プロジェクト概要

個人店舗でも資金力に左右されず、近隣住民に向けて発信できるアプリを作りたい!

 

はじめまして。HOWを企画・運営しております㈱おかけんコンサルタント代表の利根健司と申します。地方では、現在でも新聞やタウン情報誌などの紙媒体が広告宣伝の中心です。しかし、売り上げに比べて高額なため、誰でも利用可能な媒体とはとても言えません。そして、それは我々消費者にとっても、良い選択肢を見逃すという悪循環になってしまうのです。

 

このような問題を解消するには、より【安価】で【柔軟】で【近隣特化】な【新しい広告宣伝スタイル】が必要なことを痛感し、HOWというサービスを作りました。


キーワードプッシュ通知や自動返信機能、「検索」「発信」場所指定機能
、他のSNSとの投稿連携等のフル機能を実現したアプリ完成のために、ぜひ、皆様のお力を貸していただけないでしょうか?

 

(近い情報から集まってくるネイバー型SNS)

 

 

少額での費用対効果が絶望的な情報誌

広がりの見えない既存のSNS

 

地方都市での広告の現実はこのようになっています。


例えば地方新聞広告:1段1㎝が7,000円です。目に留まりますか?
例えばタウン情報誌:80文字が7,500円です。アピールできますか?

 

少額での費用対効果は絶望的です。

 

 

かといって、ホームページでもあまり効果が期待できません。


ホームページ

:地方ではweb検索がそれほど浸透しておらず、SEO対策の効果も低い。
Twitter

:どんなに頑張っても大手や有名人に埋もれてしまった。
Facebook、LINE

:結局友人止まりで終わった。

 

 

したがって、結局、地方では今も昔も新聞やタウン情報誌などの紙媒体が広告宣伝の中心です。しかし、売り上げに比べて高額なため、誰でも利用可能な媒体とはとても言えません。そして、それは我々消費者にとっても、良い選択肢を見逃すという悪循環になってしまうのです。

 

もちろん、全国展開企業や世界企業などの広告宣伝は見ていても楽しいものですし、地方においても世の中においても必要なものと思っています。

しかし、地方マーケットに生きる個人店舗において、同じ土俵で戦う必要がありますか?


広告宣伝費用を捻出するのも勝負の内とは理解しています。しかしその勝負は、消費者に何の恩恵も与えないどころか「迷惑」ですらあるのです。結局、その費用は商品原価に上乗せされているためです。

 

(シャッター街となった商店街)

 

 

地方は地方のやり方がある!安価で近隣に特化したサービスを提供


地方のほとんどの店舗経営者は、全国にニュースリリースしようなど思っていません。近隣住民に伝える事こそが最大の広告目的なのです。

しかし、アピールしようにも、その費用を捻出できない店舗においては、情報発信という広告宣伝のスタートすら踏み出せないのが現状です。

 

私は業務を通じ、このような問題を解消するには、より【安価】で【柔軟】で【近隣特化】な【新しい広告宣伝スタイル】が必要なことを痛感し、他の広告媒体やSNSサービスを「補完」するシステムを開発しました。それこそが今回のプロジェクトで拡散を目指すSNSアプリ「HOW」です。

 

【App Store】

https://itunes.apple.com/jp/app/how-hau-maruchikurozudomoderuno/id907022001?mt=8

 

(HOWの特徴)

 

HOWの使い方

 

 

 

 

 

スマートフォンに特化したサービス!HOWの特徴をまとめました


【GPS連動型】
 置かれた情報が現在位置からの距離順でタイムラインに表示されます。
 つまり、HOWはスマホに特化したサービスです。

 


 

【48時間リミット】
 投稿は48時間でタイムラインから自動消滅し、いつでも新鮮!


【無料 且つ 無登録】

 基本機能は無料で、何の登録も必要ないため、多くのユーザーが安心して利用できます。


【マルチクローズドモデル】
 投稿後は、複数の相手と(マルチに)、それぞれ1対1で(クローズドで)やりとり可能

 

 

広告費用の大小に影響されない効果的な集客が可能

 

★店舗ユーザーは、リリース情報をSNSのように投稿するのみ


1)投稿が近くのユーザーへ伝わる 
 (ユーザーのタイムラインには、居場所から近い投稿ほど上位に表示されるため広告費用に左右されず効果的。しかも投稿は48時間で消滅するため、情報が常に新鮮。)


2)ユーザーからの反応があれば1対1で対応できる
 (「今回だけ、あなただけ」のオーダーメイドサービスがスマホでも可能に!)

他のSNSと違い、店舗からの距離に応じた情報発信が行えるため、広告費用の大小に影響されない効果的な集客が期待できます。

さらに、商店街などでまとまって利用すれば、商店街自体への集客が期待でき、イベント集客なども容易になります。


また、一般ユーザーにおいても、スマホで「今回だけ、あなただけ」のサービスを受けることができ、オープンな情報とは違った楽しみを得ることができます。

 

 

リリース前からITメディアも注目!

 

iPhoneアプリニュースhint!に掲載されました!(記事はこちら

 

8月人気記事月間№1獲得のニュースサイト「mobile navi」にも掲載されました。(記事はこちら

 

(メディア記事)

 

Facebookページはこちら

 


店舗ユーザーに有用な付加機能が実装できていない現状

 

費用と時間の関係上、近々リリース予定のバージョンは必要最小限の機能にとどまっています。このプロジェクトにより、月額0円~2,980円という「低額」且つ「定額」で以下の付加機能が利用可能になります。


①キーワードプッシュ通知&自動返信
 →近くのターゲットユーザーを逃さない!
②投稿予約
 →うっかり忘れを軽減
③アプリ内ホームページ
 →ホームページを持てない店舗でも安心
④「屋号」のデフォルト表示可能
 →なりすまし防止で投稿の信頼度アップ
⑤「検索」「発信」場所指定(マップ上で)
 →自宅にいながら店舗のマーケティング
⑥他のSNSとの投稿連携

 

など(今後も順次追加予定)

 

 

費用内訳


①フル機能実現の追加開発費用50万円(iPhone)
②フル機能を実装したアンドロイド版開発費用150万円

今年中にプロジェクト完了予定です。

 


大企業も個人店舗も、資金力に左右されず、多くの情報発信が可能に


現在の広告手法では資金力が強い者が勝利し、サービス内容以外の部分で勝敗がつくという本末転倒な状態です。

しかし、HOWが広まれば、エリア単位においては大企業も個人店舗も公平です。

 

これにより、資金力に左右されず、たくさんの情報発信が可能となり、店舗はより多くの資金をサービスのために費やせ、その結果我々消費者も質の良いサービスを享受できるといった好循環を生み出せます。

ご賛同いただける方、ぜひ、この試みにご協力をお願いいたします!

 

 

 

引換券について

 

1)サンクスメール

2)大分の特産物(未定)

3)有料メンバー機能「永年」無料

4)サポーターとしてアプリ内に御名前の掲載

5)リリース記念パーティーペアご招待 or 大分のスペシャルな特産物