできるのでしょうか?

まずは、ナイル川から水を汲み上げます。

 

 

次に掘り起こした土と水それに牛などの糞を混ぜます。糞は、消化されていない草を含んでいますので、レンガの強化剤になります。

 

 

それを枠の中に入れます。

 

 

それを日干しにします。

 

 

ここに、日干しレンガを積み上げていきます。

 

外側に土を塗り、中に火を入れます。

 

 

これで、レンガの出来上がりです。

このレンガを積み上げて、建物を作っています。

アルハムダの診療所も、このレンガを積み上げていきます!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

新着情報一覧へ