貸しキッチンでの自立支援。


マルシェを経験して思うこと。

 

食品衛生の資格を持ちながら作品の販売まで至らない方、お料理教室をしたい方に貸しキッチンとしてカフェ営業前を利用して使って戴く事も視野に入れています。

 

特に今、熊本では、貸しスペースのある施設は避難所となり貸しキッチンがありません。

 

これまでそこを利用されていた方に、やはり低料金で使って戴きたいと思います。

 

 

でこまき教室の写真

 

 

 

私も料理教室を20代にスタートしたその1人。

 

レンタル価格と経費を考えると経費倒れなんて事も多々あります。まずは続けていけること。

 

コミュニティカフェを作る事で人が集まります。ボランティア活動も含める「自立」の為の情報発信と受信はますます拡がります。


お料理教室や講座イベントなどのスケジュールも配信して、人が支え合える場所作りをします。

 

 

 

 

女性は共存の生き物…とAngel*s smile代表の井手綾子さんは言われます。

 

私自身も共感しています。何も無いところに井戸端会議を始めコミュニティを作る。女性の得意分野かもしれません。

 

Mama Angel*sのテーマ 

 

「奪わない、ご縁は繋ぎ倖せはシェアする」

 

を コミュニティカフェから拡げていきたいのです。

 

自分が動いた先のアクションから又新たなご縁がうまれ、繋がります。

 

小さな行動も回数が増えたら大きな力になると思っています。

 


(4)…へ続く

新着情報一覧へ