プロジェクト概要

川や海に流れ着いてしまう漂流物を集めるために、訪れた人が自発的にゴミを拾い持ち帰りたくなるような【(仮称)善意のゴミ箱】を作りたい!

 

はじめまして。NPO法人かんなべ自然学校の前田敦司と申します。

私は四季を通じて子ども達が自然に触れ合う事が出来る自然体験プログラムの開催や、世界認定の山陰海岸ジオパークのガイドとして活動しております。

その活動の中で、神鍋火山の噴火口や溶岩流(溶岩が流れた後に川の水で削られた川)をガイドしているのですが、台風などの大水が出た際にどうしても川(海)沿いにゴミが流れ着いており、それらの清掃活動も気が付いた際は行っています。

 

時にはボランティアの方を募集し、溶岩流や滝のご案内をし、その流れで清掃なども行っているのですが、限界があり、ガイドなしで訪れた方でも気軽にゴミを拾うということを意識していただきたく今回のプロジェクトを立ち上げました。

プロジェクト名は【LOVETRASH(仮称)善意のゴミ箱】として、まずはゴミ箱のサンプルを製作したいです。

 

誰にでも『このゴミ箱を設置する意味』を分かるようなデザインを持つゴミ箱、そのデザインの費用が必要です。皆様のお力をお貸し下さい。

 

(滝の清掃活動の参加者たち)

 

観光地に訪れた人が自発的に拾いたくなるような【(仮称)善意のゴミ箱】をつくりたい!

 

台風などによる増水後にはどうしても川や海の岸辺に漂流物がたまります。

それらを、観光などで訪れた人が自発的に拾いたくなるような【(仮称)善意のゴミ箱】と題したゴミ箱を作る事で、流れ着く漂流物をなくす事が出来ないかと考えています。


実際にゴミ拾いをした事が有る方はご存知かと思いますが、
汗を流し、ゴミを拾う事でゴミに対しての意識が変わります。

 

今回の【(仮称)善意のゴミ箱】には2段階の行動フローがあり、
1段階目は、落ちている漂流物を拾って入れる。
2段階目は、ゴミ箱の中のゴミを持ち帰り自宅で処分する。
という2つです。

 

(観光地に大量のゴミがあります。)

 

実際にこのゴミ箱が正常に機能する事で、全国の自然の中から、
ゴミが減って行き、さらにはこの【(仮称)善意のゴミ箱】の無い所でも
ゴミが有れば拾おうという心が産まれ、世界中の自然の中からゴミがなくなるのではと考えます。

 

ただ、この『ゴミ箱の意味』は、初めて見てもきちんと理解できるような
デザインで製作、設置することが出来なければ効果を得ることが出来ないため、そのデザイン費、サンプル製作費が有りません。
(自分達のゴミを入れてしまうと意味がありません。)

 

自然の中で遊びながら育ちました。

自然に配慮するような考え方を多くの人々に伝いたい!

 

私は、中学生までは自然が多く残る兵庫県の日本海側、神鍋高原@兵庫県豊岡市で自然の中で遊びながら育ちました。その後、舞鶴、尼崎、大阪、東京といった街で生活する中で「自然あそび」にふれずに育った方々と多く出会いました。

 

(自然の中で楽しんでいるこどもたち)

 

東日本大震災が起こった2011年には東京で内装工事の監督業の仕事をしていました。その経験を経て、自然災害の前にはどうする事も出来ないという現実と、自分の出来る社会的なミッションを意識する様になり、同年5月に帰郷しました。そして2013年6月に、「自然あそび」を通じて、豊かな感性や自然に配慮するような考え方を、まず子ども達に伝えたいと思い、この法人を立ち上げました。

 

現在は、春には田植え体験や、ツリーイング(ロープで木登りをするアクティビティ)やトレッキング、夏には山や川、海をフィールドとしたキャンプ、秋には稲刈り体験やナイトハイク、冬にはスノーシュー(西洋かんじき)を使った雪遊びなど、四季を感じて頂ける自然体験を企画・開催する事で、自然の魅力をお伝えしています。

 

(田植え体験の様子)

 

それらの活動を通じ、川や海岸に訪れる度に、ゴミなどが目につき、その都度清掃も行っていました。

 

大きな台風や大雨などで氾濫した川へのボランティア清掃活動なども非常に大切な事なのですが、その活動にも限界がありどうにか出来ないかと考えているうちに、
「もし、観光などで訪れた方々が、気軽な気持ちで漂流物などのゴミを拾い捨て、またそれを持ち帰るような仕組みを持つゴミ箱が出来れば大きくゴミが減るのかもしれない」と思い、今回のプロジェクトを立ち上げます。

 

(清掃活動を積極的に取り込んでいる様子)

 

【(仮称)善意のゴミ箱】を作成し、観光地に設置したい!

観光地のゴミの減少を目指しています!

 

今回のプロジェクトで製作した【(仮称)善意のゴミ箱】はまず兵庫県の観光地に設置します。効果がありましたら、もっと多くの観光地に設置します。また、【(仮称)善意のゴミ箱】は著作権フリーを検討しており、製作したゴミ箱を世界中の川や海の観光地でも設置いただく事で世界の観光地のゴミの減少に貢献出来るのではないかと考えます。

 

また、そのゴミ箱を利用する方が増える事で、どこかで発生している(無意識にでも流してしまっているゴミの発生元)部分の方の意識も変わり、世界中の自然環境の中に人々が作り出したゴミがなくなることで、美しい地球を作ることが出来るのではと考えます。

 

皆様がこの最初の一歩に応援していただけませんか。

 

引換券について

 

・サンクスレター

・かんなべ自然学校プログラム無料参加券

 

※今回のプロジェクトでは金額に応じた差別化は行っておりません。

 皆様のお気持ちでご支援金額をお決め頂ければと考えております。


最新の新着情報