Little Japanの起業を決めるまでにはいくつかの原体験がありました。

 

まず、一つが空き家です。
空き家に興味を持ったきっかけは、自分の実家で曽祖父のやっていた「柚木鉄工所」の土地や建物について、大人たちが話をしているのを聞いた時でした。

 

鉄工所に家も併設されており、私の育った兵庫県神戸市から、ここまでは車で2,3時間かかるのですが、曾祖父母、祖父母に会いに子供のころはよく行っていたように思います。

 

柚木鉄工所外観

 

当時、私はこの場所に行くのがあまり好きではありませんでした。

理由は、いくつかありますがが、この広い場所、錆びた機械がたくさんあるのが単純に怖かったように記憶しています。


そして、ぼっとん便所、これが一番怖かったです。
落ちたらどうしよう、といつも不安でした。

 

好きだったのは五右衛門風呂を焚くことでした。
でも入るのはやはり怖かったです。
体を洗うところから下に落ちないか、いつも不安でした。

 

そんな中で、この土地や建物、機械をこれから、どうしていこうかという話を聞く機会がありました。処分するだけでもすごく費用がかかってしまいます。

 

柚木鉄工所内のトラック


その時誰が言っていたかは覚えていないのですが、とても印象に残っている言葉があります。
「曽祖父は、これだけのモノを残した、と思っているだろう。大きな家、そして、ここにある機械は、当時はすごく価値のあったもの。曽祖父が築き上げてきた資産だった。鉄だけでもすごく価値があった。ただ、今は、これは処分するのにたくさんの費用がかかるものになってしまっている」

正確ではありませんが、このようなことを聞いたように記憶しています。

 

私なりの解釈もありますが、

 

一つが、利用したい人がいての、資産であるということ。利用したい人がいないモノは、それは負債になってしまう。


もう一つが、利用をしていないと痛んでしまい、利用できなくなってしまうということ。モノも生きている、利用していないと急に痛んでしまい、取り返しがつかないことになってしまう。

 

ということ、まだ、利用ができるうちに、その時の時代に合わせて、カタチを変えて利用していくことが必要だと思っています。

 

そして、現在、日本には820万戸の空き家があります。
人口が減っていく中で、新築の物件が建てられ続けて、古い物件が利用されずにいます。
このままにしておくと、利用ができない負債になる物件が今も、これからも日本中にできてしまいます。

 

一見東京にいる人には関係のない話のようですが、「自分の実家」、「自分の祖父母の家」、、、で自分が将来引き継ぐかもしれないものを考えていくと、どこかの地方から東京に出て来た人には、これからどうなるのかわからない(今は使われていても)家や土地の心当たりがあるのではないでしょうか。
 

屋根の崩れた柚木鉄工所の内部の様子

 

新着情報一覧へ