プロジェクト概要

アートの魅力をもっとたくさんの方々に知ってほしい!

私たちの暮らしの中の、様々な場所で活躍するアートを紹介する、

アート情報誌「フリーペーパー・エリトア」の最新号を発行したい!

 

はじめまして、アーティストの木村 和弘(きむら かずひろ)です。わたしは、アートの魅力を「フリーペーパー」というかたちで多くの人々に伝えたいという思いから、2011年3月に「フリーペーパー・エリトア」を創刊しました。「エリトア」は、アートに関するさまざまなテーマの特集記事や、その特集に関連するアーティストたちの紹介、アート系コラムなどを掲載しています。「伝えたい」という熱意だけで3年間無我夢中で走り続けた結果、現在では、設置して下さる場所も、250カ所までに増えました。そして今回、最新号となる第11号を発行いたします。

 

発行部数は10,000部。全国250ヶ所のカフェ、美術館、図書館、学校、美容院、ギャラリーなどに設置します。しかし、制作・発行・配布するための費用、合わせて60万円が足りません。フリーペーパーの継続発行に関して、皆さまのお力をお借りできないでしょうか。

 

 

エリトアは、A5サイズの16ページ。年間4回から3回のペースで発行してきました。アートの魅力を存分にお伝えするため、全ページフルカラー仕様で制作しています。

 

<特集 アートを学ぶということ>

(アートの魅力を多くの人に知って欲しい!
そんな思いから、さまざまなテーマの特集を組んでいます。)

 

 

自身がアーティストとして活動する中で、

アートの魅力をより多くの方たちと共有したいと思うように。

 

「アート」と聞くと「高尚なもの」「とっつきにくいもの」というイメージを持たれる方は、とても多いようです。でも、社会の中でアートが果たす役割は実はとても大きく、アートの力で社会を変えようと活動している人たちは、たくさんいるんです。わたしは自身のアーティスト活動を通して、さまざまな分野でアート活動をする方たちと出会い、お話を聞く機会にも恵まれました。

 

例えば......

・社会問題などをテーマに作品をつくり、メッセージを伝えようとする、アーティスト。

・アートの力で地域活性化や復興支援をはかる、アート・プロジェクトのスタッフ。
・障害を抱える人たちの、作品を発表する環境や販売する環境を整える活動をする方たち。
・教育の現場で子どもたちの感性を育むお手伝いをする、美術の先生。

 

などなど。

そして、彼らの素晴らしい活動を、より多くの人たちに紹介できるツールを作りたい!と強く思うようになりました。「フリーペーパーという誰でも気軽に手に取れるものなら、アートに馴染みのない方にも読んでいただけるのでは」という思いから、2010年9月、アーティスト仲間たちに声をかけ、「エリトア」編集部を設立。2011年3月には「フリーペーパー・エリトア」を創刊しました。

 

<アートプロジェクト>

(川越市の蔵を使用した現代アート展の様子を取材しました。)

 

<復興支援とアート>

東日本大震災で被災された寺院に、仏像を奉納するプロジェクトの様子を追っています。

 

<社会福祉の現場とアート>

就労支援施設生徒さんのアート作品が商品化されたことを紹介しました。

 

<教育の現場とアート>

(小学生にアートを届ける、多摩美術大学主催の

出張型課外授業を取材しました。)

 

 

手探りで始めた、フリーペーパー編集作業。

 

もともとわたし自身、編集作業や取材などに関しては全くの未経験。「著者校 (原稿を著者が校正することを意味する、編集工程の基本的な言葉です)」という言葉の意味すら、知らないくらいでした。デザイナー、ライターの方などからたくさんの助言をいただきながら、編集ソフトの使い方を懸命に勉強し、創刊から10号発行まで、なんとか継続することができました。

 

また、創刊号発行から常に資金を捻出することがとても大変で、賛同企業様を探すため、慣れないネクタイを締めて外回りする日々が続きました。創刊したばかりのフリーペーパーに広告を掲載して下さる企業様を探すのは、大変困難な作業でした。

 

<取材/インタビューの様子>

展覧会の作家選考委員様にインタビューをしているときの様子。

 

<編集部デスク>

特集記事を制作しているところ。

 

 

アートの魅力を「伝えたい」という熱意を持って3年間。
これまで10号を制作し、発行部数は合計73,000冊。

 

毎号毎号、発行するまで資金繰りの面でとても大変ですが、私の活動に賛同・応援して下さる企業様を探しアート情報を発信することに対して、充実感や達成感を感じ始めています。設置や配布を希望される嬉しいお声がけや、応援して下さる読者様からのお手紙、取材依頼なども徐々に増え、バックナンバーも在庫切れが相次いでいる状態です。

 

 

公益社団法人 企業メセナ協議会認定活動へ。

 

何もわからない状態から始めたフリーペーパーづくりでしたが、2014年6月、公益社団法人企業メセナ協議会から「助成認定活動」と認定※されました。※「芸術文化の普及向上に資する活動、および芸術・文化による社会創造に寄与する活動」として「公益社団法人企業メセナ協議会」より認定されること。

 

 

 

 

最新号では、神奈川県横浜市黄金町のアート・プロジェクトを特集。

アートの力を活かした、新しい街づくりの様子をお伝えします。

 

2014年8月15日発行予定のエリトア最新号(11号)では、神奈川県 横浜市 黄金町(こがねちょう)のアート・プロジェクトを取り上げます。かつては売春などの違法な商売で栄えた街、黄金町で、アートの力を活かした新しい街づくりが行われています。そのプロジェクトに携わる人たちや、招致アーティストたちの声を紹介します。現在、黄金町にはアジア各国からもアーティストたちが来日し、滞在制作をしています。彼らは黄金町でなにを感じ、どんな作品を作ってくれるのでしょうか。

 

<黄金町アート・プロジェクトの様子>

(黄金町バザール アーティスト・イン・レジデンスの様子。

Photo by Yasuyuki Kasagi)

 

 

エリトアの魅力、まだまだたくさんあるんです。
楽しく読めるコラムや、思わず参加したくなるようなイベントの告知も満載。

 

ではここで、これまでのエリトアのページをちょっとだけお見せします。

 

<絵画教室の体験レッスンに挑戦>

(「最後に絵を描いたのは中学生のとき。

そんなあなたも筆を取って、また表現してみませんか」。

エリトア式・アートのススメ「絵画教室体験レポート」。)

 

<アートスポット紹介>

(全国各地のアートスポットを紹介する特集です。

第9号では、埼玉県川越市を取り上げました。)

 

<アーティスト夫婦紹介>

(様々な分野で活躍されている、

アーティスト夫婦を紹介する連載です。)

 

<こどもアーティスト発掘!>

(子どもアーティスト発掘!
読者の皆さんから送っていただいた、素敵な作品を紹介しています。)

 

美術の成績が悪くて絵を描くことが嫌いになった人、なんとなく堅苦しい感じがして「絵心がないから」とアートを敬遠してしまう人。そんな方たちにも、気軽に参加・応援したくなるような色々なアートのかたちを、エリトアは発信していきたいと思っています。どうぞよろしくお願いいたします。

 

 

プロジェクト詳細

 

エリトア11号(秋)
【特集】
『シリーズ特集 Part1
~アートでつながる人と人(後編) 横浜市黄金町~』
【連載】
・『we love art』アーティスト夫婦インタビュー
・『たちはらけいこのイラストワーク』
・『巨匠の軌跡 大成哲』 
・『ネジ立体製作所 古田紀彦』
・『語り上戸 酔生』
・『縁(エニシ)~仏像奉納プロジェクト~ 加藤巍山』
・『うちのぴかそくん』

 

製作期間:2014年6月15日~2014年8月15日(予定)

完成予定日:2014年8月15日(予定)

製作主体:スタジオちっぷる エリトア編集部

発行部数:10,000部

流通先:全国250ヶ所の設置先に配布。

仕様:A5サイズ/16頁 フルカラー 

 

支援金使途内訳

 

・冊子一万部印刷費 150,000円

・取材交通/宿泊費 15,000円

・冊子制作費(撮影費・原稿執筆費・誌面レイアウト費等)280,000円

・冊子送料(設置先250ヶ所)50,000円

 

設置先様例(順不同・敬称略)

【美術館】
東京都現代美術館(東京都)・府中市美術館(東京都)・世田谷美術館(東京都)・神奈川県立近代美術館(神奈川県)・静岡県立美術館(静岡県)・茨城県近代美術館(茨城県)・金沢21世紀美術館(富山県)・小海町高原美術館(長野県)など。
【図書館】
東京都立多摩図書館(東京都)・横須賀市立中央図書館(神奈川県)・埼玉県立久喜図書館(埼玉県)・塩尻市立図書館(長野県)など。
【カフェ】
シアターカフェ(東京都)・CAFE ZENON(東京都)・Cafe Hi famiglia(東京都)・カフェランデヴー(東京都)・ユナイテッドカフェ(東京都)・OnE drop CAFÉ(東京都)・象の鼻テラス(神奈川県)・スイーツ&カフェ ポネット(埼玉県)・Calo Bookshop & Café(大阪)・スペース樂游館(愛知県)・ミハルス / Miharus_Room201(大分県)・(株)丹羽秀樹商店(鹿児島県)など。
【ギャラリー】
デザインフェスタギャラリー原宿(東京都)・ギャラリーなつか(東京都)・Oギャラリー(東京都)・PinpointGallery(東京都)など。
【アートセンター】
3331 Arts Chiyoda(東京都)・Art Center Ongoing(東京都)・Bankart1929(神奈川県)など。
【教室】
株式会社 手織工房 じょうた(東京都)・絵画教室アトリエ・エビス(東京都)・アートスクール横浜(神奈川県)・コバルト画房絵画教室(埼玉県)・あーと屋図工室(茨城県)・Pcalus - プカラス(広島県)など。
【家具店・雑貨店・美容院】
(株)ベルベット(東京都)・Cotofog(埼玉県)・ネモファニチャー(長野県)・katsina(カチナ)(長野県)など。
【画材店・書籍】
株式会社 文房堂(東京都)・有限会社ひまわり画材(埼玉県)・ポレポレ書舗(兵庫県)・syoca 絵本+本のための家具 鎌倉(神奈川県)など。
【観光案内所】
公益財団法人 横浜観光コンベンション・ビューロー(神奈川県)・みなとみらい駅観光案内所(神奈川県)・新横浜駅観光案内所(神奈川県)・小江戸蔵里(埼玉県)・公益社団法人 小江戸川越観光協会(埼玉県)など。
【学校】
多摩美術大学(東京都)・尚美学園大学メディアセンター(埼玉県)など。
【文化芸術振興財団・芸術館】
公益財団法人 福岡市文化芸術振興財団(福岡県)・まつもと市民芸術館(長野県)など。
 

◎その他の設置先様は幣紙ホームページをご覧下さい。
設置先様一覧 http://www.eritoart.com/to-get.html

 

 

 

引換券について

 

・手書きのサンクス・レター。 

・エリトア最新号。

・連載作家「イラストレーターたちはらけいこ」のポストカード3枚セット(絵柄は編集部で選ばせていただきます)。

 

 

・エリトアバックナンバー(5号〜10号)プレゼント。

 

・エリトア・オリジナルスケッチブック

※写真はイメージです。実際のものとデザインが異なる場合がございます。

 

・エリトア紙面に、支援者様としてお名前を掲載。

・エリトア専属イラストレーターpiroによる似顔絵作成プレゼント(希望される人物の似顔絵を描かせていただきます)。

・エリトア紙面への広告記事掲載1~2ページ。

 

[ リンク先 ]

エリトア ホームページ
エリトア フェイスブックファンページ
エリトア ツイッター

 


最新の新着情報