ボランティアメンバー Angel*s smile での 活動報告と企画ミーティング でした。

 

 

 

男女参画はあもにい 様からのインナーウエアや仮設住宅引越しに必要な洗濯ネットなどもお預かりして参りました。又必要な「モノ」があれば全国に声をかけて下さるとの温かいお気持ちも戴きました。

 

 

 

 

 

18日に嘉島の仮設住宅へ届ける お皿プロジェクトの役割分担。その後の 阿蘇西原村での 無料スマホ活用術について熊本県内では支援や復興必要な「モノ」「事」 が違います。

 

震災直後必要としたのは「情報」。テレビやラジオ環境がない震災直後は SNSからの情報がたよりでした。復興、再建に向けて自立するため、 情報収集 情報発信のし方を メールアドレス登録…の基礎から順を追って説明して参ります。

 

又、市内に住む私達にとっては 必要なモノ、事の発信ができる コミュニティカフェを作る事で復興再建へ向かっていくと考えています…。市内では半壊、全壊で無くなるお店や会社も多く、県外へ移住されたお店もあります。

 

そんな中ではありますが、私達は、 熊本駅裏にある空き店舗での コミュニティカフェオープンを目指します‼︎

 

このコミュニティカフェから情報の発信と受信、熊本海産を使った無添加お惣菜販売、心体に優しい時短簡単倹約ヘルシーお料理教室、貸しスペース、各種講座、イベント開催などなど… 計画しています。

 

 

積み上げてきた20年。 投資した息子とのどん底の4年。

 

全てこれからに必要な事だと受け止め前に前に進んで行きます。

 

クラウドファンディングチャレンジから2ヶ月が過ぎました。

 

厳しい状況です。

 

小さなコミュニティですが、皆様のお力添えをもって、大きな力に変えて行けるよう全力で進んで参ります。

 

ご支援、宜しくお願い申し上げます。

 

 

新着情報一覧へ