プロジェクト概要

こんにちは!

今回私たちMariaとRuruは、"SEX"にまつわるカルチャーイベントを計画しています。またそのイベントに伴い、たくさんの人にさらに見てもらえるよう、ZINEを発行する目的もあります。

 

 

SEX(性)にはジェンダー、性表現、トイ、文化の違いなど、様々な意味がありその全てに今日様々な問題を抱えています。私たちはその性に対する問題を、このイベントを通して、明確化し、共有できる場を作りたいと思い、この計画を立ち上げました。単純に文字だけの書物として、または講義スタイルの真面目なイベントを開催するのではなく、絵画、音楽、イラスト、ファッションなどといった芸術方面からもアプローチをかけ、性に関して興味のない人たちでも 来場しやすい/購入しやすい イベント/ZINE を目指し、性に関して新しい視点や価値観を持ってもらえるようなイベントを目指しています。イベント名はズバリ"SEX"。かなりインパクトがあるイベント名ですが、ロゴやグラフィックでアートイベントよりのカジュアルなイメージを製作中です。今回イベント開催とZINE発行に必要な資金調達のため、そしてイベントをより色々な人に知ってもらうためクラウドファンディングのお力をお借りすることにしました。

 

ーーーーーーーーーーーーー

 

●簡単な自己紹介と実績

 

・Ruru Ruriko(るる るりこ)

18歳の時にイギリスに留学、4年半過ごす、大学時代にファッション、ファインアート、写真を学ぶ中でフェミニズムと出会い、日常で気になった女の子として生きることなどの疑問についてSNSに書くようになる。朝日新聞社のweb媒体「telling,」のライター他、多数のウェブメディアに文章を寄与している。

https://telling.asahi.com/

https://telling.asahi.com/feature/11014622

 

 

・Maria(まりあんぬ)

女性ファッションカルチャー誌NYLONJAPANのofficalblogger。また、個人の活動として「TINYZINE」というZINEや雑貨の販売イベントをプロデュース。今年4月に開催したイベントでは40グループが出展し、来場者は300人を上回ることに成功。トイ、自主規制、男色、性教育に関して興味を持つ。現在はメルボルンで長期滞在をしながら、SEXにまつわる活動の準備を始めている。

NYLON blog: http://www.nylon.jp/blog/maria/

TINYZINE :http://www.nylon.jp/blog/maria/?cat=17

 

 

自己紹介から見て分かるように性の抱える問題に違和感を感じ始めている10代〜20代の層へのアプローチがが得意です。しかしながら私達の目的は男性女性年齢層問わず性に対する新しい価値観の共有をもくてきとしています。今回クラウドファンディングを使ってより幅広いターゲット層にこのイベントを知ってもらいたいという目的もあります。

 

ーーーーーーーーーーーーー

 

 

●性のあり方を考える、新しい価値観を増やすアートでポップなイベント

 

 

 

 

カジュアルなイベントでありながらも、真の目的は、性に対する不要な恥を取り払い、今日の性のあり方について考える機会を増やし、新しい価値観や今日の問題を明確化できるイベントを目指しています。また、性に対する軽い表現をもつ人たちにもアートというおしゃれな角度からイベントやzineに興味を持っていただき、新しい価値観やあり方を捉え直してもらえるようなイベントを目指しています。イベントでは私たちのzineの販売だけでなく、性にまつわるトークショーや出展者による販売エリア、ほか主催者によるセレクトアイテムや制作アイテムを販売予定です。現在専門的な知識のある方やアーティストに声をかけ、トークショーもできればと思っています。(イメージ参照:maria主催のイベントTINYより)

 

 

 

ーーーーーーーーーーーーー

 

 

 

●ZINEについて

 

 

現在製作中のZINEは自身のフォロワーや性に対して表現したい人物をメインにエッセイやコラム、作品を提供してくださる方を募集しています。現状応募して頂いている方は専門的にセクシャリティーを研究している方から、高校生とティーンエイジャーまで様々です。ページの表現方法も文字によるエッセイやコラム、さらにはポエムや小説、イラストや写真、絵画など、様々な視点から今日の性の問題点、考え方をシェアできるZINEが制作できると確信しています。また主催者2人も記事を記載します。二人によって掲載しようとしている内容は下記の通りです。(変更になる記事もございます)

セックスに対するエッセイ

おすすめの映画、本

国際的なセックス事情

産婦人科インタビュー

自主規制って面白い(性表現)

男色、少年愛から性の変化を見る

 

世界の性教育と避妊についてインタビュー(なんでないの 福田さん)

セックストイについてインタビュー(TENGA広報 西野さん)

女性の性についてインタビュー(ランドリーガール 西本さん)

※上記3名は「予定」です 2018年9月7日現在

 

ZINEイメージは写真のようなイメージです。(上記写真はイメージ写真です)写真やイラスト、絵画などといったアート作品を挟みつつ、専門的な人物にアポイントをとり、インタビューなどを掲載したり、ティーンエイジャーや一般の男女の今日感じている性のあり方のコラムやエッセイを掲載します。

 

 

ーーーーーーーーーーーーー

 

 

●資金の使い道

・イベント開催のスペースレンタル費

・ZINEの印刷代

・雑費(広告用印刷等)

・リターンアイテムの配送費

・手数料

※クラウドファンディングの資金調達費によって変動あり

 

 

 

ーーーーーーーーーーーーー

 

 

●EVENT詳細

・イベント開催日:12月16日

・場所:さくらレンタルスペース桜目黒(クラウンドファンディングによる)

・入場料:500円(予定)
    (支援者以外も入れます)

1500円・・・イベント入場無料 +ZINE配布(1冊)
5000円・・・イベント入場無料+ZINE配布(1冊)+RuruかマリアンヌのZINE号外コラム(1枚)
10000円・・・イベント入場無料+ZINE配布(1冊)+RuruとマリアンヌのZINE号外コラム(各1枚)

30000円・・・イベント入場無料+ZINE配布(1冊)+RuruとマリアンヌのZINE号外コラム(各1枚)+マリアンヌの過去のZINE(1点)
50000円・・・イベント入場無料+ZINE配布(1冊)+RuruとマリアンヌのZINE号外コラム(各1枚)+マリアンヌセレクトのsexな小物+ZINEにお名前の掲載
100000円・・・イベント入場無料+ZINE配布(1冊)+RuruとマリアンヌのZINE号外コラム(各1枚)+マリアンヌセレクトのsexな小物+ZINEにお名前の掲載+当日ブース

 

新しい性のあり方、みんなが思っている性に対する疑問、そして性を通して楽しい性のイメージをもって貰いたいと思っております。是非ご支援のほどよろしくお願いいたします。

 

------

以下を実施したことをもってプロジェクト実施終了とします。 
①2018/12/16に、イベント「SEX」(性について考える)を、目黒レンタルスペースさくら(※)にて開催する 
②2018/12/15までに、ZINE(製作物)を100部作成する

※現在、会場と利用に際して調整中です。2018/10/30には開催場所を確定します